2017年12月10日 (日)

ローソンでまたかわいいカップになった

Photo

かわいい


2


かわいい


カフェラテはコンビニだとローソンが好き



そういえば、毎週楽しみにしていた重要参考人探偵が終わっちゃった

いつも録画して土曜日に早送りしてみるのが楽しみだった


今井刑事役の一井直樹がかっこいいって毎週思ってた
アラサーくらいかなと思ったら、23歳だった


お若いのですね


楽しみのドクターXも加地先生が出てきて最終回とか書いてあったし、テレビの楽しみがないと一週間のメリハリがなくなってしまう



もう、ドクターXをNHKの連続テレビ小説の如く毎日放送してほしいな






さて、過去問ゼミが始まり、財務諸表論は今回全てが真面目にやるのは初めてで、原価は今回受講なしで受験します。


財務諸表は、テキスト読んだりして「これまでの簿記でやってた処理はこういう理由なんだ」というのがわかったのが楽しいです。


原価は、ゴエモンで「こんなの過去問でやってないよ。日商の問題?」みたいなのもちょっとあったりして、解けなかったり処理が面倒だと感じると正直「簿記楽しい!!」ばかりではなかったけれど、「そっか。本来は即解けなきゃいけないであろうこれらをめんどくさいと感じる時点でだめなんだ」と気づきました。





あと、簿記惰性発言がずっと神社行くまで尾を引いて、もうほんと人間じゃなくなっちゃうかもみたいに仕事があったから生きていけた感じで、例えば銀行に振り込みに仕事で行っても体が勝手に振り込んでいて自分の意識がない感じで、後ではっとする感じて何かが憑依していて仕事こなせたという危うい毎日でした。



このままじゃいかんと神社に行きました。

簿記の簿もない人から簿記惰性発言を受けたという認識がずっとでしたが、よくよくその人の日ごろ勉強している内容や使用教材等見たら、「はー、なるほどな。下手したら私の方が簿記力下だわ」と負けを認めることができるようになりました。



言われた当時はいろいろ複雑な感情がぐっちゃぐっちゃでした。




最近、人生の理想と現実の差異や本当はどうしたいに自問自答しています。



ただ、ぶれないのは唯一簿記力上げて簿記の頂点欲しいということ。





これだけは不思議にぶれないのです。


じゃあ、やっぱり進むしかないと答えも出ているんだと。




【上位級受験者のブログやらインスタやら】


正直、私は毎回うらやましいなと感じます。


彼らが「答練思うように取れない」とか「もう、何回目のチャレンジ。撤退しようかな」とかの弱音も正直うらやましい。


私はその受験するという土俵にさえ立てていないから。


私も、受験料払えたし、今回は真面目に受かりたいな。




2017年12月 8日 (金)

日商様が原価計算初級試験を作ったよ

https://www.kentei.ne.jp/20334

日商様のお言葉。


40分で100点満点の70点合格。


4月にスタートして、2,160円で受験できるみたい。


原価計算上級がでたら、ぜひ受験しにいきます。

何でも、上が好きなのです。






【試す男は嫌いだ】

と母が昨日言っていた。

私は、逆でクイズ系大好きなので何でも出題してほしいという感じなのだけれど、人生で唯一残業しないようにすごく仕事頑張り過ぎてから会いに行ったときに、まさに試す系の出題されたときに、頭痛がひどくてせっかくの課題をこなせず相手を怒らせてしまったことがある。



相手も、たぶん、「hinataさんはクイズとか大好きだから」と一生懸命持ってきてくれた課題や話題なのに悪いことをした。

体調良ければウエルカムなのに。



せっかく相手が問題出してくれたのに、「ごめん」となったのは後にも先にもあのときだけ。


縁がないってこういうことなんだろうね。しかし、それだけ調子悪かったのだから、私も言わなかったけれど、正直心配くらいしてほしかった。

健康関係って神経質な人は神経質だけれど、無関心な人は無関心だからね。
徒然草でも言ってたよね。病気になったことのない人は友達にしたくないだったか、しちゃいけないって。




世にも奇妙な物語の『クイズのおじさん』だったかな。

前にもはったけれど、あんな感じでクイズが生活にあるのとか理想だけれど、たぶん私の能力にちょっと足したくらいのレベルが一番楽しいんだろうな。


あんまりハイレベルでも楽しめないのかもしれない。




2017年12月 7日 (木)

割引計算実用編~大人はお金にキビシイ~

らぶちゃん「hinata先生がなんか裏紙に計算しているの」

白うささん「だな。なんだろうな」
ぴーちゃん「よくわからない数字の羅列だね」


hinata「……35歳で年収600万の男性と45歳で年収1,100万の男性って、どっちがトータル的にお金を持ってきてくれるのかわからないよー」


白うささん「うおっ!!」


ぴーちゃん「これは……」


らぶちゃん「大人は皆お金なんだね……」
白うささん「検索したら35歳大卒男性で390万~420万らしいな」

らぶちゃん「じゃあ、35歳で600万ってなかなかいないんじゃないのかな。その中でも独身も減るだろうし、外見とか考えるとさらに母集団が減るよね」

hinata「そうだよね;;;」

白うささん「現実見ようよ」


hinata「あ、今ね、割引計算でやってみたのね。平均的な昇給率は2%らしいから
1.1,100万から過去に遡って2%で計算する方法と2.600万から2%ずつ10年にわたって計算する方法どっちもやってみた」


ぴーちゃん「結果は1,100万の人が多いね」

白うささん「俺、hinata先生はそんな人じゃないと思ってた。もしかして、出身名古屋かどこかなの?」


らぶちゃん「hinata先生、お金に困ってるの? 僕、貸してあげようか。2,000円なら貸せるよ」

hinata「らぶちゃん……」




いやはや、らぶちゃんがとても輝いて見える今日のうさ簿記。


何となく浮かんでそのまま書きました。


こんなの思いついてしまうって、なんかなあと思います。



2017年12月 5日 (火)

朝三暮四じゃないけれど、ロング料金じゃなくショート割引にすればいいと思う

はい、皆さん、こんばんは。

故事成語大好きhinataです。


ちなみに、学生時代「塾の先生というものをやってみたいなー」と思い、町の塾を受けたらたまたま国語系の先生の欠員が出ていて、文系大じゃないのにそのまま採用してもらったことがあります。
故事成語とか漢文系教えるの大好きでした。
でも、漢字の書き順でたらめだし、あまりよくないバイト講師だったかもしれません。

朝三暮四のハナシ。
昔、むかし、中国に猿回しのおじさんがいました。
猿回し、あれです、日光猿軍団みたいなのをイメージしてみてください。
おさるさんに芸を仕込むにはご褒美が必要です。
おじさんは朝に3つ、夜に4つのえさをあげていましたが、おさるさんが「少ないよ」と怒るので「わかったよ。じゃあ、朝に4つ、夜に3つでどうだよ」と交渉したところ、おさるさんが「やったー」と喜びました。

朝に3つ、夜に4つで合計7つ。
朝に4つ、夜に3つで合計7つ。


結果は変わらないですよね。



これが朝三暮四のお話です。



今日、駅の階段上っていて
「ああ、髪伸びたなあ。日商で気合入れてばっさり切り続けそこから伸ばしているけれど」と思った。
そして「日商1級受かるまで基本伸ばす方針だけれど、貞子にならないか怖いな」と思った。
それから「じゃあ、ロング料金ない美容院に通い続けなきゃ。ロング料金って都会の高いお店はないし、地元の安いお店もないし、中途半端なお店が取るんだよね」と思った。
「ロング料金じゃなくて、もう一律同じ価格にして材料費のかからないショートを優遇してショート割にすればお客さんも喜ぶし、いいじゃない! しかも、ショートってすぐ切らなきゃだからショート割あればカットの回転率も上がっていいじゃない!!」と一人考えていました。


どうしてショート割引しないのだろう。



ショート割引の方が絶対いいはずなのに。



でも、やらないということはなにか弊害があるのかな。
確かにショートはカットが下手だとすぐばれる。
ロングは巻けば何とかごまかせる。
真面目にショート割引制度導入してほしい。
結果的にはロング料金と同じようなものですが。
ただ、ロング料金ってお店によっては「肩についたらいただきます」なので、そう考えるとロング料金の方がおいしいのかもしれない。
どっちがお店にとっていいのだろう。


私が美容院やってる人だとしたら、喜んでほしいからショート割引制度にするけれどなあ。


2017年12月 3日 (日)

先生へお知らせ 2017.12.03~

先生、こんばんは!



12月に入りました。
仕事おさめの日は、たぶん、すごく焦って会計処理していると思います。
明日明後日は11月分締め作業でたぶん、残業です。がんばります。

皆が頑張ってるから、多くはないけれど給料もボーナスももらえるので会社に貢献できるだけしたいです。


原価は、本当に少し間を置くと「またこのミスか」の繰り返しです。
本試験を21.22回と二回受験しましたが、それぞれの対策で問題解いたり過去問解く際に
どうしても差異分析で日商と出し方が逆なので上下逆に数字をとらえて×。

これが非常に多く、差異分析ばかり解けば引っかからなくなるのですが、また間を置くと見事にひっかかります。


なので、あまり間を置かない方がよさそうです。

あと、設備投資の過去問も、問題文読む前にフォーマットを書く気満々でよし、書くぞと書いて、問題文に「キャッシュインフローは」と出ていると、……となったり、先走って書いてしまっておまけに耐用年数で割っても割り切れないもので、なのに「耐用年数内に処分価値は0になる」とかあって、じゃあ、減価償却いくらとか考えて、しばらくして「キャッシュインフローでてたじゃない」となったり、ちょっと先走ってしまうところがあります。

これもずっとやってしまうミスです。


まだまだなのに、時間だけ平等に過ぎていくので「どうしたら簿記以外に私的な時間を割かないで済むか」を常に意識します。


ちょっと、後でお風呂入ったら問題少し解いてテキストばーっと読んだら寝ようと思います。

~に弱い

まともな簿記記事期待された方ごめんなさい。



なんかだんだん頭がつかれると、とんでもないミスをする。


頭では「この処理はこうだ」って正解をイメージしていて処理しているつもりでも、メモや電卓は違う数字を拾っていたり。でも、○付けではイメージは正解の方だから「なんで、これで間違いなのよ」としばし解答と見つめ合う。



こんなのありません?


私はよくあります。


タイトルの話。


私は、よく青系スカートを買ってしまう話を前にしたと思うのだけれど、青の花柄とか大好きで、あと、冬によく買うのがウールの入ったフレア系のグレースカート。


何着あるのだけれど、微妙に長さや素材、ちょっと違う。

あとトップスは白が多くて、これも微妙に違うし、ピンク系や薄紫とか淡い色が多い。

たぶん、興味のない人から見たら同じ服に見えると思う。


好きなものって決まっちゃうような気がする。


私は裸眼だと近視なのでいつもコンタクトなのだけれど、目が悪いので異性のタイプもざっくり全体で決まってしまうところがある。



・グレーのスーツ着てて清潔感があって

・短髪でちょっと固めている感じで


・目はすっきりした感じで

・眼鏡かけてると最高


とか凝り固まってる。



我ながら怖いなとか思ってしまう。

なんだろうね。この3つ満たしていれば男性が実物比45%増しに見えてしまう。
なんか歪んでるね。


ちなみに、日商3級受験時やたら先輩連中から「日商2級持ちならいっぱい紹介できるよ」話があったのだけれど、内心「日商2級は時間がかかっても自力で取るから」と思ってた。

あんまりしつこいときは、「日商2級は自分で取る予定なので魅力感じません」と言ったこともある。可愛げないし狂ってる。


男性でも保母さん好きとかいるように、一種のマニア的なものなのかもしれない。



一時期、真面目にTACとかの先生と結婚したいと考えていた。
いろんな意味で。

結構福利厚生的な「家族の受講料無料」も大きかった。
やっぱりどこか狂ってる。





何のジャンルでも自分がわかることなら、相手があほな質問してきても馬鹿にせず答えたいと思うし、逆に自分がわからないあほな質問も相手に、普通に教えてもらえるような関係って仕事でも何でも理想的だなって思う。





【今日もちょっとルミネの通販サイトで】

欲しいスカートがあって、リバーシブルのピンクとグレーのスカートで「またグレーじゃない」と思い止まった。


なんだろうね。

そういえば、昨日割と近所の大きなスーパーで白桃の緑茶のティーバッグが安かったので購入して今朝飲もうとしたら、お店のおばあちゃんが間違えてミックスベリーの紅茶を入れていた。


値段同じだし、まあ、いいか。


おいしく飲めたけれど、飲みたかったな。白桃緑茶。

また行くの面倒だし。おいしい紅茶に会えたという事でいいや。


12月だー

2015年の夏から簿記始めて、そしてもう2017年が終わるのか……。

たけいみきさんのかわいいカレンダーがもうすぐ終わるし、うさぎのかわいい壁掛けカレンダーももうすぐ終わってしまう。
12月っていいね。
まだわくわく感がある。

冬休みがあるもんって。
今年の冬休みは少ないし、真面目にやらないとなーと思いつつ、あれ、去年の12月の冬休みなんて何やってたのと具体的に思い出すことが難しい。

曲がりなりにも少額でもボーナスがもらえるこの環境を手放すのは、とても怖いのはあるし、先のことって誰にもわからない。
過去問ゼミも始まってしまう。




過去問ゼミになったら、寝る前にiPhoneで受講するの再開しようかな。



スタディプラス、まだやってない。


1月になると怒涛の2018年だなあ。
3月は本試験だし。



【受かる試験って入試もだけれど】

合格するのがその場や自己採点でわかって「早く合格の確認検証したいんだけれど」状態なんだよね。


「受かってるといいな」とか「ボーナスで理論で〇もっとつけば」とか願望系の感想持った時に受かった試しがない。



自己採点でにやけるくらいの結果欲しいな。




2017年11月30日 (木)

どうしても過去問が解きづらいので

もう、TACの過去問に載ってる範囲最新で19回までなんだけれど、そこだけでいいかなって思う。


パタ解きは横のヒントとかがなんか、孤独感が薄まってすごくいいし、問題毎にわけてくれるのはいいけれど、すごく解きづらい。



何故って、問題と解説がミックスだから(最新問題にチャレンジとかわけてあるから、結果としてテキスト部分と分離しても無理。すごく答え合わせも面倒で開くのも嫌になるレベルになることもある)。



だから、TACの割引通販で購入したTACの本当の過去問(NSは最新まできちんといれてくれるけれど、TACは最新はダウンロード止まり)。



日商みたいに横にヒントの天使みたいなのがいなくて、大人な仕様だけれど、問題と解答が分離してるのが本当にありがたい。



なんでパタ解きは

問題+最新問題


解答+最新解答とわかれるようにしないのか不思議。




【日商だって最新の解かなくて受かる人もいるし】


建設だって最新の解かなくてもいいだろうって思うに至った。


原価なら最新を本試験で体験しているし、財務諸表が解かないと問題かもだけれど、解答と問題わかれていないの絶対無理。



解くならTACのダウンロードで手作りかなあ。

とても、わかれていないのが嫌なので当座は19回までを優先でいいと思う。
最初は手持ちパタ解きの最新20回を繰り返しとか思っていたけれど、(最新パタ解き買えば22回が最新。パタ解きのいいところは最新問題収録して毎年出してくれるところ)最新だとか古いとか言えるレベルまで至っていない。



つまり私が悪い。


優秀な人は基金過去問だけでも合格できるだろう。





【優秀じゃないので】


真面目にもう、会社の時間以外簿記できたらな。


休日が簿記以外に消えるのはいやだ。


最近は簿記サイト見ながらお昼を止めて、財務諸表教材やテキスト読みながらお昼。

あまり食べなくなったので、昼と言っても飲み物だけだったり、外行ったりだけれど。
そして、疲れていたら残り10分くらい目つぶったり寝てる。




【たった今】

前に「一度出したものは、もう常識になるのが簿記関係資格試験」と会社OBに教わったのを思い出した。

やっぱり当座は19回までで回して、じゃあ、20-22は答練代わりに解くとかちょっと後の方でやろうと思い直した。


2017年11月29日 (水)

先生へお知らせ 2017.11.29~

先生、こんばんは!


帰宅したら、力作が!!

ありがとうございます!! 大航海時代のあたりの話、テキスト等でちらっとあったのですが、いまいち想像があまりぴんとこなくて、でも、初めてこのあたりの話やっと「余った財産を分配」のところできました!!


たいていここら辺はすごく長いか、もしくは簡潔過ぎるかで「うーん、うーん、とりあえず大航海時代に関係するらしい。解散前提だったらしい」で飛ばしていました。


やっと初めて意味がわかりました!!


ありがとうございます。




改めてのお礼とただの雑談をあげさせていただきました。お手すきの際ご確認いただければと思います。


そういえば、減損と時価評価同じようなものじゃないと思っていたら、お勧め本に違いが書いてありました。

サイズも、便利さもお気に入りです。




2017年11月28日 (火)

スタディプラス、やってみようかな

誰が言うか、誰の言葉か、誰からの言葉かって本当に重要で、スタディプラスもブロガーさんたちの記事見ても「へぇー」だったけれど、ちょっとよそのブログ見たら「やってみようかな」と思った。





初めて見たブログだったけれど、たぶん、タイミングが良かったんだと思う。



グラフと学習記録がしたい。


ちょうどいいので、12月の土日にでもいじってみようと思った。



おすすめの使い方、ある方お願いします。


(いただいても、まず使いこなせるか、継続できるかがとても怪しいです。あまり機械系得意じゃなくて)



今まで紙に書いていた記録がスマホで済むなら便利かなというのと、グラフに惹かれました。



«先生へお知らせ 2017.11.27~

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト