« 黄絹 | トップページ | 今年もありがとう »

2015年12月30日 (水)

昨日は忘年会の前に都会の書店で宅建問題集とか見てた

昨日は、忘年会まで時間があったので田舎からわざわざ都会まで出向いたので
デパートの中にある大型書店で

・建設業経理士過去問と、滝澤先生のテキスト(スッキリ)
・宅建問題集
とかちょっと会社に関係ありそうなもの見てみた。

さすが都会の大型書店だけあって、人の数も本の数も多いし、
レジのお姉さんの外見偏差値も心なしか地元より高い気がする。

地元の書店と違って驚いたのは、他に
テレビ情報誌に人々が群がっているところ。
ちょっとびっくりだった。
年末特番情報でも見たかったのかな。


地元の書店じゃ、まず宅建も1冊あれば良いほうで、
建設業経理士? 何それ状態だし、
実際昨日こうして目にするまで建設業経理士とか受験する人ってどうやって対策しているのかわからなかったし、過去問もこうして出版されていたなんて知らなかった。


検索すれば出てくることだったんだけど。


宅建は、見ただけで「あ、無理」だともうめんどくさいの文字しか浮かばなかった。


学生時代一般教養で何となく民法とか取ってみたけど、
一番苦手な科目が民法だったかもしれない。
クラスメイト達は4年間で一番物理化学の先生が癖のある問題を出してくるので苦戦していたけれど、癖さえつかめば良かったから。
癖も何もなく、ナチュラルに民法とかは無理だった。


不真面目な生徒だったのは確かでいい先生で、飲みとか週に3回くらいお付き合いさせていただいたけれど、民法、ほんとめんどくさかったのしか覚えていない。



これのどこが日商2級の次のステップアップなんだ?
関連性、あるのか?
なんて思いつつ、書棚へ返した。


建設業の方は、何となくだけどよく言われているように日商と被っているような気はした。
テキストはあまり見かけない出版社が少しとTACが殆どだった。
建設業はTACが強いのかな。


知恵袋で検索したら
「TACの先生達は実務家で実務に強く、ただ、本業講師ではないので質問しようにもいつでも捕まえられるわけではない」とあったので、ちょっと気になる。



現時点でさえ、質問あったらすぐに先生捕まえたいから。


3級取ったら、次は風当たりがきつくても「簿記勉強しています」を公言するか否か今、ちょっと揺れている。




« 黄絹 | トップページ | 今年もありがとう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

バナー

リスト