« 本日がっつり仕事デー | トップページ | 【142回日商簿記3級(1)】心理戦となった第一問 »

2016年2月26日 (金)

簿記勉において多面張はどうなのか

多面張、というと「え、何?」という方もいるかもしれないけれど、

国士無双13面待ちって言葉は耳にしたことがあるのではないだろうか。



先週末まで私は麻雀でいうところの『待ち』を多くしたくて、謂わば
簿記勉の多面張に勤しんでいた。



見たことがない問題を潰すぞー!
大手簿記学校の他の予想問題も手に入れたぞー!
え、何これ、
私の通ってる学校のと全然違う問題が「目を通しておこう」リストにあるぞ……


えええええええ!!!!
どういうこと!?


本当に同じ級なの? この勘定科目初めて見るかも とかすごく不安に思って、潰すものがいっぱいだーと
一週間で簿記3級受かった人って一体なんなんだろう
と不可解な疑問が浮かんだ。



不安で不安で過去問ある分で見てないのを解いて解いた。

ふとここ数年の第一問を見て思った

所得税預り金どんだけ好きなの?と。



あと、2桁台(第8○回とか。今は3桁台だよね。142回が日曜だから)の問題だとやっぱりここ数年のと傾向が違っていて、
なんか別の食べ物食べているみたいな感覚に陥った。



あとそこまで離れていない問題でも、誘導するかのように親切な勘定問題もあれば
同じ級なのにと親切な回を羨ましく思うような問題もあった。
多面張を目指していたときは、なんか時間が足りなくて足りなくて、
やってもやっても、潰すべきところがでてきて、限られた時間の中省くことができるのは睡眠時間くらいでどんどん寝る時間が短くなっていった。


夜更かしは苦手なので、どんどん起床時間が早くなっていった。
朝は強いので夜更かしよりは全然平気だけど、確実に睡眠不足なのは外見にも表れてきた。





会社にいるとちょっとした時間に「あー、この時間があれば間違いノート作れるのに」とか「あー、この時間あればテキスト読みできたのに」とか思えてきて、やればやるほど不安が滲み出てからからに乾いたキッチンペーパーにスポイトで水を垂らしているようなものだった。



簿記のことを考えるだけで険しい表情になり、
要するに心の余裕もなくなってきた。




今、この表情で「資格試験の勉強してるんで」なんて口にしたら、見た人は
どんな難関資格を目指してるんだろう
と想像しちゃうようなそんな追い詰められた顔をしていたと思う。


花粉症でなんか色々辛いし、目は涙目で充血してるし、
なんか花粉で肌の調子悪いからファンデーション塗るのやめてみたし、
髪は去年12月から美容院で切ってないし……



で、いろいろあって多面張やめました。
簿記勉においては。
そこの詳細はまた3月にでも書こうかな。




麻雀においても多面張あんまり好きじゃなかったんだよね。

フリテンや目が滑ってチョンボしたりとか、「あー、多面張めんどくさい」って。


本当は多面張も、複雑に思えて基礎は変わりないんだけど、そこが使いこなせないのはたぶん基礎ができていないのと経験不足なんだと思う。


簿記勉も本番で、基礎さえできていれば最強なんじゃないかとそんなこんなで思った。


最終的には、後は基礎を使いこなせるだけの体調と精神力かなと。
一ヶ月前手が出せなくて、解答見ても「何でこうなるのかな」と眺めていた問題も、解けるようになった。






明後日は本試験。


そんなわけで、明日は手堅く早寝、新しい手は広げないで元気が一番でやってきます。
ここ一週間ほど真面目にやってきたので、やっと後悔のない状態になりました。









« 本日がっつり仕事デー | トップページ | 【142回日商簿記3級(1)】心理戦となった第一問 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト