« チョコパイとエンゼルパイ | トップページ | 簿記検定試験合格への5か条(日商) »

2016年3月20日 (日)

142回 出題者の意図が発表された

簿記ゼミカトー先生のブログで知って早速、見てきた。

141回時は講評も書いてくれたけど、今回は意図のみだった。

正直、141回時の意図講評を見て、142回はB/S、P/Lバッチリにしないとと思って、B/S、P/L対策ばかりしてた。


B/S、P/Lきて欲しい。そう思ったのは、同じことなのに精算表だと仕訳がノーマル難易度、B/S、P/Lだとちょっと仕訳が優しくなると簿記学校の先生が仰っていたから。


じゃあ、精算表じゃなくてB/S、P/Lきて欲しいと思って対策して、実際B/S、P/Lの方が好きになっていた。


2-4問対策は、カトー先生のブログと、無敵の簿記とパブロフくんのよせだ先生の予想を参考に後は「出されたら困る」対策をした。
簿記学校の予想問題と答練はばっちり解きなおししてものにしたので、もういいやだった。

日商の出題の意図は、また2級受験時もお世話になろうと思います。
https://www.kentei.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2015/03/gokaku5.pdf


合格への5か条なんてあったんだね。
これを守ろうと思った連休中日。

« チョコパイとエンゼルパイ | トップページ | 簿記検定試験合格への5か条(日商) »

簿記 勉強」カテゴリの記事

コメント

講評は4月以降ですね。

全部の商工会議所で結果発表を終えたあとで出されますよ。

こんばんは。141回のときは両方一度に出してくれた気がしたのですが、今回遅いところだと確かに4月発表でした。


講評あってよかったです。

ありがとうございます。

話は変わりますが、今度の143回用過去問はどんな感じで各会社作るのかなって気になります。

今回から過去問解ければ大丈夫!!ではなくなりますよね。範囲が違うので。

過去問+予想問題(新しい範囲)になるのかなと勝手に想像しています。

資産負債純資産等丁寧にいただきありがとうございました。こちらはパソコン開いたら丁寧に返信させていただければと思います。今材料費会計やっていたのですが、勘定というかボックスみたいな勘定→仕訳→解答欄勘定の順だとかなりタイムオーバーしてしまいます。


慣れればきっと時間内に解けるようになれますよね。

つづきます

つづきです

商業簿記はこんな感じです。

有形固定資産、無形固定資産、各種引当金、株式と株式会社、株の発行、剰余金、企業結合合併、株主資本計数の変動、決算と財務諸表、本支店会計、銀行勘定調整表、クレジット取引等商品売買、消費税、研究開発費、有価証券、固定資産の割賦購入等、債務保証、手形不渡り等


割賦購入は後半でやるみたいです。

【有価証券】
●有価証券の分類
有価証券は4つに分類される。
①売買目的有価証券
時価変動で儲ける目的で取得
②満期保有目的債券
利息の受け取りが目的
③子会社株式及び関連会社株式
他社をパシリにする目的
④その他有価証券
上記3つに分類されないもの(例えば、株の持ち合い(企業同士が仲良くするためにお互いの株を持つ))

●売買目的有価証券
時価変動で儲けようとしてるから、決算で時価に評価替え。

●満期保有目的債権
利息の受け取りが目的。だから時価が変動しても評価替え無し。
ざっくり言えば、貸付金と同じ。


・社債1,000を@100で取得した。
(現金1,000を貸し付けた)

(借)満保1,000(貸)現金1,000
((借)貸付金1,000(貸)現金1,000)

・利息10を受け取った。
(借)現金10(貸)有価証券利息10
((借)現金10(貸)受取利息10)

・満期をむかえた。
(返済期限をむかえた)

(借)現金1,000(貸)満保1,000
((借)現金1,000(貸)貸付金1,000)

満期保有目的がややこしいのは、『額面より安く又は高く買う場合』
→額面より安く買う(950貸して1,000返してもらえる)
→額面より高く買う(1,050貸して1,000返してもらう→利息が高ければそれでも得)

出題としては安く買う場合がメイン。

・期首に社債1,000を@98で取得。(2年満期)
(借)満保980(貸)現金980

・利息10受け取り
(借)現金10(貸)有価証券利息10

・決算,定額法による償却原価法

(借)満保10(貸)有価証券利息10

※ 額面と取得原価の差額を、定額法で処理。
最終的には満保の帳簿価額は額面金額になる。
・最終決済
(借)現金1,000(貸)満保1,000

●子会社株式及び関連会社株式
時価変動で儲ける目的ではないから時価評価は無し。

●その他有価証券
決算で時価評価。
売買目的じゃないけど「今、売ったらいくらになる?」を知りたいから時価で評価する。
ただし、実際にはすぐに売る事はできない(仲良し会社の株だから)ので、評価損益をPLに入れたくない。
だから『その他有価証券評価差額金』で純資産の部にに直接入れちゃう。


売買目的なら
(借)売買目的×××(貸)評価益×××
(借)評価益×××(貸)損益×××
(借)損益×××(貸)繰越利益剰余金×××
の流れでPLからBSの純資産の部(繰越利益剰余金)に入る。
その他有価証券の場合はPLに入れずに、直接BSの純資産の部に入れる。

こんばんは。

有価証券について力作をありがとうございます!
満期保有、名前だけは見たことがあるものの、
国債(そんなにないけど)みたいなものかなと簿記の教科書調べたら
公社債とあったので国債も大丈夫みたいで安心しました。

株の持ち合いなんてあるのですね。

→額面より高く買う(1,050貸して1,000返してもらう→利息が高ければそれでも得)
こんなこともあるのですね。
なんでだろうと思ったら、()に利息が高ければそれでも得とありましたね。
20*取得日~決算日/24=10
今期の決算まで1年、期首取得のものなのですね。

最終的には満保の帳簿価額は額面金額になる。
→テキストに書き込みさせていただきたいと思います。

売買目的じゃないけど「今、売ったらいくらになる?」を知りたいから時価で評価する。
ただし、実際にはすぐに売る事はできない(仲良し会社の株だから)ので、評価損益をPLに入れたくない。
だから『その他有価証券評価差額金』で純資産の部にに直接入れちゃう。

→売るに売れない株は純資産に直なのですね。
その他有価証券評価差額金も含めテキストに書き込みさせていただきます。


商業簿記は本試験レベルの問題までとはいきませんが、基礎問題は
意外と解いていたのでこれから回して行きたいと思います。


昼休み、合格体験記や簿記の学習サイト見て、
パブロフくんみたいに「やるぞやるぞやるぞ」と商業簿記に対する意識を
高めようとして、問題集みたら「意外と解いてたじゃない。これから続ければ大丈夫」となりました。

つづきます

つづきです


クラスの人達は結構、商業簿記を回してきた方々なので
どちらかというと商業簿記を時間があれば回して、工業簿記の課題は後回しのようです。

私は工業簿記の課題、潰すところまで潰して(まだ課題の数も序盤なので少ないので
解きやすいのもあります。中盤から今の課題数の倍少しの時間と問題数になります)
逆に商業は疎かです。

今日は伝票書きながら、メモリーとGTの練習ちょっとしていました。
クラスの人達、電卓使いこなしている人達が多くて焦ります。
3級時はそんな人1人もいなかったので。
営業とかの人なら、メモリーとかめちゃめちゃ使っているので、社会人は使いこなすべき
ボタンなのかもしれませんが……。

いつもいろいろとありがとうございます。
今日は工業100パー時間使いたいところですが、商業ともきちんと向き合います。

商業簿記,有形固定資産をあげておきました。
たいして役立たないけど

こんばんは!
3色カラー、すごい! 本当のテキストみたいです!ありがとうございます!
仕事で複合機まで行ったりするのが面倒なときや急いでるとき、ドキュワークスというソフトのドキュワークスPDFプリンター機能とかでPDF変換して、さくっと提出したりしているのですが、JPGにどうやって変換されたのだろうと気になりました。

いただいた範囲、ちょうど今週末あたりの範囲です。
一瞬、売却、買換え? と思ったのですが、貯蔵品も資産でしたね。
(3級直前期教えていただきましたよね。金庫の中の切手とかで)

ぱっと見、テキストでは除却はあって廃棄はなかったです。
滅失で火災保険とかは載っていました。

未収入金ありがとうございます。
日商のリストに載っていましたね。勘定にも流行というかそんなのがあるのかなと思いました。


●経費
経費の仕訳には3パターンあります。
1個別の勘定を使う方法
(借)減耗費×××(貸)材料×××
(借)間接費×××(貸)減耗費×××
2経費勘定を使う方法
(借)経費×××(貸)材料×××
(借)間接費×××(貸)経費×××
3ダイレクトに間接費にする方法
(借)間接費×××(貸)材料×××
どれでもOKです。

つづきます

つづきです


→言われてみればどれもあったなと思ったのですが、ふと、前におススメいただいたサイトで
http://boki2k.seesaa.net/article/9677585.html#more

経費の処理について書いてありました。

統制勘定とか今まで単語を知らなかったのですが、これから出てくるのかもしれません。

私、正直3級直前期コメントとかに書かせていただいた通り商品有高帳苦手でした。久しぶりすぎて。でも、紹介いただいた3級のサイトの商品有高帳のところをずっと見て、当日はプリントアウトして会場へ持っていってずっと読んでいました。

値引きに注意とか、読んでいてよかったです。
値引き思いっきり本試験出ていました。
問題文に。

素敵なサイトのご紹介をいただき、ありがとうございます。
工業簿記の方に「是非サイトを紹介ください」とあったので、近々工業簿記や3級学習中の訪問者の方々のために、紹介させていただければと思います。

(サイト、更新ないけれど、コメント欄に一言書けば失礼ではないですよね。たぶん……無断リンクで記事は失礼かなと思ったので。あんまりネットのルールわからないのですが)

すみません、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1119751756

この電力費まだ目にしていない気がするのですが、これも日商で改定されたか何かなのでしょうか。(昔は日商A欄だったけれど、今は水道光熱費に取って代わられたみたいな。日商サイトは工業簿記じゃなく商業簿記標準・許容科目一覧なのですが)

おすすめいただいたサイトに載っていて、個人的に気になったので、差し支えなければご教示いただければと思います。

(そんなくだらない質問してないで、サクサク問題解けよって話ですが、今のところまあまあ問題回せるようになってきました。気が早いのですが、GWの学習計画も見据えてそろそろ考えないとと今日思いました)

●勘定科目
勘定科目はガチガチに固定されているわけではありませんよ。各企業でも違うと思います。

ただ、日商とかの試験では採点上の都合で勘定科目が指定されるだけです。

●用語
統制勘定なんて久しぶりに(初めて?)聞きました。
個人的には用語の勉強は不要だと思います。
用語は覚えようとするのではなく、問題解きまくって、テキスト読みまくっていたら自然と覚えていた。
これがベストだと思います。

●サイト
役立ったようでよかったです。
相性があるから役立たない、読みづらいって感じる人もいるでしょうね。

●商品有高帳
私も苦手です。
売上値引を記入しない事をサイトで知りました。(結構最近)
(言い訳 有高帳なんて3級でしか出ないから、私以外の人もみんな詳しく知らないはずだ。簿記初心者の頃の記憶しか無い)

●スマホ教科書化
テキストの気になるページや図の写真を撮る他にも、サイト等を見ていて気になる記事や図表があったらスクリーンショット機能を使いましょう。
スマホの画像ファイルがテキストになります。

●実は私、、、
PDF?jpg?
ITオンチの私には何がなんだか。
実は私、クソバカなんです。
国語や数学なんて中学生以下。
簿記はチョット出来ますが、それ以外は何も知らない。
簿記の勉強も漢字が読めないから調べながら、方程式が解らないから調べながら。
そんなアホでも必死でやれば1級合格です。

こんばんは。
夜で頭の回転が悪いのか、急に?が出てきたので、明日でも問題ありませんのでご教示いただければと思います。


【質問に至った経緯】

労務費の質問です。

問題を解いた後、普通に行数で賃率差異勘定の締め切りを行わなかったのですが、問題自体は「賃金勘定と未払賃金の勘定の締め切りを指定するものでした(=賃金差異の締め切りは指定していない)」

ところが、テキストを見直してみたら「賃率差異は毎月末に翌月に繰り越される」とありました。今まで普通に思っていたことですが、勘定を意識すると繰り越す=締め切りのときの処理はいつも通りでいいのか気になりました。

解答の賃金差異勘定は、アップさせていただいた通りの形なのですが、
もし、勘定の指定なし行数もあった場合で「勘定は締め切ること」となっていた場合、普通に締め切ってもいいものなのか否か、ちょっと混乱してしまいました。


テキストにも締め切った形の勘定が載っていなかったので、質問させていただきました。

【質問】
行数が余っていて、勘定指定なく、「勘定は締め切ること」となっていた場合、賃率差異も締め切って問題ないでしょうか。

何か日本語が思い通り伝わらなかったら、すみません。
明日は帰宅が遅い予定なので、伝わらなかったら、伝わるように考えてまた、質問させていただければと思います。

つづきます

勘定科目
→確かに会社で使っているのと簿記の科目、微妙に違っているのもありました。
ありがとうございます。

統制勘定
→私も初めてです。
でも、そういうのもあるんだと。
補助簿も結構苦手で直前期結構時間をかけたので、こういうのも
あったんだと思いました。

解きまくって読みまくれば覚えていたりしますよね。
ベストな感じでベストの状態を作れればと思います。

サイト
→すごくよかったです。
真面目に。

たぶん、市販のテキストも相性とかあるのでしょうが、
3級のサイト、コメントで絶賛している訪問者もいたとおり、
すごく助かりました。

なんで本出してくれないんだろうと思うくらいで。
ブログ形式なので、さかのぼりがちょっと手間取るくらいで
内容的には簿記を純粋に勉強するには個人的に最高のサイトだと思います。
たぶん、自分の性格に合っていたんだと思います。

商品有高帳
→直前期、結構昔の過去問解いていたら、そこで商品有高帳の新発見があって
質問したら「今、気づいてよかったね」ということがありました。

3級しか出ないのですね。

2級範囲だと今のところ定率法の減価償却に苦手意識があります。
が、きっと慣れていないだけだと思います。


私は未払金の未と末、とか書き順とかそういうのが苦手で、書き順でたらめです。
綺麗な文字は正しい書き順かららしいので、死ぬまでには書き順マスターしたいのですが。

漢字を調べながら、努力され続けてきたのですね。
すごいです。本当に。
話変わって今、気づいたのですが、2級になって急に問題集の桁が一気に増えていました。


眠いけど、もう少しやったら寝ます。
今日もありがとうございました。おやすみなさい。

差異も締め切ります。

アップされていたものを締め切り、さらに翌月も100の借方差異が生じた場合の勘定記入をあげておきました。


定率法はイメージが沸きにくいですね。
勉強したばかりの頃は「残存価額ってどーするんだっけ?」とかなってたと思う。
結局のところは慣れでしょうね。

減価償却は決算整理に100%出てくるだろうから、問題を解いてれば自然と出来るようになってますよ。

減価償却の問題を解くと言うより、決算問題を解きまくれば、減価償却、貸倒引当金、棚卸減耗、商品評価などは毎回出てくるので慣れます。

むしろ、これら項目は決算問題に組み込まれるので仕訳問題には出題されにくい。


こんばんは!
新しい問題が!

ちょうどそろそろ問題何か解きたいなと思っていたところでした。
ありがとうございます。


ちょっと、コピー用紙に書きながら消しながらですが、
問1)

指図書別原価計算表で
完成品原価 85,200円
月末仕掛品原価 31,000円

問2)
いずれも借方差異で

材料 500円、労務費 1,000円、製造間接費 300円

問3)

見直して予算差異+操業度差異=製造間接費差異にならなかったので、どこか間違えたみたいです。

予算差異 20,000円
操業度差異 5,000円

後ほど図をアップさせていただければと思います。

アップさせていただいた初分析図、書き方は大丈夫だと思うのですが、何がおかしくて合わないのか……入れる数字間違いとかなのでしょうか。


賃率差異の締め切り、2ヶ月分も丁寧にありがとうございます!

また同じこと直前期に思いそうなので、該当ページに写させていただこうと思います。

すみません、
指図書別原価計算表は横にのびのびになってしかも、汚いので、
文字で。

         №101  102  103  合計

月初仕掛   23,200 ―   ―  23,200

直材     ―   18,000 15,000 33,000

直労   8,000   9,600 6,400 24,000

製間  12,000  14,400 9,600 36,000

合計 43,200   42,000 31,000 116,200

   完成・引渡 完成  仕掛中


文字もずれまくりで教わる姿勢としてどうかと思うのですが、すみません。

明日以降で問題ありませんのでお手すきの際解答をお願いできればと思います。よろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チョコパイとエンゼルパイ | トップページ | 簿記検定試験合格への5か条(日商) »

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト