« 工業簿記の勘定たちは、進化の激しいポケモンみたいなイメージ | トップページ | 簿記の神様ありがとうございます »

2016年3月14日 (月)

何を3級学習時より捨てれば日商2級合格取れるのか

最近こればかり考える。

駅の階段登っても。

お昼食べながらも。

お風呂入っても。

たまにトイレでも考えてたりする。

3級再受験時、私は自分の時間のほぼ全てを簿記勉に費やした。

2級は3級の2倍の量。しかも3級学習時より本試験まで時間もない。

演習の時間も半分。

3級は週に2コマ。

2級は週に4コマ。

工業2コマ、商業2コマ。

ただ、目的は決まっているので前進しかない。

背水の陣効果を狙いたい。スタート時から背水の陣。

そういえば、私の本名は勝負運に強い画数を狙ってつけたらしい。

占い師でもない祖父が。素人判断で。本を見て。

おじいちゃん、勝負って今かな。

おじいちゃん、どうか私に143回日商2級合格を。

占い師といえば、ある占い師が昔雑誌に書いていた。安倍晋三さんは三國志的に言うなら「治世の凡愚。乱世にこそ生き残る人」らしい。(ちなみに曹操は「治世の能臣。乱世の奸雄」ね。)

世が乱れれば乱れる程安倍さんは際立つらしい存在らしい。

何かの雑誌で前に見た。
思い出した。

占い師の名前も忘れた。


前回以上、何を捨てれば、それ以外考えてる。
そんな月曜日。


あんまり頑張りすぎるとまた簿記学校の先生に「寝ろ」って言われちゃうんだろうな><
でも、真面目に建設2級取ったら寿命5年縮んでもいい。
取ったら取ったでまた上の級欲しくなるだろうけど。


日商2級も欲しい。
先ずは日商。9月の建設取りたいから日商再受験はないようにしないと。

« 工業簿記の勘定たちは、進化の激しいポケモンみたいなイメージ | トップページ | 簿記の神様ありがとうございます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

バナー

リスト