« 初めて工業簿記で躓くかと危機感(部門別と製造原価報告書) | トップページ | 桜の時期は生きてる桜を感じることなく、桜の商品で季節を感じる »

2016年3月30日 (水)

スリーツー(3ヶ月で2級)

最近、昼休み工簿の問題一問解くか、テキスト読みか、書き込みしてるんだけれど、今日はどうしても昨日の範囲が理解できなくて、参って簿記関係ブログ見てた。



で、ツーワンという単語を初めて知った。



単語としては初めてでそんな世界があるとは、簿記関係の知恵袋で見たことはあった。


大原の2ヶ月で1級を取って、その後税理士か公認会計士取ろうというコースをツーワンと言って、精鋭部隊らしい。


そのツーワンだと3級は1週間で終わるらしい。
肝心の2級は書いてなかった。
調べればあるのかもだけれど。



で、検索したら現役ツーワン出身者のブログとか出てきて、簿記のキホンの財務諸表で躓いてる場合じゃないなと思った。



きっと、連日のような送別会で疲れとアルコールが入っていつもより理解力がないんだなと自分に言い聞かせることにした。




そんなわけで、本日もアルコール入っていますが、今週も確認テスト満点死守すべく、問題集やってきます。


【シュラッターのときは】


先生が理屈はいいから書きましょうと講義中言ってたので、何度も書きまくったら覚えてた。
なので、今回も理屈はいいので書く作戦いこうと思います。


話し戻ってツーワンのほかにツーツー(2ヶ月で2級コース)もあるらしく、
私は約3ヶ月? で2級目指すので、スリーツーとでも言うのかなと思った次第。


私、高校生のときなんてこういう世界があるなんて知らなかったな。
精鋭部隊ツーワンクラスの方々の30年後とかノンフィクションとかでやったら見てみたいなと思った週半ば水曜日。


それでは、今夜もがんばります!

« 初めて工業簿記で躓くかと危機感(部門別と製造原価報告書) | トップページ | 桜の時期は生きてる桜を感じることなく、桜の商品で季節を感じる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちょっと考えてみたのですが、

建設の過去問を見たのですが、一の位まで出ます。

桁を削ることに慣れると、建設に移った時に戸惑うかもしれません。


結論
・桁を削る
日商用には時間軽減になる。一方、建設で戸惑うかも。
・桁を削らない
日商では下書き等に時間がかかるし桁間違いも起こりやすい。一方、建設にスムーズに移行できる。

建設過去問までありがとうございます。


私も買ったのに、そこまで頭が回らず。


実務でも「省略しちゃえ」はできないし、建設スムーズにいくためには、やはり省略なしにさせていただければと思います。

桁がうんぬんではなく、実務を考えたらそんなことでミスする事務員はだめですし。ミスしないように、意識したいと思います。

週末もDVD半日ずつですが、仕事も結構どこもたいへんな時期ですが、6月を意識してがんばらないとです。お昼休みにありがとうございます!

今週は、なんと、確認テスト1問間違えてしまいました……。

部分点配点なのに、それで間違えるなんて。


3級時癒し系の先生の講義ででた、ずっと満点取り続ける目標はストップしてしまいましたが、解きなおしをした上で、ふらふらして立ち止まっていた結果として反省し、同じ間違いはしないようにしたいと思います。


●部門別を行わない場合
・製造間接費7,000円
・直接作業時間
No.1 10時間
No.2 10時間
合計20時間

・配賦率
7,000円÷20時間=@350
・配賦額
No.1 @350×10h=3,500
No.2 @350×10h=3,500

※ 間接費全額を一括して各指図書に配賦


●ざっくりと部門別を行う場合
さっきの例を細かく次の事実が判明。
No.1は主に職人が手作業で行い、ちょっと機械を使う。
No.2は主に機械で行い、ちょっと職人が手作業。

・製造間接費7,000円
(機械償却費2,000,その他5,000)
・直接作業時間
No.1 10時間(うち機械作業時間3時間)
No.2 10時間(うち機械作業時間7時間)

このような場合、『減価償却費は機械作業時間で配賦した方がいいじゃん』ってのが部門別を行う理由のひとつ。

・配賦率(償却は機械時間,その他は直接作業時間)
償却費2,000÷(3h+7h)=@200
その他5,000÷(10h+10h)=@250

・配賦額
No.1
償却費 @200×3h=600
その他 @250×10h=2,500
合計3,100
No.2
償却費 @200×7時間=1,400
その他 @250×10時間=2,500
合計3,900

※ 一括して配賦する場合(単純個別原価計算)と結果が違う

●ちゃんと部門別計算を行う場合

あげておきました。

※ 最後の表の数値、一部間違えました。(ざっくりのNo.1と2の数値が逆)

こんばんは!
丁寧にご教示いただき、ありがとうございます。
説明のプリントまでありがとうございます。

後ほど、丁寧に電卓打ちつつ、追っていければと思います。
(結構手で確認したがりなので、こういうとき、プリンターで印刷できればなーと思います)


確認テスト敗因は製造原価報告書の表示間違いでした。
商業簿記でも財務諸表が苦手で、なんでだろうと。
どこからわからないのか、何が原因でこんなにできないのか、そこからやり直す必要があるなと。あんまり苦手なら、いっそ理屈はいいから書く作戦にいこうと思います。


今日は有価証券のDVD見てきました。
問題数が有価証券はそれほどなかったので、後回しにせず解きました。

すみません、確認なのですが、売買目的有価証券、切放方式と洗替方式、
「なぜ、振戻ししなくていいのか、するのか」がポイントなのでよく考えてくださいという口頭説明がありました。

私の認識だと
・切放は、決算時の時価評価で翌期へ繰り越すので評価変えは不要

・洗替は、時価評価したのだけれど、繰り越す金額は取得原価にしたいため、評価差額(有価証券評価損益の金額)を消すための逆仕訳=振戻が必要

とDVDの先生が言ってたまんまの認識なのですが、特にこれで問題ないでしょうか。

すみません、あともう一つ、DVDの説明だけだと?となった仕訳なのですが、
(現金)××         (有価証券利息)××
(満期保有目的債券)××(有価証券利息)××

この二段目、出し方は問題ないのですが、なんというか意味が理解できなくて?です。

一段目→年利を現金で受け取りましたの仕訳
二段目→取得原価を額面に近づけていくための今回の決算分の金額を債券にプラスして、利息がつきました のイメージで捉えて問題ないでしょうか。

一応3冊のテキスト見たのですが、ここの説明はまちまちでした。

今、電卓打って3次集計まで確認させていただきました。
数字もわかりやすい数字を設定していただき、また、配賦率の計算まで丁寧に説明いただき、ありがとうございます。


市販テキスト並みにバランスが良くてびっくりしました。


いつもありがとうございます。


工業の方は今週やった先入先出と平均法の問題解きました。
さくっとでも軽く前にやっていたのですが、商品有高帳といい、私、先入苦手でした。

実生活でも、先入ではなく、後入(後入は勉強していませんが)、平均法だったりするので消耗品とか先入では消費できなかったりします。

今日、やっと、先入大丈夫になりました。
ボックスありきの大丈夫ですが。


●売買目的有価証券
切放法は『帳簿価額を時価に変化させていく』方法。
洗替法は『決算で一瞬だけ時価にする』方法。

100で取得→1期末時価120→2期末時価140

切放法
取得時
(借)売買100(貸)現金100
1期末
(借)売買20(貸)評価益20
2期首
無し
2期末
(借)売買20(貸)評価益20
※120と140を比較
3期首
無し

洗替法
取得時
(借)売買100(貸)現金100
1期末
(借)売買20(貸)評価益20
2期首
(借)評価損20(貸)売買20
2期末
(借)売買40(貸)評価益40
※100と140を比較
3期首
(借)評価損40(貸)売買40

切放法は帳簿価額が100→120→140と変化していきます。
洗替法は期末に一瞬だけ時価になりますが、基本的に帳簿価額が100のままになります。

●満期保有目的債券
その理解でOKです。
例えば額面100の債券を96で買ったとします。
この場合、差額4は満期にまとめてもらえる利息です。つまり、
(借)満期保有×××(貸)有価証券利息×××

この仕訳の借方は『未収利息を意味する』んです。
ただ、未収利息として勘定を分けるんじゃなく、帳簿価額を増額させていきます。

おはようございます!
すみません、何度か間違えている仕訳のしくみをお願いできればと思います。
(この仕訳、もう3回も間違えていて、恐らく理解できていないから間違えているのだと思います)


【問題】沖縄支店は、仙台支店の買掛金250,000円を小切手を振出して支払った。(本店集中制の東京本店の仕訳を書くものです)
沖縄と、仙台の仕訳は大丈夫です。


【答え】
(東京本店の仕訳)

(仙台支店)250,000 (沖縄支店)250,000

【いつも間違えるパターン】

貸借逆の
(沖縄支店)250,000 (仙台支店)250,000

恐らく
解答から
(仙台支店)250,000 (買掛金)250,000
(買掛金)250,000   (沖縄支店)250,000

の相殺かと思うのですが、
支店独立でこれを考えた場合

沖縄の立場
(仙台支店)250,000 (当座預金)250,000

買掛金払ってあげました。相手は仙台支店です、の仕訳

仙台の立場
(買掛金)250,000 (沖縄支店)250,000

買掛金払ってもらいました、相手は沖縄支店です、の仕訳

これをイメージして支店勘定を残す考えで問題ないでしょうか。
お休みの日にすみません。
コメントは明日以降で問題ありませんので、お手すきの際お願いできればと思います。宜しくお願い致します。 


質問投稿していたら、コメントが!
朝からありがとうございます。

満期保有目的債券、未収利息を意味していたのですね。
イメージ的に浮かばず、困っていました。
なんでこの仕訳と。

切放法は帳簿価額が100→120→140と変化していきます。
洗替法は期末に一瞬だけ時価になりますが、基本的に帳簿価額が100のままになります。
→帳簿価格を100のままで記帳し続けるために、振戻が必要なのですね。

ありがとうございました。

今日も今からDVD受けに行ってくるのでまた夕方までDVD→自習行ってきます。

沖縄支店は、仙台支店の買掛金 250,000円を小切手を振出して支払った。

本店集中は、『支店は、支店間取引を本店との取引とみなす』ものです。
ですから、①沖縄支店は本店の買掛金を支払ったとみなします。②仙台支店は本店に買掛金を支払ってもらったとみなします。


沖縄
(借)本店250(貸)当座250
本店
(借)??250(貸)沖縄250

実際に本店の買掛金が減ったわけではないので、本店の借方は埋まりません。


仙台
(借)買掛250(貸)本店250
本店
(借)仙台250(貸)??250

実際に本店が支払ったわけではないので、本店の貸方は埋まりません。


①と②の本店の仕訳を合わせると解答になります。
(借)仙台250(貸)沖縄250

問題として本店の仕訳を問われても、各支店の仕訳もメモ書きしましょう。


満期保有目的で額面100の社債を97で取得した。

(借)満期97(貸)現金97
(借)未収1(貸)証券利息1
(借)未収1(貸)証券利息1
(借)未収1(貸)証券利息1
(借)現金100(貸)満期97未収3

この一連の仕訳の未収利息を満期保有目的債券に変えたものが正しい仕訳です。

(借)満期97(貸)現金97
(借)満期1(貸)証券利息1
(借)満期1(貸)証券利息1
(借)満期1(貸)証券利息1
(借)現金100(貸)満期100



厳密には3年目期末は次のようになる。
(借)現金100(貸)満期99証券利息1

本店集中は、『支店は、支店間取引を本店との取引とみなす』ものです。
ですから、①沖縄支店は本店の買掛金を支払ったとみなします。②仙台支店は本店に買掛金を支払ってもらったとみなします。

→そうでしたね。
「本店のを支払った」「本店に支払ってもらった」最後は支店勘定だけ残せば、答えになりますね。

問題として本店の仕訳を問われても、各支店の仕訳もメモ書きしましょう。
→これが抜けていたから恐らく同じ間違いをしていたのだと思います。

ありがとうございます!


未収利息と満期保有債券についても、詳細をありがとうございます。
早速テキストに書き込みさせていただこうと思います。


今日はその他有価証券、固定資産等本試験によくでる論点でした。
割賦購入も、前払利息がどんどんなくなって最終的になくなるとか、だんだんとかどんどんとか3級とは違う考え方が増えたなと思いました。

買換えもやりました。

すみません、商業簿記のたちばなんさんサイトで「商品の評価については、実務上、平成20年4月1日以後始まる会計年度においては、新会計基準によって処理が行われることになっております。」と書いてあり、書き直しますとありましたが、特にP/LやB/Sの書き方を見る程度ならなんら問題ないという認識で問題ないでしょうか。

DVDは毎回見てるし、問題も飛ばしたわけでもないのに本当にP/L、B/Sの問題だと全く×ばかりで「どこからこうなったのか。テキストでも、何か特別なページはなかったはず」と何が何だかわからない状態で、工業簿記にも財務諸表は出てくるので本当に困っています。

問題集もいきなりどんと出てきて、練習らしい練習がないような状態で。
とりあえず3つのテキストの財務諸表関係ぱらっと見たのですが、問題集の方がかなり複雑です。

変な質問ですみませんが、明日以降お手すきの際お願いできればと思います。
よろしくお願い致します。

BS,PLの作成なら記事を見ても大丈夫だと思います。

こんばんは!
早速ありがとうございます!

PL表示について、あげておきました。
数字は適当なので、商品BOXとPLの表示箇所のつながりだけ確認してください。

こんばんは
日曜日の夜にありがとうございます
明日朝きちんと確認させていただければと思います

場合によってはセブンネットで印刷も考えています


10日以降、教室で埋まらない用紙を眺めないように、色々考えた結果無敵の簿記40仕訳だけは学校の問題集とリンクして完璧に反射で切れるのを第一にしようと思います

その後仕訳コレクション行こうと思います

数が少ない順に潰そうかと

どれを見ても仕訳は商業の方がいっぱいでした
パブロフくんアプリも考えていましたが、とりあえずはこんな感じです

当初DVDでいろいろありましたが、ツーワンブログでも京都で映像で勉強とあったので、がんばらないとなと


建設なんか水道橋クラスくらいしか生講義で後は、都会だろうが田舎だろうがDVDでしょうし

いいとこweb講座だろうしと
(webとDVDは通学時間の有無くらいしかわかりませんが……)

となると今からDVD形式に慣れなければと

ありがとうございます(*^^*)

おはようございます!
昨日とりあえずサクッとの後ろの方にあった財務諸表のページを見直しノートに写しました。


頭に入らなかった理由は、

全体的に手を動かしてなかった

時間があるなら、新しい論点優先で、どこかに3級でもやったことだよねがあって「え、何で3級でやったはずなのに」があった


だと思いました。

表示の理由みたいなのもうつしたので、会社の始業前とかに見直しつつ、裏紙にひたすら書こうと思います。

ボックスの色分けまで丁寧に作成いただき、ありがとうございました。

私も色分けしてうつさせていただければと思います。
初DVD講座(補講除く)でいろいろ立ち止まったり、ふてくされてしまった商業簿記ですが、今週末に視聴したらもう終わりです。ほぼ全範囲テキストは見たことになります。

つまり、問題集も解けるようになっていなければいけない状態だということになります。
今月過去問発売予定なので、過去問と直前対策が同時平行になるかと思います。


それでは、今日もがんばります!
(工業は教室なので、結構ギリギリじゃないけれど今月後半まであります。今月後半で基礎は終わりの予定です。昨日DVD行ったら、2級を視聴している人が自分以外に5人はいて、驚きました。でも、同じ教室の人は0だったので、DVDのみの方か、土日クラスの方なのかなと思いました)

3級合格率26.6%

難関をほぼ満点合格したことを自信に!

こんばんは!
141回から合格率は厳しいみたいですね。
簿記学校の先生が「142回で受かったなら本物だからがんばろう」と仰ってくださいました。

先生や、簿記学校の先生、皆様のおかげです。
改めて感謝の気持ちを
ありがとうございます。


簿記学校の先生にはきちんとお礼言えてません。
結果報告後質問があって、質問質問と。
沢山おめでとうをいただいたのに、次に会えたらきちんとお礼を伝えられればと思います。

「工業は心配していないけれど、商業が心配。いっぱい解きましょう」とも、工業を見ていただいている先生にアドバイスいただきました。

CVP!
実はまだそこまで行っていません。
パブロフくんも言っていましたが、なんかかっこいいです。
CVP

来月には解けるようになっているなんて、なんか感動です。
過去問ですが、こんなにTの出版物好きなのに実は過去問はOが好きなのです。
HP見たらまだ出版されていないみたいで。
過去問なんだから142回分足せばいいじゃないとはいかないみたいですね…・・・。

ネットスクールで1回分ずつ購入気軽にセブンとかで購入できるのですが、サヨナラ論点が入ってるのを着手するのもと。他の受験生どうしているのか、ちょっと気になります。
自分にとっては過去問で見たことが無い=サヨナラ論点? みたいな認識です。

まだ問題集の多い問題も回せていないので、もし、回せるようにしたら本番対策として無敵の予想問題とかサクッとの予想問題的なものを解こうと考えています。
(工業に関しては改定ないので、範囲終わったら解けそうな気もします。問題数は基礎を最低一回だけですが、習った範囲分こなせていたので。ものによって(時間のあるときは)2.3回とか。ただ、順を追わないでいきなり「総合原価計算の問題だよ」みたな告知もなく解けるのかは、ちょっとまだ怪しいです。あとやっぱり意外と論点が工業も多いのか、忘れつつあるところもあるような気がします。テキスト読みはしているものの、やはり新しく覚えた論点優先になりがちです)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めて工業簿記で躓くかと危機感(部門別と製造原価報告書) | トップページ | 桜の時期は生きてる桜を感じることなく、桜の商品で季節を感じる »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト