« 自習室はスルー力がめきめき鍛えられる場所でもある | トップページ | 悩みから目標が生まれた! »

2016年3月17日 (木)

禁断の会社勉

明日で一週間終わりだけど、実は禁断の会社勉デビューしてた。

就業時間じゃなくて、休み時間と始業前ね。

なんでって、課題が自分が納得のいく状態じゃなかったから。

工業簿記だけは満点コレクション続けたかったから。

実際会社勉っていっても、そんな時間にするのだから良くて15分問題1問+仕訳の確認くらいで。そんな内容だけど、納得のいかない状態で確認テスト受けて満点ならずだと、すごく今後の士気に影響あると思って。


クラスの人達はたぶん私と同じ状態で入学したのはあと一人だけで、残りは商業簿記回してきて工業簿記に挑む人とリベンジ組。

だからか、電卓も速い。

今までメモリー機能下手に使ってミスるなら、使わないほうがマシの持論だったけれど、
こりゃ、メモリー機能でもなんでも使えるものは使わないと付いていけないなと危機感。


ちなみに142回の無敵の簿記をこの間休み時間行った近所の本屋さんで見て、
その厚さにびっくりした。3級の倍くらいじゃないかな。


そして簿記学校の基礎の次、応用編のテキスト+問題集は




3級時のたぶん倍どころじゃなかった。
3級がものすごく薄かったから、真面目な話商業、工業合わせて3級の10倍くらい。


ただ、その半分は丁寧な解説。

解説が親切なのは安心だーと、ちょっと安心。


話が脱線。
会社勉の話。


電卓パチパチは事務だからナチュラル。
なんか変な本(問題集)睨み付けながら、険しい顔でパチパチは変だ。


会社にカチッとした服で行くと「転職か!」って上の人がうろたえたことがあって、
今思うと何でも転職に結びついちゃうようなその社員の労働環境を何とかするべきじゃないのと。



思うわけです。

だから案外カリマーリュックなんかで面接受けようないし、カリマー通勤バッグにしたら「あいつ愛社精神に満ち溢れてる」評価が得られるかもななんて、あほなこと考えたり。

会社勉の結果は納得のいくものでした。
が、結構仕事も疲れていたので、頭の片隅にあった
「休み時間は休むものだよ」というお世話になった先生の言葉が蘇るのでしたの今週でした。



【今後の課題】

・ボックスでの先入先出をぱっと出せるように、さくっとの電卓ページ見直し

・科目が長すぎて仕訳に影響でまくりなので、早く科目省略を固定化

・悲観的なときは、寝る(これ重要みたい)
【私の性格は】

・先入より平均。そして継続記録より棚卸。
性格的に後者の方が好きです。

« 自習室はスルー力がめきめき鍛えられる場所でもある | トップページ | 悩みから目標が生まれた! »

簿記 勉強」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト