« 同じ時間があるならで、後回しになる問題 | トップページ | ゴールデンウィークの計画を考え中 »

2016年3月22日 (火)

さとうきびを甘くない方からいただきたいと思います(佳境)

突然ですが、『佳境』の由来は晋書だって知ってました?


私、こういう話が大好きで、雑学とか大好きで、
でも、社会人になるとなかなかそういうの話したり聞く機会がないので、つまらないです。
かといって学生時代もそういうのを話したり聞く機会がそんなにあったのかというと、そんなんでもなかったです。



晋書は、三国志で有名な三国時代の次、晋の時代をメインに書いた歴史書で、ここに顧愷之(こがいし)という有名な画家の話が載っています。

顧愷之の名前は中国史に興味のない方でも、鑑定団(テレ東のなんでも鑑定団)や各種美術館系の番組で見たことがあるのではないでしょうか。



前ぶりが長くなりましたが、今日は、佳境のお話。


顧愷之さんは、サトウキビが大好き。

でも、甘いところじゃなくて甘くないところから齧りつく。
お友達が「なんで甘いところから食べないの?」と聞くと
「漸く佳境に入る(だんだん甘くなっていくのがいいんだよ)」と答えたそうです。



聞きました?

漸く佳境に入る。


私も、たい焼きはしっぽの方が好きで、お腹は家族にあげちゃいます。



なんか、顧愷之さんと気が合うかもしれない。


私の簿記勉も、漸く佳境に、そろそろ入ってくるはず。


と思った火曜日。



問題集見たら、意外と解いていて自分でもびっくり。
商業簿記の話です。

だんだん解けてくる、それがいいんだよ。


なんて言って、そして直前期には


じゃんじゃん解けてタイムを縮める、それがいいんだよ、と言える様になりたい。
なります。



話は変わって日常の話。

弟にぶっ倒れそうな顔してる、血の気がない早く寝たほうがいいよとこの間言われたんですが、土曜から貧血のときみたいにくらーっとなることが出てきて、怖いので鉄分のサプリ飲みつつ病院で血液検査してきました。


貧血のみだと検査結果はすぐ出るので、助かります。



結果は貧血大丈夫でした。


よかった。

私、昔一時期貧血でしたが、貧血治ったら献血していたくらい血には自信があったのでよかったです。

今日、採血してくれたベテラン看護師さんの採血が針が入ったと感じないくらい、上手で、熟練のテクニックに感動。



こんなに上手な看護師さんが全国の献血センターに沢山いれば、献血する人増えるだろうになと。

« 同じ時間があるならで、後回しになる問題 | トップページ | ゴールデンウィークの計画を考え中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト