« 結構びっくりしたこと | トップページ | あじ料理を見て、そうだ、工業簿記に戻らねばと思った »

2016年4月23日 (土)

3級受験期は何かが憑依したような簿記狂いっぷりで、今、当時の資料を見ると

怖いものがある。


そりゃ、これくらいやりこめば険しい表情が離れないわけだ。




早朝起きて毎朝答練解き直し、とか予想問題解きとか簿記グルイとしか思えない。



元、歴史好きとしては過去から何かしら学ぼうとするわけで、3級時の資料をひっぱりだしてみたわけです。(いつでも見れるように机の足元に立てて保管してある)



(簿記を)解くこと、それが私の存在理由――




さア、解き狂いましょう!





問題を追加でいただいてもよろしいですか?



……みたいな生活だったね。
そこから待望の夢にみた2級受験へ突入し、




もしかして、怖気づいちゃったァ?


ま、10万近く出資してその現状じゃ無理もないかー♪



みたいな状況でした。




私が今回払った2級受験料 4,630円。

私が3級取得まで払った受験料 5,140円。

3級は2回受験したから。



合計 9,770円。


そして、私が2級取得のため簿記の学校に支払った金額四捨五入100,000円。
大手3校はどこでも四捨五入100,000くらいだと思う。
防備録として。
今、3級受験時によく聞いていた曲を聴きながら書いています。


曲ってすごいね、当時のいろんなことが蘇ってきた。



今から、簿記グルイます。



【どうでもいい私の朝型生活の起源】



元々は通っていた学校が遠方で、必然的に早起きだったけど、そのうち家庭教師の課題が終わらず、通学電車で数学解く様なありえない生活だった。


大学生になって、友達との早朝麻雀が楽しみで始発で大学に通う生活を送ってた。




今思うと、やだ、そんな女子大生。



好きなことがあると早起きも楽しみ。
3級時、私にとって簿記は間違いなく楽しみだった。
2級も楽しみになる!!
自分に負けない。
屈しない。



過去と他人は変えられないけど、未来と自分は変えられる。



変える事の可能な自分に屈するとかありえない。



簿記学校の先生が再受講でも薦めて来たら返してやる。


Shut up! と。







そんなわけで、143回、合格取ります。
以上。

« 結構びっくりしたこと | トップページ | あじ料理を見て、そうだ、工業簿記に戻らねばと思った »

簿記 勉強」カテゴリの記事

コメント

本来、長期前払費用は表示上の勘定科目だと思うので、期中仕訳で使うか分からないですけどね。
勘定科目は問題の支持に従いましょう。


本番まで、毎週日曜日は可能な限り試験当日の行動と同じ行動をとるといいと思いますよ。
起きる時間、食事の時間等々。

あと勉強方法は繰返し解く方法も重要ですが、初見の問題を大事にしてください。

最近の出題は前例の無いものが結構あります。
でも初見のものほど、基礎で解けるように感じます。

仕訳なら、資産が増えたか減ったか等々、8要素に従えば解けるように作問されている感じです。

「見たこと無いから解けない」ではなく「見たことないから基本で解ける」はずです。

最近の問題を見て「試験委員、性格悪いなぁ」と思ってたけど、よくよく問題を吟味すると、初見の問題ほど単純だったりヒントがあったり、と感じるようになりました。

初めてだと難しく感じちゃうし、解けたとしても自分の解答に不安になっちゃうけど、本番で初見の問題が出たらラッキーと思ってください。

とりあえず後回しにして、最後に落ち着いて冷静に解くと意外と簡単に解ける問題だったりすると思います。

(本番の心構えには、まだ早いかな?まぁいいか。)

おはようございます

初見はラッキー、基礎で解けるですね
生活面のアドバイスいただき、ありがとうございます

あんまり自己管理できないので助かります


午後にあまり強くないので、そこをなんとかしなくてはです

工業久しぶりに解いたら、なんとなく算数で解いちゃって、これでいいんだろうかと

確認テストでボロボロだった財務諸表を勘定埋めてから埋める感じだったのですが

他の問題解きつつ、意味は後からついてきますよね

こうだからこれでといたではなく
これ求めたいから算数でやったら正解だったって、なんか気持ち的に怖いのがありました

すみません

昼休みにネットでよそのサイトのミスノートを見たら、「決算三勘定」とかでてきてやってないことに気づきました

今たまってる目標の山を片したら着手するべきですよね

なんでやってないのか謎です

昔出てた論点のようです


あほな確認すみません

工業簿記も基本的には解答手順を暗記ですね。
例えば以前に紹介した総合原価計算のワークシート解法。
この方法は(たぶん)日商試験委員である学者さんが著書で紹介している解法です。
その中の2文。
「ワークシートに機械的に数値を入れていくだけ」
「ワークシートは総合原価計算のためのアルゴリズムである。これを利用する場合には、決められた手順に従って数値を記入していくことが大事であり、余計なことを考えてはいけない。」

試験委員が機械的にとか余計なことを考えるなと言っています。

2級合格の段階で理解してる人なんていないですよ。
むしろ不合格者の方が理解しています。
不合格になる人は真面目だから1つ1つ理解しようとする。で、全範囲を回せないで不合格。
私のような怠け者は暗記するだけ。だから全範囲が回って合格。
真面目な人が報われないのが日商だったりもします。

三勘定って表現は見たことあるのですが、正直、何のことだか分かってません。

たぶん、損益勘定、繰越利益剰余金勘定、残高勘定、だと思うのですが、残高勘定は範囲除外となりました(大陸式決算法)。

決算問題は簿記一巡を意識すればいいと思います。
(BS,PL,精算表,勘定)

検索したら140回の予想大穴みたいなのがでました。

改定前のものなので、改定で外れたのかもしれませんね

学校の問題集に載っていれば対象にし、載ってなければ決算問題を最後に強化項目としていれておこうと思います

決算関係弱いのでどちらにしろ必要なのですが


桑原先生も「これは会社法で決まってるから覚えるしかない。でも、こうやると覚えやすい」みたいに剰余金の話をしていました


どうもいろいろありがとうございます


早く受かりたいので、早速問題進めたいと思います

こんばんは
ボックス大切ですね
ずっとボックスでやっていたのに、時間短縮とボックスなくてもいけるんじゃとなしでといたらダメでした


ボックス大切にします
(どうでもいいけど、hinataってブロガーさん結構いますね。適当につけたのに簿記の教科書使ってるブロガーさんで同じ名前を発見してびっくりな水曜でした)

差異分析を求める問題で、変動費や固定費のデータなしの問題がいきなりでてきて、「必要な情報無きゃ解けないよ」とあった数字を入れて解こうとしましたが、解答見て全く別物であると知りました。


前に仰っていた固定予算の問題でした。

よくわからないのですが、データがない=固定予算だというのはわかりました。


やっぱり頑張って先生の解法をマスターしたほうがいいと思いました。
シュラッターの利点は、イメージで掴みやすいというか絵として捉えることが可能なところかなと思っていたのですが、それも、間違って毎回フル稼働のところで計算する時点で自分は絵的には捉えてなかったと最近思いました。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 結構びっくりしたこと | トップページ | あじ料理を見て、そうだ、工業簿記に戻らねばと思った »

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト