« 昼休みに買った | トップページ | 直前対策の足音が »

2016年4月12日 (火)

恐怖の電話の存在があった

「自分が失望されたくない人に簿記合格を宣言すること」は、能動的な追い込みで

「恐怖から来る簿記勉は受動的なのではなかろうか」なんて、スーパーで食パンを買いながら思った。

ありました。



恒例の恐怖の電話がそれです。

私、ほんと141回時の電話は当時の先生に申し訳なくて合格するまで、簿記学校内で誰の顔もまともに見れなかった。




漸く最近、今の先生と挨拶できるようになったくらい、ほんと、申し訳なかった。




あの気まずい電話を再現したくない。



二度と。
そして、お世話になった先生には気まずい電話をさせちゃいけない。

だから、私は、頑張り続けなくては。




と思った。
【人によるかもしれないけれど】



私、恐怖の電話はかなり恐怖。

恐怖で思い出した。

この間心霊闇動画11借りて朝から見ちゃったら、その夜怖くて電気なしで眠れなかった。
電気つけたまま寝た。

« 昼休みに買った | トップページ | 直前対策の足音が »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

●過去問の使い方
前回の工業簿記の問題を解いてもいいかもしれません。
(工程別総合、標準)

※2回続けては出題しにくいでしょうから、工程、標準は優先順位低いです。


本番の難易度を知るために前回の問題を解いちゃいましょう。

前回より前の過去問は本番対策問題として使いましょう。

まとめ
・前回より前の分は本番対策問題として利用
・前回分は本番の難易度を知るために利用(2連続での出題はしにくいから本番対策には使えない)

おはようございます

パーシャルプランやったばかりで、まだ演習回せてませんので今夜演習後、142回見てみたいと思います。


すみません、前回過去問は分野別に潰したのですが、本番対策用というのは二時間計って通しで解くということでしょうか?

時間を計る必要は無いです。
途中でテキストや解答、解説を見ずに解き終えるようにしてください。

20点満点中14点以上(7割以上)取る意識で。

こんにちは

何も見ずにですね
承知致しました

前回は着手→無理→すぐに解答
着手→途中まで解けた→解けなくなった、または時間切れ→解答でした


早速のコメントいただき、ありがとうございます

最初はぼろぼろで下手したら、全くわからなくて手もつけられない状態かもしれませんが、演習の合間にこなして慣れればと思います

答練の回数が確か3級より多いので、解けないと悲しい時間が増えるだけなのです

こんばんは。
すみません、標準原価計算の練習問題といていたらちょっと、いろいろ混乱してきました。

先生の標準原価計算の解法にもあったアップさせていただいたTの分析図なのですが、

1.T分析図で解かなきゃいけない問題と、シュラッターで解かなきゃいけない問題、どこで見分ければいいのかわかりません。

どこで見分ければいいのか、お願いできればと思います。


2.現在、問題集の流れで「このあたりはこんな解法だったな」で解いています。なので、ページの流れなし、これは~のテーマの問題という提示がないと、手が止まると思います。

すごく変な質問なのですが、こういった場合どうすればいいのでしょう。
数こなしていないというか、理解できていないというのが原因なのでしょうけれど・・・・・・。

全てページの流れで反射的に解いてしまっている状態で自分でも良くないなと思います。

明日以降でも問題ありませんので、お手すきの際ご教示いただければと思います。

宜しくお願い致します。

シュラッターは間接費の分析に使います。
材料費と労務費がTの分析図です。(商簿の評価損減耗の図と間違えるなっ!)

改めて問題と解法を色付けしてあげました。

色付けしても解りづらいと思うので、また質問してください。

そうなのです

なんか棚減に似てると思いました

早速ありがとうございます
ちょっと今夜の分がまだ終わらないので、また後ほど確認させて頂ければと思います

材料労務費がTで製造間接費がシュラッターですね

助かりました
ありがとうございます

色づけまでありがとうございます!
Tは労務費、材料費のみと覚えたら大丈夫になりました。

問題文を見て労務費、材料費→T
製造間接費→シュラッターと解いたのですが、
なんとこの3つ全て一つの問題で聞いてくるのもありました。


いただいた問題も全ての差異を問われるものでしたね。
シュラッター書いたら、前と同じ右上三角形の一番端を使わないのに毎回気をつけないと出してしまって、操業度差異と同じ数字を書いてしまいがちです。


ここはマックスまで働かないし、使わないと理由も書いているのに気をつけないと書いてしまいがちです。


オリジナル解法、先月26日に教えていただいて以来なのでちょっとお時間いただければと思います。
せっかく夜中に書いていただいたのに飲み込み悪くて申し訳ございません。

ちょっとでも手が止まるとすぐに時間切れになってしまいます。
本日も夜中にありがとうございます。

シュラッターを使いこなせてるなら私の解法でなくても大丈夫ですよ。

ただ、ワークシートは便利です。
当月の部分と実際額を比較して差異総額は計算できます。
シングルプランならワークシートの金額をそのまま仕掛品勘定に写すだけ。
パーシャルプランなら当月以外の金額を仕掛品勘定に、当月は問題文から実際額を写すだけ。

製造間接費の分析は色々あります。

●4分法(差異を4つに)
①変動費能率差異
②固定費能率差異
③予算差異
④操業度差異
私が解説でやった方法。
他の方法は4分法の差異を足し算するだけ。

●3分法Ⅰ
・能率差異(4分法の①+②)
・予算差異(4分法の③)
・操業度差異(4分法の④)
能率差異が1つにまとまるだけ。
※この方法が一番出題される。

●3分法Ⅱ
・能率差異(4分法の①)
・予算差異(4分法の③)
・操業度差異(4分法の②+④)
※これは前回の過去問で出題された方法

●2分法
・管理可能差異(4分法と①+③)
・操業度差異(4分法の②+④)
※差異を、変動費から生じる差異と固定費から生じる差異に分析する方法


どの方法であっても、4分法の数値から導けます。
ですから4分法で解くクセをつけるといいと思います。
(あと4分法+固定費予算差異で5分法なんてのもあります(1級))

【標準原価計算】
「直材を××円、直労を××円、間接を××円、合計××円で製品1個を作る」って目標(標準)を決める。
実際に掛かった額と目標(標準)を比較して、目標(標準)に達しなかった原因を分析する。

●例
標準原価カード
直材@5×10kg=50円
直労@4×2.5h=10円
間接@6×2.5h=15円
合計 75円
※ 原価カードの意味
@5の材料を10kg使って作るよ
時給@4の工員が2.5hで作るよ
配賦率@6の間接が掛かるよ
これが製品1個作るための目標。

●実際に1個作ったよ
実際額
直材66円(@6×11kg)
直労15円(@5×3h)
間接21円(@7×3h)
合計102円

75円で作る目標だったのに102円も掛かってるじゃねぇか。
27円も余分に掛かった原因は何だ?

●ざっくり原因分析
・目標では直材50円で作りたかった→実際は66円
16円の不利(直材差異)
・目標では直労10円で作りたかった→実際は15円
5円の不利(直労差異)
・目標では間接15円で作りたかった→実際は21円
6円の不利(間接差異)
まとめ
直材を原因とする差異△16
直労を原因とする差異△5
間接を原因とする差異△6
合計で27円多く掛かった。

●さらに詳しく分析
直材差異、直労差異、間接差異の各差異を
『単価を原因とする差異』と『数量を原因とする差異』に分析

・直材差異
単価の差異(価格差異)
@5の材料を使いたかった→実際は@6(使った量は11kg)
単価を原因とする差異は△11
数量の差異(数量差異)
10kgの直材で作りたかった→実際は11kg(標準単価は@5)
数量を原因とする差異△5
合計△16

・直労差異
単価の差異(賃率差異)
時給@4の工員を使いたかった→実際は@5(作業時間は3h)
単価を原因とする差異は△3
数量の差異(時間差異)
2.5hで作りたかった→実際は3h(標準賃率は@4)
数量を原因とする差異△2
合計△5

・間接差異
長くなるから説明省略

●社長と工場長の会話
社長「テメェ、コストが掛かりすぎなんだよ。75円で作れって言っただろうが。102円も掛かってるじゃねえか。
直材は50円、直労は10円に抑えろって指示しただろぉが!直材75円、直労15円も掛けてんじゃねぇ」
工場「お言葉ですが、社長」
社長「何だ?無能なバカ工場長が言い訳でもするつもりか?」
工場「確かに材料を無駄に使いすぎました。10kgで作れるハズなのに多く使ってしまいました。
作業時間も掛かりすぎました。2.5hで作る目標だったのに3hも掛かってしまって。でも、、、」
社長「でも何だ?どんな言い訳してもテメェを許すつもりはねぇよ」
工場「材料の単価なんて工場じゃどーにもできねぇんだよっ。材料購買部が安く仕入れてくれば安く作れんだよ。工場の責任にしてんじゃねぇ。
賃率だって工場の責任で決められるもんじゃねぇんだよっ。
確かに数量差異と時間差異は工場長である私の責任だ。
でも価格差異と賃率差異はテメェら経営陣がどーにかしろ。工場の努力で改善できるもんじゃねぇんだよ。わかったか、バカ社長」

こんにちは
ワークシート承知致しました
普段自分が解いている順を土曜日夜あたりアップさせて頂ければと思います

だいたいは生産データを簡単にまとめ直してから着手しています

力作をありがとうございます
最近やっと何気なく書いてたシュラッターの意味がわかるようになった気がします

固定は不可能とか

先週やっとDVD商業見終わったので、工業はまだ終わってませんが演習に集中できるように整ってきました

仕事が立て込んでくる時期なのが、ちょっとですが

工業と商業なら工業の方が体が解いてくれる感じで好きです

が、工業は最初にミスするとほぼ全部に影響がでるのが厳しいですね
部分点とか狙えないみたいな

また夜丁寧にコメントさせて頂ければと思います
ありがとうございます

前回あげた標準の問題の数字で、解答手順をあげておきました。(間接費の差異分析は省略しちゃいました)

標準の問題では主に『差異の計算』か『仕掛品勘定の記入』が問われます。
問題によって手順の一部を省略してください。

※と言うか、私の解法に従う必要はないですけどね。
参考にできる部分があったら参考にしてください。

こんばんは。
そういえば以前テストで当月のみわかればすぐに計算できるものが
あったのですが、(すみません、何の回だったかは失念しました)
その時、クラスの3分の1くらいの方々はボックスで月末とか、
当月以外も全て出していたという回があったのを思い出しました。


聞かれている部分を的確に算出できれば効率いいのだけれど、
それがわからなかったときのためのボックスでもあるのかなと
当時は思いましたが、実際3分もかからない問題で全部書くと
倍くらい時間がかかりました。


ワークシート便利ですね。
拝見させていただきました。
丁寧にありがとうございます。
参考にさせていただければと思います。


数量が真ん中で管理できるのは便利だなと。
生産データ(数量、換算)は書かない人もいるそうですね。
私は書かないで失敗したことがあるので書くようにしています。
書いてもちょっと調子悪いときとか書き間違いとかしています。

シュラッター、使いこなせていないと思います。
毎回のように予算差異の場所を間違えてしまうので。

なので、いっそ先生の長方形の解きかたに挑戦も考えたのですが、
今、検討中です。

差異分析番号ごとにありがとうございます。
番号だとわかりやすいです。

工場長、責任が沢山あるのですね。
賃率差異はどう考えても上の人が原因ですね。どうも力作をありがとうございます。


解法の軌道修正はGW前くらいまでかなと個人的に思いました。
すみません、勉強とそれてしまうのですが、
体力的にきついとき、どうやって持ち直していましたか?

普段から心がけていたことでも何でも、ありましたらお願いできればと思います。

勉強はあまり週末に期待すると、冬休みに期待パターンになってしまうので
やはり平日にできるところをと今日思いました。
明日以降で問題ありませんので、もし、お勧めがありましたら是非お願いいたします。

当時の自分の勉強方法はオススメ出来ませんね。
睡眠時間を削りまくって、毎日1~2時間しか寝ていませんでした。
吐血まで、、、

元々がバカなので他人の10倍勉強して、やっと人並みだと思っていたのでとにかく勉強時間を増やしました。(結果、それだけやっても人並み以下ですけど)

今では、その勉強方法が一番バカな行為だと思っています。
思考回路がメチャクチャになって勉強効率が下がります。

今思うのは、ゆとりを持って勉強する事が一番大事だってこと。

疲れたと感じるってことは、体が休むことを要求しています。
そのようなときは休むのが一番いいと思います。

しっかり休んで、好きなことをして、体も心もリフレッシュした方が効率が上がると思います。

たぶん、某バドミントン選手はリフレッシュしてるから大会で好成績を残していたのでしょう。
(リフレッシュの方法に問題がありましたが)

おはようございます
なんか昨日は疲れてしまって、寝てしまいました

バドミントン選手、先生面白いてす‼︎
朝から笑ってしまいました


今迄先生が好きなことしてリフレッシュをとオススメしてくださったとき、「やっぱり1級まで取る方は息抜きも上手にできて、成績も取るんだな」と思っていました


一二時間で吐血まで・・・・・
すごいです


他の時間に眠くならなかったのか気になります

もし、眠くても回避策とかあったのでしょうか


講師の先生もいろいろで、休養を重視の先生や逆も・・・・
です

自分は、これでこの状態だから睡眠削ってもやらないと追いつかないと思っていました

今週生講義で少し寝てしまい、気合いが足りないと

寝たところ、頭に入らないしわからなくて質問してしまいました

丁寧にありがとうございます

シュラッター図について、ざっくりイメージで解説をあげておきました。

私の分析図もあげておきました。利用できる部分は利用してください。
(一部に不要なものも混ざってるから無視して)

こんばんは!
熊本の地震のニュース、びっくりしました。
会社のおじさん方も熊本へよく出張するので、仲のいいおじさんとか大丈夫か心配になりましたが、同時に先生に何かあったらと思い、昨日コメントいただいて無事を確認できて安心しました。


先生が無事でよかったです。
(別に熊本じゃなく、場所が違う地方でもたぶん、無事か気になったと思います)


とうとう、CVPきました。
CVPという単語がテキストをぱらっと見ても無かったので、CVPまさかの直前対策で教えてもらうパターンかと思ったのですが、よかったです。


貢献利益って何となり、テキストに載っていなかったのでサクッとと簿記の教科書を読みました。
サクッとに長い説明載っていました。サクッと買ってよかったです。
無敵の簿記でもCVP来るという講師もいたし、私も何か気になるCVPなのですが、テキストだとさらっとしか出ていなくて意外でした。

テキストさらっとだけど、演習で慣れてねパターンかもしれません。
つづきます

シュラッター、すごく丁寧にありがとうございます!
GW中先生の図に挑戦したいと思います。
100のタイトルのものは、製造間接費差異分析の図の詳細ですね。

200のタイトルのものは、固定費調整とはまた違う話という認識で問題ないでしょうか?

こんなに、沢山ありがとうございます。
先生の期待に応えるために、再受験で味わったいろんな思いをまたしないために答練はやはり8割目指したいです。


問題集3回は最低回すの目標もまだなので、頑張って、明日商業3回回せれば…と。銀勘とかあと、過去問見て、こんなの商業簿記でやったかなというのもあったので、まずは手持ちの問題集商業明日集中、明後日今週やった工業+今までの工業をやりたいと思います。

直前期対策、記事に書いたのですが、初回受験時は最後の答練まで座ってるだけでした。途中辛くて行かなかった行けなかった回もありました。
そして不合格になったので、今回もきちんと参加できるようになりたいです。


今日、休み時間に139-142回の2級の講評を見たのですが、
「これから受験予定の方には、今回のような問題を出発点として、在庫が存在
すると全部原価計算と直接原価計算の利益計算がどのように変わってくるのか、
変動費や固定費に関する当初の条件が変わると損益分岐点がどのように変わっ
てくるのか、という応用的な論点を含んだ問題についても学習を進めてほしい」とありました。


本試験前には、これらの講評に答えられるようになるのも目標です。
139-142まで目安でいいかなと個人的に思いました。
あまり広くてもやることがいろいろあるので。

つづきます

すみません、142回の4.5問まだでした。
日曜夜中には挑戦したいと思います。
約束しておきながら申し訳ございません。

http://www.net-school.co.jp/event/nis/yosou/
ネットスクールも予想会5月にありますね。
WEBキャンパスのパスとか忘れてしまいました…

登録しなおしても、見たいなと思います。
ラストスパート模試は、今回はそこまで手が回らなさそうな気もします。
どんな問題が予想されるか、生活の注意点、論点の確認くらいを確認したいと思います。

http://ameblo.jp/cpa-grobal/
今日、こちらのブログを朝読みました。

簿記学校の先生も、合格する社会人の方はマック勉とかしてでも勉強してたと仰っていました。喫茶店とかで勉強ってしたことがないのですが、皆さん電卓叩いてやってるものなのでしょうか。


先生はマック勉とかされたことありますか?
私は行けるときは自習室最優先かつ、職場近くにマックがないというか結構歩くところにある感じです。

マック勉とかは隙間でもやるというのが重要なのかなと思っていたのですが、

http://ameblo.jp/cpa-grobal/theme1-10078876512.html
この記事を見て、あー、休日に自宅にいると殆どできない自分は自宅にいちゃだめだなと再確認しました。


こんばんは。


本当にやばいので、ブログ、質問コメント欄以外本試験終了までお休みしようと思います。
真面目にがんばりますので、どうか見捨てず、本試験まで宜しくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昼休みに買った | トップページ | 直前対策の足音が »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト