« 改定前の2月対策用2級過去問や問題集が書店に残ってた | トップページ | どこかの簿記サイトで »

2016年4月 9日 (土)

やる気と体力との乖離

自習はじめのやる気(予定)と帰宅前の状態(実際)の差異分析、なんて浮かんだ。


今日も結構打ち間違いや、途中、眠りそうになったりだったけど。

え、なんで合わないの? と思ったら電卓足し算ミス。
足すもの合ってるのに電卓を正しく打てていないパターン。

あと、ぼーっとして平均法のところ先入でやってたりとか。


なんか、あれです。
項羽の垓下の歌を思い出しました。


力抜山兮気蓋世
時不利兮騅不逝
騅不逝兮可奈何
虞兮虞兮奈若何
力は山を抜き気は世を蓋う
時に利あらず騅ゆかず
騅のゆかざるをいかにすべき
虞や虞や汝をいかにせん

騅(すい)というのは項羽の愛馬で
虞(ぐ)というのは項羽の愛妾、虞美人のことです。
この背景を京劇やってるのが『覇王別姫』の演目です。
名女形・梅蘭花のために作られたものらしいです。

気力が眠気に負けるようじゃ、まだまだだなと。
まさに愚や愚や汝を如何せんとは私のこと。

【確認テスト】
今週制限時間内にうまく電卓叩けなくてまさかの時間切れ…
途中までしか書けなかった。

今週に関しては土日ロングの方がよかったのかも。

等級別総合原価計算とか

1.等価係数のための簡単な表を書いて
2.生産データの表を製品の数だけ書いて
3.ボックスはその倍書いて

で意外と時間掛かってる
ちょっとでも、あれ、どの方法かなとでも迷ったらそれが命取り


製品1つで加工費は()でまとめちゃう方法もあったけど、
今唯でさえ読み間違いが多いのに、これは結構危険だなと無難にボックスは数量と加工でわけてます


« 改定前の2月対策用2級過去問や問題集が書店に残ってた | トップページ | どこかの簿記サイトで »

簿記 勉強」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト