« 後半戦生活等いろいろ | トップページ | そろそろカウント形式のタイトルにしようか »

2016年5月 5日 (木)

筑波山や高尾山を登れない人に剣岳は登れない

2級の工業をこなせないようでは、建設なんか目指せない。


たまに読んでる別ジャンルの資格ブログでブロガーさんが


今頑張らないと、今までの努力が無駄になる! と書いていた。


そう、今やらねば


断った飲み会も、



ノンストップに近く座ってるのは電卓打つときだけの仕事を強制切り上げ、
体調悪い中参加して、眠気と疲れで意識朦朧としながら「何やってるんだろう自分。もうオール週末ロングにいっそ……」と思いつつ、参加した平日夜の講義も、


家族に簿記勉とかいろいろ否定されて「何やってるんだろう。自分。なんか家族にも理解されなくて悲しい」と涙が溢れつつ、今日解いた直前問題の時間も、


全て無駄にしてしまう。



なってしまうではなくて、してしまうのは自分。


無駄になるか、否か、そこは自分次第。


母親には建設受験を否定されました。
母親はどこかで自分が建設業界を脱したくて簿記を勉強していると思ったらしく、じゃあ、応援しようと思っていたらしいのですが、「建設受ける=一生土建事務」のままというのがカチンと来たらしく、じゃあ、簿記も応援しないと他の簿記否定派に回りました。


私は、昔風に言うなら土建屋の禄を食んでいるわけですが、そんなに娘が土建屋って親からすると嫌なものなのでしょうか。


それとも、もっと高給取りになる上昇志向がないというのがイラッときたのでしょうか。
自分が親なら、子供が元気で毎日暮らしていればそれでいいのですが。


結構えぐいセクハラとかあるので、そういうのが親としては心配なのかもしれませんし、それならわかるのですが。

他の簿記否定家族に言われたことは、和解しがたいことでした。



簿記勉応援してくれたほかの兄弟には、感謝のマッサージをしてあげました。


家族内で一人だけ簿記勉応援してくれる人がいてよかった。








« 後半戦生活等いろいろ | トップページ | そろそろカウント形式のタイトルにしようか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

バナー

リスト