« 電卓音との戦い | トップページ | 自習室寒かったけど、バッグの中には作業着のみ、どうする!? »

2016年5月18日 (水)

解き直しまで時間がなくて、あー、フロアの皆出張行かないかな

と願ってしまった。


フロアに誰もいなければ、簿記勉し放題!!なのに。




うーん、なかなか上手くいかないものだ。


解き直しは100点目指したけど、意外と失点して何でこんなミスしてるんだと自分にびっくり。


そして、解き直しまではうだうだと


あー、めんどくさい、解けるだろうか、だったのだけれど、ペンを持った途端
100点取る!! 解き直しだしで頑張ったけど、100点ならず。

ただ、その解き直しの時間の集中力たるや素晴らしく、自分で自分に感動。


この集中力がずっと本番まで続くといいのに。




« 電卓音との戦い | トップページ | 自習室寒かったけど、バッグの中には作業着のみ、どうする!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

第5問について
以前、解き方の手順をあげました。
手順を見ながら手順通りに解いてみて、結果・解いてみた感想、を教えてください。

※ 何も考えず、手順通りに数字を当てはめること!

おはようございます

すみません
5問目計算メモが汚すぎて混乱してしまったので綺麗な紙にもう一度解いてからコメントさせて頂ければと思います

自分のメモの上に書いたら、字が汚いし文字小さくしか書けずと


こんにちは
裏紙使って解きました

まず、数字の使い方というか活かし方がわかってないというのと(配賦率書けてたのに使いこなせなかったり)差異分析のひじきがき以外出せなくて、困ったりと

あと、何を求めたいのか、それを出すにはどんな解き方かの引き出しが上手くだせないのと

消費料を求められてるのに完成から数字を持ってきてしまったりとでした

まとめに当月が一番大事と書いていただいていたのに

毎日遊んでたわけじゃないし、簿記してたのにこれは、2級の勉強としては自分のは間違えだったのかと思いました


3級時代から同じクラスメイトと、3級の精算表は純利益まで出せたのに、2級はなんでそこまでいかないんだという話をしたばかりです

すみません、追記です

肝心なこと書き忘れました

先生の説明してくださった解法で解けました

ワークシート?式で
時間計っての解き直しで必ず、次に同じ問題でたら解けるようにします

復習に時間掛かりますが

教えていただいたのをがっちりものにしていなくて、申し訳ありません

2問目はじめ全体で復習が大変そうです

時間計っての解き直しは土曜日になりそうです

今日は復習です

差異分析はじめたばかりのときは利用していたのに、忘れてたことがありました

材料費差異-価格差異=消費差異になったりすることさえ忘れてました

覚えていれば時間足りないとき利用できるのに
今から復習します

これまで何度も暗記を提唱してきました。

解き方を暗記していれば簡単な問題だったはずです。
(ワークシートを使うかどうかは自由ですが、どの数字を使うか暗記すれば解ける問題でした)

理解か暗記か、どちらが正しいかは分かりません。

しかし理解学習を心掛けた結果が今回の結果です。

理解していれば解けるでしょう。しかし理解が不十分だから違う数字を使って解いて間違えた。
ただそれだけです。


これまで理解に費やした時間を暗記に当てていたなら、第5問で満点、第4問で14点以上でした。

「理解を重視しろ」などと言う講師は、①簿記を簡単に理解した天才講師②自分が理解してないから理解には時間が掛かることを知らないバカ講師、のいずれかでしょう。


私の考えは変わりません。
理解重視なら専門書を買ってください。理解には検定用テキストでは不十分です。(6月合格は諦めてください、簿記は短時間で理解できるほど簡単ではありません)
合格したいなら暗記してください。暗記していれば今回の工業簿記は簡単だったはずです。

第4問
勘定の合計と貸借は点数きてませんが、埋められたはずでした

なのに、埋めてない

少しでも
部分点でもという根性が足りないのを自覚しました

ここに配点きてれば埋めれば丸になったのにと

全体的に諦めと勘違いも目立ちます

すみません

受かりたいので解法暗記に徹底します

何を暗記すべきか、どの数字を持ってくるべきか、暗記以前の問題になったときなどは、また質問させて頂ければと思います

工業簿記全体像

①材労経の支払い等
(借)材料×××(貸)現金等×××
(借)労務×××(貸)
(借)経費×××(貸)

②材労経の消費
(借)仕掛××間接××(貸)材料×××
(借)仕掛××間接××(貸)労務
(借)仕掛××間接××(貸)経費×××

③間接の配賦
(借)仕掛×××(貸)間接×××

④完成
(借)製品×××(貸)仕掛×××


勘定連絡図を仕訳すれば上記のようになります。

連絡図を用意して連絡図も見ながら以下の説明を読んでください。

各勘定の借方が入口、貸方が出口です。

仕訳①で材労経に入ってくる、②で材労経から出ていき仕掛と間接に入っていく、③で間接から出ていき仕掛に入っていく、④仕掛から出ていって製品に入っていく

基本は①→④の順番で金額計算・仕訳がされていきます。

ただ、実務でこの順番通りに計算・仕訳すると時間が掛かりすぎます。

そこで予定単価等を使うことで①の前に②を計算できます。②を待たずに③を計算できます。


直接作業時間10h、予定賃率@50である。
(借)仕掛500(貸)労務500

当月労務480を支払った。(給与計算期間は1日~月末、なので未払は生じない)
(借)労務480(貸)現金480

原価差異
(借)労務20(貸)差異20


予定単価を使って計算すると、②→①の順番で計算・仕訳がされます。

普通の順番で計算するならなら『入っていった金額が出ていく』ので差異は出ません。
しかし予定計算をしていますから、『出ていく金額を予想で計算』しちゃうので、ズレが生じます。
(この例の労務費勘定では、500出ていく(予定)、480入ってくる、ズレ20)

これを踏まえて、第4問です。

通常の部門別の流れでは次のようになります。

(借)切削××組立××動力××事務××(貸)間接×××
②(直接配賦法)
(借)切削××組立××(貸)動力×××
(借)切削××組立××(貸)事務××

(借)仕掛×××(貸)切削×××
(借)仕掛×××(貸)組立×××


しかし製造部門費を予定配賦するとあります。
③を先に計算してしまいます。

予定配賦率を計算すると
切削 10,080÷1,260h=@8
組立 8,300÷1,660h=@5

この予定単価に実際時間を掛けて③を最初に計算しちゃいます。


(借)仕掛10,000(貸)切削10,000
※ @8×1,250
(借)仕掛8,200(貸)組立8,200
※ @5×1,640

次に①②の順番で計算します。

①問題資料より
(借)切削7,200組立6,120動力3,432事務1,472
(貸)間接18,224

②直接配賦法
事務
(借)切削736組立736(貸)事務1,472
動力
(借)切削2,002組立1,430(貸)動力3,432

この結果、切削と組立で差異が生じます。

工業簿記で重要なのは解法と勘定連絡図です。

なんの計算をしているのかを常に連絡図で確認する事で力がつきます。

今回の第4問が配賦表作成の問題だったら解けたでしょう。

しかし勘定記入だと解けなかった。

これは『なんの計算をしているか』が分かってないからです。

常に連絡図を意識してください。

こんばんは。

今日は、上の方に許可を取って有給の手続きしました。
書類上はまだ先ですが、今日の手続きで何もなければという感じです。

暗記用にいつものノート作って、これを繰り返し空き時間に見て、電卓叩いてどこから数字を持ってきてどの処理をするのかを反射でできるようにします。

反射では、目標にしていたものの、答練で「どこか諦めてる」ところがあったりと、しがみついても感が足りないし、なかったと思います。


仕訳で16点、工業両方で満点とっても40点で56点
70-56=14点を商業の2.3で取ってもやっと70点なんだなと。
今更ですが。

これで工業取れないと、と。

引き出し増やすこと=暗記

引き出しから的確な処理を選んで処理すること=慣れ

なのかなと帰り道考えました。
慣れは、ラスト一週間でやりこめばと。
4問目、表さえあればできたと思います。まさか、自分で作れとは思わず。

割と部門別は好きだったので、解けずにショックでした。

「精算表なら解けるという方は精算表しかできないということに気づいてください。同じことなのに、どうしてP/L、B/Sはできないのでしょう」という141回の講評を思い出しました。

いただいた勘定連絡図に、今日の説明を記載させていただこうと思います。
見るのも大変な量を見ていただいた上で、丁寧にありがとうございました。

2級答練前は「計算用紙また一枚だけ、足りないに決まってる」と思っていましたが、始まると計算用紙まで数字を持って行き目を動かしてがちょっとと思うのが多くなり、問題用紙に仕訳を切ったりしています。


桁数が多いというのが大きいかもしれません。
商業は、仕訳と財務諸表と表示場所、科目、伝票、勘定かなと思いました。

ノートアップさせていただきました。

自分を見失わず、気持ちだけ先走らないようにしたいと思います。

いつもいろいろ考えていただき、お時間もいただき、ありがとうございます。

最近、つい仕事の予定をいれる際に6月の検定後の予定なんかだと、
「11月目標の講座は何曜日だったかな」と確認したりしてしまいがちでした。


あんなに再受験を嫌って恐れていたのに、どこか
保険というか、予定としてあけておかねばというのがありました……。

こんにちは

土曜日にすみません

問ニの有価証券の問題が歯が立ちません

何をどうすればいいのか、
何を暗記するべきなのか、具体的な数字はなくて大丈夫なのでざっくり頂ければと思います

その他有価証券=洗い替え=帳簿は取得原価=振り戻し必要

満期=時価評価=三角定規みたいな図は必要

二つに共通する=満期日基準で表示科目げ変わることにひっかけた問題なんだなとは認識しました

1問目と4問目は、当時はT字で地道に集計して丸でした

模範の通りのみであれば、そうしますが、この問いで暗記対象項目だけでもご教示頂ければと思います

よろしくお願いいたします

すみません

精算表減価償却の問題で
(備品勘定残高-他の問いででた除却分)-(備品減価償却累計額勘定残高-他の問いででた期首備品減価償却累計額)×償却率がありました

今更ですが、除却分を引くということは、除却分はものは存在するのに決算整理としての減価償却の対象外なのでしょうか


今更ですが、確認させて頂ければと思います

●まず資料Ⅰのみ見てみましょう。
①期首分の取得原価1,150,000
②10/1分の取得原価3,762,000
③12/1分の取得原価2,708,000
合計で7,620,000(3,000株)

決算で時価@2,600に評価替え
@2,600×3,000株=7,800,000

7,620,000→7,800,000

これで問1の180,000が出ます。で、7,800,000は問2の一部です。

●次に資料Ⅲ
12/12取得時
(借)満期1,372,000利息5,600(貸)1,377,600
※ 1,400,000×098=1,372,000
※ 日割り指定がある
10/1~12/12(73日)
1,400,000×2%×73/365

3/31利息の受け取り
(借)14,000(貸)利息14,000
※ 指定が無いから月割計算
1,400,000×2%×6/12=14,000

これで問3が出ます。
14,000-5,600=8,400

で、ここから問2を解く上でのポイント
「問2を解く上で乙は償却原価法をしない」
ですから仕訳した1,372,000がそのままBS価額になります。


資料Ⅰから甲BSは7,800,000
資料Ⅲから乙BSは1,372,000
合計が問2

●資料Ⅱ
甲の全3,000株を8,394,000で売った
取得原価は7,620,000(上記資料Ⅰデータ)
売却益774,000

ここまでで問1~4解答

●問5
問2を求めるときに乙は償却原価法を使わなかったから1,372,000だった。
償却原価法だと乙はいくら?が問5で聞かれてること

取得6.12/1~満期9.3/31 28ヶ月
取得6.12/1~当期末7.3/31 4ヶ月

(1,400,000-1,372,000)×4/28=4,000

4,000を1,372,000に足せば問5

期首の除却が未記帳なので、勘定には除却したはずの備品が含まれてしまっています。

ですから除却分を控除して計算します。

こんにちは
除却わかりました!

早速ありがとうございます(^-^)/

問ニは、今から問題解答照らし合わせさせて頂ければと思います

解き直し工業
、写し間違え一箇所以外全部できました‼︎

すごい‼︎

解法忘れないように、またしばらくしたら解くようにしたいと思います


何も考えずに解けるの感動です

ありがとうございます

甲社の一株あたりの算定方法は、移動平均法って、関係ないどうでもいい情報なのでしょうか


その他有価証券=記帳は取得原価=移動平均も何もと

この問題では移動平均法は考慮する必要はないですね。

期首→取得→取得→全てを売却

ですから、買った金額合計を売った金額から引けば売却損益です。

取得と売却が交互に行われるようなケースなら移動平均法で単価を計算して、ってなりますけど、この問題のように何回かに分けて取得→まとめて売却なら、移動平均だろうが先入先出だろうが7,620,000で買ったものを8,394,000で売ったってだけです。

※移動平均で単価計算しても結果は同じです

10/1時点
4,912,000(2,000株@2,456)
12/1時点
7,620,000(3,000株@2,540)
売却
8,394,000-(@2,540×3,000株)=774,000

分かりづらかったら商品有高帳みたいに書いてみてください。

ありがとうございます

最初、移動平均法なんていちいちやってられないからわからないし飛ばそうとした問題だったのですが、説明を拝見して移動平均もなにもと思い確認させていただきました

仕組みは有高帳みたいな感じなのですね

有高帳苦手でしたが、時間無制限ならコツコツやればできる問題のはずですよね

ありがとうございます

第2問についてはあまり深く考えず(解き直し等を重視せず)、正解した二ヶ所を効率よく解けるかがポイントだと思います。

あとは問5を解けるようになってほしい。

(問2は甲乙の両方が出来ないと正解できないから後回し
問3は利息計算が日割りと月割りが出てきてややこしいから後回し)

基礎7応用2解けない1で言うと、
1,4,5は基礎、2,3は応用ですね。

学校の先生が第2問を解けた人は、自信を持って大丈夫だと仰ってました

標準原価カードがでたら、ワークシートを出せるようにしたいと思います

先生から教わった差異分析の図は大分慣れました

ひじきさえ間違えなければ大丈夫だと思います

解き直しで、計算メモから数字を移す際に写し間違えがでたので、こういうのを減らせればと思います

おはようございます

問題といていたら、いつも通りで差異が出ないのに出会いました。

今まで教えていただいた中の三分法1で解いていて、
あと四分法はもう大丈夫なので三分法と四分法があれば大丈夫! だったのですが、どうやら解答を見ると三分法2で解くパターンだったようです。

【質問】

①この問題のどこから、「三分法2で解く問題」と判断すればよかったのでしょうか


②三分法1、四分法以外で解くパターンの注意キーワードがありましたら、是非ご教示いただければと思います


アップさせていただきましたので、お手数ですがお手すきの際ご確認いただければと思います

宜しくお願い致します

私の図ですと、上半分が変動費データ、下半分が固定費データです。

4分法をベースに考えるようにしましょう。

変動費から生じる差異は変動費能率と予算。(上半分の数字で計算)
固定費から生じる差異は固定費能率と操業度。(下半分の数字で計算)

一番出題が多いのは2つの能率差異を合わせちゃうパターンでの3分法ですよね。(なんの指示もなかったらこの方法でいいと思う)

今回の問題では能率差異は変動費からのみとあるので、固定費能率は操業度差異にブチ込みます。

能率差異が『変動のみ』か『変動固定』でどちらの3分法なのかが決まります。

2分法は『変動費から生じる差異』『固定費から生じる差異』で分析します。
たぶん出題実績が無いので、どの様な問題文になるかは分かりません。

固定変動を操業へぶち込みですね
承知いたしました

ニ分法は、まだやってないので合間に覚えたいと思います


日曜日の朝からありがとうございます

4回目の答練がまた標準だったはずなので、今日は3回目の予習しつつ、4回目も予習します

3回目は、苦手なBSPLとかです

ありがとうございます

こんばんは。

教えていただいている立場で、いろいろお伝えしていないと、不都合があるかと思い、自習室の開いてる時間をアップさせていただきました。


最後の方に書いてあるのは、まだ発表されていませんが、恐らく今回もあると思います。

第二問解きなおししましたが、最初で正解だった2問中1問のみ正解でした。
ちょっとこの時期電卓ミスが目立ってくるようになったので、気をつけたいと思います。

【質問、確認させていただきたいこと】

①前払、長期前払
→当期期末の翌日から1年で前払(普通の)で切る、
残りは長期へいれちゃう


この認識で問題ないでしょうか

②準備金積立額の計算について

→桑原先生のビーカー法で楽々解いていたのですが、
今回の答練みたいに『資本準備金』『利益準備金』以外のものが
ビーカーに入っているものとして対象になる場合、本番も、解き直しも
こうかなで解けたのですが、

「どれがビーカーに入っているものとして計算対象にいれるべきか」が
確固として決断できません。


見分け方がありましたら、是非お手すきの際ご教示いただければと思います。
せっかく解法テクニックを知っていても、ビーカーに入れるもので答えが
間違ってしまうので。

(この方法自体法律で決まっているのでしょうがないことは承知しておりますが、
問題は何をビーカーにいれて計算する対象にするかでそこの判断基準が
自分の中できちんとないことなのです)


その理解で問題ありません


質問の意図が分からなくて問題を見てみたのですが、仕訳問題ですよね?
問題下のメモ書き(ビーカー)を見たのですが、間違った理解をしている気がします。
もう一度、テキスト・動画を見た方がいいかもしれません。

おはようございます

早速のコメントありがとうございます

やっぱり、動画もう一度見たいと思います

仕訳の問題ですが、総合問題でも今後出る可能性もあるし、きちんと覚えておきたいと思います

ありがとうございます

利益処分についてあげておきました

ありがとうございます

また、夜帰宅しましたら確認させて頂ければと思います

ビーカー、画期的に感動したのですが、間違えて覚えてしまったようで申し訳ありません

このままだと答練の消化だけで本番迎えてしまいそうなので気合いで過去問もと思います


一応答練予習の際に関連過去問を解いているのですが
正直平日は解き直しでいっぱいいっぱいです


が、言い訳はダメなので今日も仕事終わったので気合いです


ありがとうございます

こんばんは

今日解いた問題を踏まえて
答練の受け方をご相談させて頂ければと思います

まだ帰宅していないので、12時過ぎあたりに書かせて頂ければと思います

遅い時間なので返信は、明日以降先生のお手すきの際にお願いできればと思います

こんばんは。

結果等、アップさせていただきました。
いつもこんなに良くしていただいているのに、結果が出せず申し訳ございません。

ビーカーアップいただきありがとうございます。

自分が疑問に思っている部分と見比べてみようと思います。

ご相談させていただいた答練、解き直しが正直きついです。
解けてる人、例えば仕訳1問以外全部取って96点とかの人なら、1問だけ覚えればいいのできつくはないと思います。

平日に、ほぼ解き直し、かつ復習かつ、さらに課題の解き直し、正直きついです。時間もきついし、平日の時間の全てを解き直しにかけても結果は伴わないので、いろいろきついです。。。

なので、相談させていただいたとおり、いっそ答練は今週でまとめて受けてずばっと答練と縁切りして、過去問へと考えが変りました。

私は本当に恵まれていると思います。

こうして先生と出会えたこと、すぐにいろいろ質問できる環境にいること、本当に簿記の神様に感謝すべきことです。


なのに、それを生かしきれていない。
時間もただの実家暮らしのOLだから、結婚している方とは違って子育てとか人のために使う時間がない分有利なはずなのに、なんでと思います。

恵まれた環境を生かせない、これが一番残念です。

見づらい部分がありましたら仰っていただければと思います。

プリンターにスキャナーがついていたので、試したら容量が大きくなるだけで携帯の方が優秀でした。

解答解説を見て、どう感じますか?

2級は全く歯が立たないレベルだと思いますか?

それとも解答を見ると「あぁコレでいいのかぁ、解ける問題だったなぁ」って箇所があったりしますか?

第4問は費目別計算の総復習に使える良問なので、手を加えてあげておきました。

解説を見て、普通に問題集を二回回してる人なら時間余る問題だと思います

4問目ありがとうございます

帰宅したら拝見させて頂ければと思います

4問目賃率差異も「実際ないのに差異もなにも」とわからなかったので、ゆっくり見たいと思います

もし、私が簿記の先生で私みたいな状態の生徒がいたら、
どうアドバイスするか考えてみました

持てる全てを簿記に費やしたけど、実際は土曜日も親戚が来るから半日おもてなしで夜までお手伝いで終わったし3級より時間取れてません

1日中全部自由に使えたらと思うけど、現実は違うので考えたところでいいことはありません

私の勉強不足です

ない中で何とかと答練も答練としてだと時間も労力もかかるけど、問題演習としてなら時間も労力も半分になるのではと思いました


こんばんは

今日は自習室ではなく、家勉にしようと思います。
(頭が痛くて頭痛薬が効かないので。)

先生、いつも本当にありがとうございます。

今日、建設2級、申し込みました!

ちゃんとネットでできました。

証明写真は昼休みに会社近くで撮りました。
800円でした。

受験料は7,000近くで、コンビニ支払いでできました。

◆費目別計算仕訳

1.内部材料副費は予定配賦しかないと教わった気がします。
そうなると、内部材料副費は常に計上した場合は貸方のみと
覚えてしまって宜しいでしょうか

2.賃率差異の話は、私は当月要支払額のみボックスで出して
ボックスのみで見ていたため、貸借一致=差異なんてないし、
実際もないのに差異なんてでるわけないと思っていました。

でも、先生の問題文と実際の問題文を比較すると、
予定配賦してたんだ、差異あったんだと。

ただ、もう一度このような感じが出てこの発想に行けるかは
自信がないです。変な話ですが、目の付け所として覚えるべき
ところがありましたら、ご教示いただければと思います。


費目別、普通に基礎のは「何でも仕掛品か製造間接品どっちかにいれて、減ったら
減らすだけの問題なのに、何過去問に載ってるの?」と舐めてました。
実際解いてみて苦手なのがすごくわかりました。

苦手な原因は、外注に出したら、戻ってきたら製品になってると考えるの?
それとも仕掛品扱い? 材料副費、貸借どっち? 材料に入れるの? こういうのが
曖昧で即答できず、いつも適当に切っていたからでした。

前回の解き直しも目で覚えてしまったので、今回解けずでした。

◆組別

1.ボックスでもワークシートでもどっちでもいい問題だったのでしょうか
見直しもワークシートで私は解いてみました

2.できなかった理由は、生産データ自体間違っていたからでした。
減損=完成品のみ負担ここまではよかったのですが、
残念ながら加工品にも減損がそのまま発生して負担するとは行き着かず

ここで生産データが合っていて、計算ミスもなければ大丈夫だったかもしれません。

減損について、まだ固まってなかったのがわかりました。

また見直してわかったのですが、どうしても思った以上に電卓ミスや書き間違いが多すぎます。
自分で口に出してる最中から違った数字を打ったり、書いています。
気をつけるしかないので、一々目で確認しようと思います。


工業簿記って1つ間違えると雪崩のように崩れるなと、初期に思ったことを
また思い出しました。

(1)
(材料)2,880,000 (現金)2,800,000
         (内部材料副費)80,000

(2)
(仕掛品)1,440,000 (材料)1,800,000
(製造間接費)360,000

(3)
(仕掛品)1,710,000  (賃金・手当)1,900,000
(製造間接費)190,000

(4)
月末
(賃金・手当)627,500 (未払賃金手当)627,500

これを再振替として逆仕訳
(未払賃金手当)627,500 (賃金・手当)627,500

(5)
(賃金手当)1,870,000 (現金)1,870,000

(6)
(賃金手当)665,000 (未払賃金手当)665,000

(7)
(賃率差異)7,500 (賃金手当)7,500

(8)
(仕掛品)500,000 (材料)500,000

材料がものになるから

(9)
(仕掛品)100,000 (未払金)100,000

代金支払ってなくて、製品前のものが納品されたから


こんな感じで大丈夫でしょうか。

5問目の配賦が間違ったのは、減損換算の間違いからでした。
先生の仰るとおりです。


先生って魔法使いみたいにすごいなと思います。

すみませんが今日、ちょっと調子悪いので早めに休ませていただきます。
おやすみなさい。

●材料副費
材料副費には『外部副費』『内部副費』があります。
仕入れたモノが工場に来るまでに掛かるのが外部副費、工場に来てから消費までに掛かるのが内部副費です。
イメージ
外部副費は、引取費用(運賃等)
内部副費は、保管費

例えば材料を保管する倉庫を月1,000円で借りてるとします。
(借)保管費1,000(貸)現金1,000

材料10,000を仕入れた
(借)材料10,000(貸)買掛10,000

もし材料を月に1回しか仕入れないなら保管費を材料に振り替えればいいです。
(借)材料1,000(貸)保管費1,000


でも月に何回も仕入れる場合は困ります。

4/1 保管費支払い
(借)保管費1,000(貸)現金1,000
4/10 10,000仕入れ
(借)材料10,000(貸)買掛10,000
4/10 振替
(借)材料1,000(貸)保管費1,000
4/15 材料全部消費
(借)仕掛11,000(貸)材料11,000
4/20 10,000仕入れ
(借)材料10,000(貸)買掛10,000

このようになると、最初に仕入れた材料には内部副費が加算されるのに対し、後から仕入れた材料には加算されないことになっちゃいます。

月の保管費ですから月に仕入れる材料全体に加算すべきですよね。
方法は2つあります。

方法1
4/1
(借)保管費1,000(貸)現金1,000
4/10
(借)材料10,000(貸)買掛10,000
(4/15消費してるけど仕訳しない)
4/20
(借)材料10,000(貸)買掛10,000
4/30 保管費振替
(借)材料1,000(貸)保管費1,000
これで当月材料は21,000、4/15消費分を仕訳
(借)仕掛10,500(貸)材料10,500

この方法だと月末まで仕掛品が計算できません。月中に完成したとしても製品どころか仕掛品の仕訳させ出来ないんです。

そこで予定を用います
方法2
4/1 保管費(ここは実際)
(借)内部副費1,000(貸)現金1,000
4/10 10,000仕入れ、副費(予定)600を加算する。
(借)材料10,600(貸)買掛10,000副費600
4/15 消費
(借)仕掛10,600(貸)材料10,600
4/20 10,000仕入れ、副費(予定)600を加算。
(借)材料10,600(貸)買掛10,000副費600
4/30 副費の実際1,000と予定1,200の差異把握
(借)副費200(貸)副費差異200

理解できない場合は暗記しちゃいましょう。

オマケ
内部副費を材料に加算しないで、全額を間接経費にしちゃう事もあります。

●賃金
問題文に『予定就業時間』とか『予定賃金』って言葉があれば予定賃率を計算して、予定賃率×実際時間で予定額を計算する感じでしょうか。
多くの場合は問題文に「消費額は予定賃率で計算する」ってあると思うけど、前回問題は不親切なイジワル問題ですね。

実務ではhinataさんが最初に計算したようにすると、月末まで仕掛品の仕訳が切れなくなり計算が遅くなります。
そこで予定賃率を使うんです。
タイムカード等で作業時間を見て、毎日(借)仕掛・間接(貸)賃金、の仕訳が切れます。
(簿記の問題だと月間の作業時間に予定賃率を掛けてますけど)

●外注加工
例えば、木材にペンキを塗ってカラーボードを作るとします。
パターン①
木材(材料)を出庫して→ペンキ(材料)を塗って→断面にヤスリをかけて(加工)→完成。
パターン②
木材(材料)を外注に出し→ペンキを塗ってもらって代金を支払い(外注加工費)→自分で断面にヤスリ(加工)→完成。

加工作業の一部を外部に委託するのが外注加工です。

自分でやるとペンキ代や賃金が掛かる、外注に出すとペンキ代等は掛からないで外注費が掛かる。

●総合原価計算
総合原価計算はBOXでもワークシートでもいいです。
(仕損減損がある場合のワークシートは習っていますか?)

●仕訳の(1)の数字が間違っちゃってますね。

早速のコメントありがとうございます。
仕訳見直したいと思います。

実はワークシートは習ってません。先生に教わったり、クラウド簿記でもちらっと見たり、ブログ画像でみたり程度です。
ただ、検索するとどこも2級はワークシートは教えず、大手だと大原の1級で教えるくらいだと知恵袋で見ました。

~計算表と問題集とかにでるのがワークシートだとも知恵袋にありました。

減損関係はボックスしか問題集ではみていません。
ボックスも問題集と微妙に書き方が私は違うかもしれません。
減損と完成品に横線を引くとなんかイメージがわからなくなってしまうので、
例えば完成800 減損30で完成品負担のみだと、完成品の部分に830と書いて減損があるという意味で横に△をつけます。


そんな感じのボックスでやっています。
ワークシートも確か別にするとわからなくなるので、こみこみで830で自分は書いた気がします。


副費の間接込みパターンはその場合は問題に指示はありますよね。月末まで待てないから予定は、最初のころ先生に教わりましたよね。

外注は会社で外注(業種は違うけど)使うのでなんとなくイメージはわかりました。製品は『当社のみ』で覚えようと思います。(外注はあくまで仕掛品まで)


いただいたコメントは後ほど、印刷して見比べたいと思います。
とりあえず、今日の過去問解いてきます。
とりあえず経過報告アップさせていただきました。
がんばります。

ワークシート解法をあげておきました。

ワークシートを、テキストのBOX解法の説明手順と比較してみてください。

BOX解法の計算手順が自然に行われているのがワークシート解法です。

おはようございます。
仕訳、
(材料)1,720,000(現金)1,800,000 
         (内部材料副費)80,000

桁間違いでした。

◆剰余金

→普段私が問題集で見ている問題に似たものを3つほど
あげさせていただきました。

私はいつも、残高→4分の1や10分の1の参考にしか使わない

次のように決定の次の文→未払配当金は仕訳で使う。
資本準備金、利益準備金等→未払配当金になるもの以外はビーカーに
入れて容量確保。

の考えで解いてきました。
答練2回目で『別途積立金』が「次のように決定の次の文」に出てきたので
いつも通り処理したのですが、たまたま合っていただけで「これでよかったのだろうか
。別途積立金とかどう処理するのが正しかったんだろう。ビーカーの容量確保に
定員として入る科目の認識もこれでいいんだろうか」と思い質問に至りました。


すみません、もしかしたら、日本語上手くなくて言いたいことが伝わらないかも
しれません。

◆減損あるパターンワークシート

差し支えなければお時間のある際にアップいただければと思います。

◆昨日過去問の厳選問題ページを136ページまで解いてみて

→6題なのですが、結構時間かかりました。
費目別がどうも苦手です。
あと単純個別の指図書別原価表を作った上で月別に答える問題とか、
前月分を仕掛に入れ、当月の中には仕掛が入ってダブっているから控除とか
忘れていました。

TACの過去問は勘定連絡図を問題ごとになるべく載せてくれるので
疑問に思ったところは確認しています。
ただ、単価は省略されたりしています(月末仕掛を算出する際の単価)。

切実な問題ですが、本当に電卓ミス、書き間違い多すぎます。
書き間違いは4分の1くらいが字が汚いのも原因かと思うのでそこは気をつけられる
管理可能差異?的名なものですが、
電卓ミスと残り4分の3は不可能差異に近いです。

どうして、こんなの打ってるの?という数字を打っていて、単価が割り切れず
おかしいおかしいで、解答を見て同じく打ってるはずなのにと何度も打って
しばらくしたら、やっと同じ解答にの繰り返しでした。

この電卓ミスがここ最近本当に酷いです。
本人正しく打ってるつもりで、確認してるつもりでも、結局は違う数字
打ち込んでるのです。

変な質問ですが、電卓ミス、どうすればなくせるでしょうか。
過程は合ってるのに、電卓ミスさえなければサクサク進むし、合ってるはずなのに
が多すぎます。

昨日は工業だけで終わってしまったので、今日は昨日間違えた部分と
今日の仕訳と昨日の仕訳が予定です。

工業は日曜いっぱいで一回転する予定を立ててあります。

ワークシート、大量にありがとうございます!

今、印刷させていただきましたので、確認させていただきたいと思います。

ありがとうございます。

すみません、仕訳間違えていました。


(材料)1,800,000(現金)1,720,000
         (内部材料副費)80,000

貸借一致さえしていませんんでした。。。

あと、工業は今日の分は
137ページから166ページまでです。
解答も入ってのページ数なので問題数にすると6題です。
昨日の分はきっちり回収したいと思います。

結局は

生産データ

ワークシートまたはボックス

場合により原価表

だけで工業は解けるんじゃと思いました。
後はどう使いこなすかなのかなと。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 電卓音との戦い | トップページ | 自習室寒かったけど、バッグの中には作業着のみ、どうする!? »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

バナー

リスト