« フラジャイル | トップページ | バッグの中で電卓がまさかの進化 »

2016年5月22日 (日)

退路を断つ

2級講座を申し込んでから、ずっと意識していたこと。


9月の建設をどうしても、合格して、12月退職の方に報告したいから、それだけはどうしても合格したいから、日商も受けからには、受かるために通学し、受かるために全てを行動しなければと。



ただ、行動が伴っていなかったりも。



退路を断つ


ために、ボーナス査定の時期、偉いおじさんに口止めをしたうえで
2017年度の(2018年3月分まで)建設で1級原価計算合格を目標に勉強を考えていることを宣言し(ボーナス査定だというのもあり、勢いに乗りとうとう、会社の人に口止めの上だけど宣言。なんで財務諸表とかじゃないかというと財務諸表は日商で苦手だから)、


さらに、鏡を見るたびに日商合格を意識するために、
肩下何センチだったか忘れたけど、長い髪を通っているところではなく、簿記学校のある町の美容院(初めて)で「ばっさりいってください」と切ってもらった。



美容師さんも「いいんですか? 本当にいいんですか? 初めての美容院で」と言ってたけど、「信頼していますので、いってください」と言うと、張り切ってきってくれた。



普通のアイロンで巻けないくらいの長さになったら、もう快適すぎて、男性は毎日こんなに快適なんだろうなと世界が変った。


一応会社行くときはアイロン使って内巻きセットはするけど。




もう、こんな短いの子供の頃以来。



この髪型、


鏡を見るたびに


日商受かれば「あー、いい思い出だな」になるけど、
落ちたら、臥薪嘗胆じゃないけど、「次こそはリベンジだ」という戒めになるという諸刃の剣。




毎日鏡見るたびに、「受からねば」と意識。



【結構髪の量多いので】
髪は扇を広げたるようにゆらゆらとして、じゃないけれど、そんな感じから切ったので、快適すぎ。

ドライヤーが今まで20分くらいかかってたけど、すぐ乾くし。


« フラジャイル | トップページ | バッグの中で電卓がまさかの進化 »

簿記 勉強」カテゴリの記事

コメント

過去問を解くときは、同じ範囲のテキスト例題と見比べるといいと思います。

過去問レベルでも基本レベルでも解き方は同じなんだって事を確認できます。


電卓が壊れている可能性は無いですか?
接触不良で、5を押したのに8が反応したり、2を押したのに3になったり。

過去問解くとき、アドバイス通り簿記の教科書と比較してみたいと思います

電卓大切に袋みたいなのに入れて移動してるのですが、勝手に税率おかしくなったり思ったより押されてるのかもしれません

試験のために会社支給のカシオだけどおしゃれ重視タイプは貯蔵品扱いにして簿記勉用のシャープ電卓自費で買って会社でも使ってるので、同じ機種を2台買った計算になります

壊れた可能性は考えてなかったのですが、あるかもしれません

できる限り移動しないように考えたいと思います


ありがとうございます
シャープ慣れてるので、できればまた買うとしたらシャープを考えていますが、簿記関係は何故かカシオ押しですよね

同じ機種の電卓を会社で叩いたら
やっぱり自宅と学校兼用の電卓が壊れてるか不調の可能性が極めて高いです

しばらく、家族共用電卓かネットで電卓買いたいと思います


電卓って壊れないと安心していたのでびっくりです
ありがとうございます

今、先入減損なしを作ったのですが、差の83,700は定数計算で出して問題ないでしょうか


ボックスは、先入は定数だめ、差額で出すのが正式と教わりました

もし、定数大丈夫なら便利だなと

生産データ、ワークシート共に
今までの私のやり方だと完成数量12,600なのですが、わけるやり方に直した法がいいですよね?

金額の計算方法は自由です。

ただ、金額は上から順番に埋めるようにしてください。

また、減損仕損と完成品は分けるようにしてください。

今のところ過去問では、減損に価格無しパターンしか解いていないのですが、呪文に数字を当てはめるだけなのですごく便利です!!

あとは、この呪文をすらすら出せるかです。

減損パターンの『差』ってなんなんだろうと、思ったのですが、
差異分析の図と同じで何も考えずそういうものだと思って解いた方がいいですよね?

電卓、使っていたのは検定落ち着いたら修理にだすことにしました。
自宅用は家族共有のをしばらく使って、学校行くとき用はまた別に買うことにしました。

初めての簿記から一緒に解いてきた戦友なので、修理にだしたら元気に戻ってきてほしいです。

『差引』とか『差額』って意味です。
あるいは引き算の答えって意味の『差』です。

おはようございます

すみません、差額とかの差は数字で見当をつけたのですが、ボックスだと差額の概念がないというか目新しいので「なんで差を二ヶ所とか入れるのかな」と単純に思っただけでした


そういう作りなのでしょうし、何でと思うこと自体変なのですが

呪文の説明力作を朝からありがとうございました

いつもいろいろご指導いただきありがとうございます

私、先生に合格を報告するために考えられる手段を全てつくします

逃したら、11月

また電話や答練に怯える日々は避けたいです

ワークシートを用いる場合の心構えを抜粋して、あげておきました。

もし細かな事が気になるならワークシートは使わない方がいいでしょう。

ワークシートは日本の会計基準をまとめあげた学者さんの叡智です。
それに抗おうとするのは愚かなことです。

ありがとうございます

帰宅したら拝見させて頂ければと思います
ワークシートの方が解きやすい問題があるので、ワークシートの方が解きやすい問題は率先してワークシートを利用したいと思います

前にご紹介いただいた文章がありました!

ワークシート原価計算で検索したら、2001年に日商うける方々の
掲示板がでました

2001年なんて昔から、ワークシートとかボックスとかあったんだなというのと
回数が2001年だと2桁なんだなと

変なところで感心しました

1.2問目は考えなきゃだめだけど、3-5問目は考えず機械的に処理したほうが
解けるんじゃないかと最近思います

2問目は一番頭を使う気がします
簿記の基礎を問われるというか


考えると変にはまってしまうので、なので、再分析も
「当初全部出す方式をシュラッターでやってから、どうしても必要ないところを出して予算差異にする癖がぬけないので、先生の方式でやろう」と思った次第です

すみません、今更ですが、総差異の出し方ご教示いただければと思います

昨日解いた問題で各差異を出して総差異も出す問題、
私、総差異出すのに、各差異足して出しました

「本当はどう出すのがいいのかな」と思い、本を調べたのですが、ちょっと欲しい答えが見つかりませんでした
お手すきの際宜しくお願い致します

材料費と労務費については、分析図の左下の四角(標準単価×標準数量)から、全体の四角(実際単価×実際数量)を引いたものが『材料費差異』『労務費差異』です。

間接費については、私の分析図ですと、一番左の2つの金額から一番右の2つの金額(実際間接費)を引いた金額が『製造間接費差異』です。

シュラッターの場合は、『配賦率×ひ』から実際間接費を引いた金額です。

早速ありがとうございます

昨日の問題見直してみたいと思います

すみません、2つ質問宜しいでしょうか。(アップさせていただきました)
週明けでも問題ありませんので、お手すきの際お願いできればと思います。

1つは等級別の問題の中で減損の出てくる先入パターン、ワークシートの書き方が自分のに自信がなく、お手数ですがこの問題の数字で見本を頂戴できればと思います。

2つめは、もしかしたら前にお見せした問題かもしれませんが、
「CVP」で「貢献利益率が変化するタイミングになるキーワード」のようなものをご教示いただければと思います。

販売価格の単価が変れば貢献利益率も変るという認識で問題ないでしょうか。

今回の問題、貢献利益率を変えず、不正解でした。

宜しくお願い致します。

●ワークシート
ワークシートは、ある数にある数を加算(又は減算)し、その答えにある数を加算(又は減算)し、その答えに....というイメージです。
ですから、2行づつに分けて書いた方が間違えないかもしれません。

記入例をあげておきました。

2行づつ書けば間違えにも気づきやすいです。
(今回のhinataさんの例ですと、数量の部分で6,200-600=1,600?って間違えに気づけます)

●CVP
貢献利益=売上-変動費

ですから、販売単価か変動費単価が変われば貢献利益率も変わります。

早速のコメントありがとうございます。

2行ずつの意味が当初わからず、今、見直したら2行ずつ分けて書くといいよということなのかとやっとわかりました!


わけすぎていたようです。

差の1,600はミスですね。失礼しました。
いただいた資料を見てもう1回解きなおしさせていただければと思います。

販売単価か変動費単価が変われば貢献利益率も変わるで覚えたいと思います。

たまに出ると忘れてしまっていたので、ありがとうございました。

こんばんは。
まだ目標途中なのですが、確認、質問させていただきたいことばかりになってしまったため、
一旦アップさせていただきました。


開いていただくだけでも、びっくりの量で本当に申し訳ございません。
次週お手すきの際お願いできればと思います。

◆35について

部門別でずっと疑問だったことなのですが、問題集だと丸で囲った部分、
修繕部費と倉庫部費に必ず数字を入れてきました。
今回78,000と64,000が問題集だと入ったはずなのですが、過去問だと空白。
これは、「製造部門費」と一番下の欄が書いてあるからなのでしょうか。

また、問題集形式で数字を入れる場合と今回のように空白で提出する場合、
見分け方をお願いできればと思います。
(これだけで失点は嫌なので)


あと、この問題の問2ムズカシイです。
何かポイントがあればお願いいたします。

◆36について


手が出せなかったです。

地道に勘定連絡で出すしかないのでしょうか。


◆37について

地道にボックスしかないのでしょうか。

地道にボックス、連絡図が必要な問題があるならこれらも早く処理を心がけなければと思います。

◆37の組別について

メモ1のように解きましたが、どんなメモでワークシートで解いたらよかったのでしょうか。


メモ2のほうがいいのか、それとも他にあるのか気になります。


お忙しい中毎回お時間いただき、申し訳ございませんが宜しくお願い致します。

134回の5問目難しいです

直接のPLは、CVPで慣れたのですが全部のPLはぜんちょくまっしゅ頼みで期末も期首もないと
ぜんちょくまっしゅ意味ないと

ただ、説明で期末期首ない場合はどちらも営業利益は変わりないとあるのでそこは覚えました

過去問で何度もこの手は、固定製造間接費の扱いが違います
全部だと製品の原価にしますが、直接だと当期費用ですよと何度も説明がでます

あまりわからず直接だとPLへ飛び、全部だと仕掛品へ飛ぶということだけ今日わかりました

これはやばいので、何とかしたいのですがどこをどう復習したものか困りました

とりあえず明日簿記の教科書で全部と直接のところを読み直します

もし、ここも読み直すといいよという項目がありましたら、ぜひお願いいたします

とりあえず簡単にまとめます。

●部門別
数字は入れておけば間違いないです。
問2は、チョット前に質問を受けた答練?の部門別と比べてみましょう。同じような問題に見えて、全く別の主旨の問題だったと思います。(記憶が曖昧なので、もしかしたら同じ主旨の問題かも)

●直接と全部
地道に解くしか方法は無いです。

●財務諸表
こちらも地道に解きます。
製造原価報告書には書き方(形式)が2種類あることも確認しておきましょう。

●ワークシート
各組ごとにワークシート作成がいいです。


また後で書きます。

固定費調整について書かれている記事です。
ブログ内容は1級以上でムズいので、記事の最後の暗記テクだけ見ておきましょう。

http://rgb255.blog37.fc2.com/blog-entry-112.html

ゆるぼきさんのこちらのページは知りませんでした
うさぎさん、なんかいいです!

最後の暗記テクの絵はもう忘れません

かなり衝撃的です

ありがとうございます!


すみません、部門別、簿記の教科書の例題だとやっぱり数字入っていて
入ると一番下の部門費も数字がずれます

例)
教科書例題

部門個別費15,800
部門共通費
建物減価償却費8,000
電力料5,000

部門費28,800

みたいなのが、過去問だとイメージ的に

部門個別費15,800
部門共通費
建物減価償却費 空白
電力料 空白

部門費 部門別個別費というか一番上の数字がこのまま下りてきて
この場合だと 15,800

みたいに数字に関係するので、混乱しています

なので、摘要になにか理由というか見分け方があるのかなと思い質問に至りました


●直接と全部
地道に解くしか方法は無いです。
●財務諸表
こちらも地道に解きます。
製造原価報告書には書き方(形式)が2種類あることも確認しておきましょう。
●ワークシート
各組ごとにワークシート作成がいいです。
→承知いたしました。
TACの過去問でやっと勘定連絡図のイメージがついてきました。
買ってよかった買い物です。

早速のコメントありがとうございます。

いつも問題とか計算メモまで見ていただいてありがとうございます。

先生みたいに丁寧に簿記見ていただいたの初めてです。
本当にいつもありがとうございます。

部門別についてあげました

こんにちは

部門別ありがとうございます

帰宅したら拝見させて頂ければと思います

ありがとうございました

●製造原価計算書・仕掛品勘定
このような問題は、私の場合は1つの項目のみに集中して解くようにします。
1材料の資料のみを見て材料部分を埋める
2労務費の資料のみを見て労務費部分を埋める
3経費の資料のみを見て経費部分を埋める
って感じです。

で、仕掛品勘定を手掛けるときに、また材料から順番を考えていきます。
(解き方としては二度手間になってます。私はおバカなので本番で冷静な判断をして効率的に解くことは出来ないだろうから、たとえ二度手間になっても普段から部分的に解くようにしています)

こんばんは。
きれいにまとめていただき、ありがとうございます。


すみません、いただいた資料で私、とんでもない勘違いをしていたことに気が付きました。

直接配賦=補助部門を直でそのまま製造部門(切削とか)に分け分け


相互配賦=補助部門も自分以外のところを相互に分け分け
(倉庫と事務があったら、事務のお金は製造部門と倉庫へ分け分け、
倉庫のお金は製造部門と事務へ分け分け)

→これが一次配賦

一次配賦したものを今度は、直でそのまま製造部門へ分け分け

→これが二次配賦

……こう思ってずっと解いていました。

つまり、直接配賦は一回しか分けてないと思っていました。

……今回のと前回のとの違いは順番の違いというか見せ方の違いがあったというのは、いただいた文章でわかりました。
あと、金額云々は二重線か否かでわかれているかもしれないとのこと、ありがとうございます。

内部資料的なものには配点は来ない、は、前に先生に教わりましたので、とりあえず、配点の来る金額計算だけしっかりできるようにしたいと思います。

今日の課題を消化しつつ、確認させていただければと思います。


日曜の夜中に、ありがとうございました。

1つの項目集中ですね。承知いたしました。
二度手間でも何でも私は確実に解ければそれがいいので、ありがとうございます。

私、真面目に先生がDVDの先生か教室の先生ならいいのに、とたまに思います。

私にとってはカリスマ講師だし、リアルの生徒さんが羨ましい限りです。


私、本当に先生には感謝してます。先生がいなかったら、3級もまさかの2浪だったかもしれません……。ヨックモックの一番高いギフト(9,000超え)をお礼に差し上げたいくらい感謝しています。
(誰でも喜ぶお菓子ってヨックモックくらいしか浮かびませんでした)

ありがとうございます。

直接の問題を解いた過程をあげました。

※ 解答解説と全然違う解き方だと思うので、参考程度に

2ヶ月前の覚えたては覚えていたのに、今は忘れてしまったことが
あると知って今、びっくりしました。

換算量についてなのですが、今の換算に対する認識
=加工費や、労務費、経費は換算を使う

だけだったのですが、
そもそもは『完成品換算量』だったのですね。

思いっきり忘れていました。
いただいた直接原価計算の資料で思い出しました。

ありがとうございます。

部門別は、○次集計と○次配賦を同じく考えていたようです。
今まで見てきた問題は殆ど一次集計が終わりました、この状態です、
ここから二次集計しましょうの状態でメインが二次集計終わり、
だったのですね。

三次集計は、仕訳で一度くらい見たことがある程度で
今まで問題ではなかった気がします。

三次集計の文字自体教科書でみたことがなく、
当初、先生が2ヶ月くらい前にくださった資料も
「三次集計ってあるけど、きっと1級の範囲なんだろうな」と
勘違いしていたくらいでした。

勘違いと記憶の忘却って恐ろしいなと今、思いました。
部門別、○次配賦の文字は簿記の教科書にあるのですが、
○次集計とかの集計の文字が良く見たらないので、
ちょっと他も見直したいと思います。
二週間切ったのに、「そうだったんだ」があって、
びっくりです。ありがとうございました。

こんばんは。
今日、どうしても仕訳したくて仕事中、上司が来客中に
http://boki2.kiox.jp/
これやってみました。

ただ、旧範囲も入ってたり、バグがあったりで、バグって見れないのが不正解でも、親切にまた出してくれる感じでした。
旧範囲の仕訳も正解しないと進めないので、余計な仕訳2つくらい覚えてしまいました……すみません、

困ったことに本当の基礎の仕訳で納得いかないのにでくわしました。


問題:当社は当期純利益80円を計上した。
なお、繰越利益剰余金には借方残高が60円ある。

といった問題だったと思います。

アップさせていただいたのですが、イメージがまず???で
なお書きがなければ正解は覚えているのですが、
なお書き含め、正解が

借方 損益 80 貸方 繰越利益剰余金 80となっていて、

なぜ、80なんだ? なお書きの60と相殺じゃないのかと、
今の時点でこれになぜってほんとやばいと困りました。


すみません、なんで、なお書きの借方残高はスルーされているのかご教示いただければと思います……。
試験には100パーでないと思いますが、気になります……。

今、思いました、

問題文、もしかして、相殺後で80を計上の意味だったのでしょうか。
……やっぱりよくわかりません。

BSにもともと剰余金が△60あります。
で、利益が80出ました。

普通に純資産振替をするだけです。
(借)損益80(貸)剰余金80

そーするとBSの剰余金は20になります。

●部門別
第3次集計は何度も出てきています。
仕訳問題が無いから気付いていないだけです。
さらに解説をあげておきました。

いただいた解説で、部門別を思い切り勘違いして覚えていたっぽいことに気が付きました。
(よくこの状態で問題解いてたなと)


テキストも先生みたいに説明してくれたら、いいのにと。

具体的に数字を出していただいたので、助かりました。
丁寧にありがとうございます!

仕訳→すみません、根本的なことなのですが、仕訳の問題だから、仕訳として80なんだという認識で問題ないでしょうか。

求められているのは仕訳だったんだと、今更ながら気が付きました。

問題が「利益80を計上した」だから、仕訳するだけですね。
「剰余金のBS価額は?」なら20が解答です。

そうですよね

そこを勘違いしてました
ありがとうございます

もやもやがおかげでなくなりました(^-^)/

ここまで部門別を理解している受験者はいないです。
1級受験者合格者でさえ何となく解いてるだけです。
(私は解き方を暗記してただけでした)

ただ、今回の2級は部門別が臭いので解説しました。(建設でも重要論点みたいだし)

建設まで考慮していただきありがとうございます

過去問で前に質問させていただいた決算三勘定が比較問題としてありました

同じ条件で精算表
決算三勘定
BSPL
と作る過去問ではなく練習問題的なものです

同じ条件なので決算整理仕訳は同じで後は、どうどこに記入するかなのですが
BSPLに苦手意識を持ってしまうのは
余計な作業がひと手間あるからかもしれないと今日思いました

表示の注意事項とか
やたら空欄を埋めなきゃいけないとか
(売上総利益とか営業利益とか)
精算表は埋めていけばいいというかお膳立てしてくれるけど、BSPLは自発的に動くことばかりだなと

3級では、「BSPLがきたら、仕訳は優しめに設定される」と習ったので
BSPL来い!だったのですが


2級でもBSPLだと仕訳は優しいよとかあればいいのにと

ちなみに決算三勘定は
損益勘定
繰越利益剰余金勘定
繰越試算表のことみたいです

こんばんは!
今、固定費調整気が付きました!

丁寧にありがとうございます!
ゆっくり拝見させていただければと思います。

一週間前の試験、できなかったらとちょっと思いますが、そこから6日間を無駄にしないで頑張りたいと思います。

もしも、本番、とても難しくて70点以下になってしまったとしても、9月の建設がんばって、11月の試験ではがっつり取れるようにがんばろうと思います。

いただいた問題と解答見直しました。

ワークシートすごい!!

せっかく教わったワークシート、書き方等完璧にマスターしないと。
12日の午前中までに。


いろんな出し方でも解けるように…ならないと。

テキストや参考書はどんな風に書いてあったかよく覚えていないのですが、覚えている部分はどの参考書も直接は公のものではないので、全部に書き直す必要がある、それで固定費調整を行う、くらいで特にこう解きましょうといったものはなかったような…あっても、なんかとっつきにくいものだったのだと思います。

ただ、今回いただいたものはきちんと時間が経ってもできるようにしたいと思います。

ありがとうございます!
ちょっと今日は早めに寝て、また早めに起きようと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フラジャイル | トップページ | バッグの中で電卓がまさかの進化 »

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト