« 合格のための小麦粉断ち | トップページ | 不合格体験記を書く気力も残ってない »

2016年6月24日 (金)

簿記学校の先生は孔明並にすごい

三国志好きな簿記ブロガーの皆さん、こんばんは。


あれ覚えていますか?

孔明が趙雲に渡した3つの袋の話です。

あれ読んだとき、羅貫中さん、頑張りすぎと思ってしまいました。
孔明さんはもうFBI超能力捜査官以上の能力者だなと。

がんばるんだとぎっちり詰め込んだスケジュールは、「もっと休んだほうが」と冷静なコメントを簿記学校の先生からいただき、いろいろ思っていたのですが、結構無理のあった予定であったことが徐々に判明し、先生の言ったとおりになってきました。

簿記学校の先生って、孔明並にすごいなと改めて思った次第。

【久しぶりの学校に】
なんか緊張している状態なので、ぎっちりスケジュールはゆるめに改定したいと思います。
手帳問題はほぼ日手帳の7月~3月のちょっといいなと思ったけど、高いし、やっぱり今のを活用できるよう考えようと思いました。

« 合格のための小麦粉断ち | トップページ | 不合格体験記を書く気力も残ってない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 合格のための小麦粉断ち | トップページ | 不合格体験記を書く気力も残ってない »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト