« できることなら、144回は143回と同じ難易度にして欲しい | トップページ | 何が問題なのか »

2016年6月25日 (土)

気持ちを整理するために

なぜ、こんなに気持ちがもやもやするのか、自分でも「これだ」という理由が

自分ともう一人以外受験地の会場の縦列不合格がいなくて、他同じ列は全員合格だったのに、自分は合格できず、
合格できないのは自己採点でわかっていたから、早速再受講手続きしたくらいだから、そこはショックだけど、そこまでのショックではない。
じゃあ、何が問題かっていうと
自己採点より下回った点数だったということ。



この1点に尽きる。



試験後、学校の先生に50点は取れたとか言って実は46点だった。






第一問で何点とか無かったし、配点でのズレはあるかもしれないけど、結果的に私は先生に嘘をついたことになる。



それだけではなく、真面目に採点した結果、本当は「あれ、60ぎりぎり取れてるかも」だったので……だから、余計ショックが大きい。



自分でも例えば問題用紙から数字拾うときに既に違う数字を書いていた間違いが1箇所あったのは知ってる。



例えば800という数字を写さなきゃいけないとして、それを830として写してから計算しはじめてしまったとか。
なんかすごく自己採点と違うのがもやもやして、
また、簿記学校の夢を見てしまった。





私、基本的に学校の先生とは質問と挨拶以外話すのなんか苦手で、解答速報? 後も先生の後には行列が並ぶわけです。



今後の相談とか「できたよ」「できなかったよ」の報告とか。



私はそんな列に並ぶことなく、「先生の前に列が! 聞かれなくて帰れるチャンス!!」と考える方で。

でもね、自己採点、で不合格が決まってるのはやはり何も感じないわけではないんです。



でね、いろいろ自己分析をしましたよ。



6月12日から、17日まで。




毎日、毎日。



何がいけなかったか、どうすればよかったか、


これから何ができるか。




もうね、味のしなくなったやわらかくなったガムを噛みつづけるようなしつこさで考えまくりました。





この後9月に建設業経理士2級もあるし、日商は143回で経験したし、といろいろ考えました。




つい最近まで工簿、商業の2本で「無理」と言ってた人が、
工簿、商業、建設と3本やろうっていうので不安に思うのは当然です。




まして、日商合格点取れないのが確定した時点ですから。





日商3級再受験は0:30就寝4:00とか、4:30でやれたしともうギッシギッシのスケジュール組んだりしてた。


でも、無理があった。



あのスケジュール。

結構仕事中へとへとになった。



仕事で新しいいろいろが入ってきたのもあるけど。





141回で3級落ちたとき、確か32点。



でも、32点もくれてありがとうの気持ちだった。




自己採点すらする気がなくて、不合格確実だったし。




同じ低い点数でもありがとうの気持ちになるときもあったし、
今回みたいに落ち込むときもあるんだなと初めて知った。



なんか、気持ちの整理がきっちりつきません。



昨日「朝一で自習室行くんだ」と書きつつ、実際は、朝早くに目覚めてそこから何もしてません。飼ってる動物に朝ごはんチェックして、自分もごはん食べて、今に至る。



朝早く起きたのに何もしない時間を今まで過ごし、そして
まだパジャマのままという。
だらしがないなーと思います。





なんかいろいろ何故かつらいので、
お風呂の用意してお風呂入って、嫌なこと、お風呂の排水溝に全て捨ててこようと思います。





シャキッとできたらいいな。



せっかくの土曜日、今日は宿題とっとと終わらせるのを目標にします。

リベンジ組の皆さん、144回まで時間があります。
がんばりましょう。




« できることなら、144回は143回と同じ難易度にして欲しい | トップページ | 何が問題なのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

バナー

リスト