« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

先生へ質問 2016.10.30~

先生への質問をコメント欄にてあげさせていただきます。

先生へお知らせ 2016.10.30~

先生、これからの2週間くらい何をすればいいのかすごーく考えました

過去受けて受かった試験ものある程度大きくなってからだと高校入試、大学入試、語学系資格(TOEIC,英検、中検)、日商3級しかなくて
高校入試も大学入試も、進んだ学校より遥かに難易度の高い学校を目指していたので、進んだ学校は全く対策していませんでした。過去問も買いませんでした。でも、高校入試も大学入試もほぼ全教科満点近くで受かりました。




TOEIC→子供のころから英会話だけはずっと続けていたので、会話関係には強かったのである程度傾向を市販の本で見て慣れて、今だと取れない点数を高校時代取りました。今は全くだめだと思います。

英検→過去問暗記するレベルで解いただけでした。

中国語検定→過去問暗記するレベルで解いただけでした。
これらの経験から、
1.過去問大切
2.過去問は大切だけれど、対象の試験を遥かに超えた知識がある場合は過去問なくても受かる

だなと思いました。
じゃあ、143回はなぜだめなのか。


先生もご存じのとおり商業を蔑ろにして、商業仕訳もおぼつかない、第三問に至っては仕訳で聞かれていることはわかっても表が埋まらない、精算表なら埋まるという状態でした。
明らかに商業簿記に関する知識が不足しており、決算力がほぼ0でした。


学校の先生に43点だったと報告したら「工業がほぼ満点で、3点は商業部分点だったのかな」と思われたくらいです。



今回、商業対策として

第一問対策→学校直前教材仕訳を何でもだして状態にしました。そしてこれからは過去問直前仕訳をさらに繰り返しつつ、一日1回分過去問仕訳を解こうと思います。
第二問対策→これはこれから、頻出の高いものしかしません(音声で定期的に聞くだけをしばらく繰り返す)


第三問対策→決めた過去問140回を繰り返し解きました。今後は142回、139回、140回を繰り返し解きます(これも音声繰り返しから)
第四問、第五問→これは過去問まずはある10回分をヨコ解きしたいと思います



各教材に関しての認識
過去問→日商も建設も「一度出したら、皆解けるのあたりまえだよね?」が口癖。
なので、過去問=日商からの宿題=優先度高い
直前教材→たしかにこれが回せれば合格は取ったも同然。なぜなら、過去問大昔のまで遡ってこんな問題があったよ、ちょっと過去問より難しくしたよーの本なので。
ただ、日商の最近の作問者からの挑戦状であり宿題はあくまで過去問なので過去問優先。
仕訳だけ使う。


学校答練→直前教材前提なので、極端に容易なものから過去問を難しくしたよ系まで玉石混合。まさに、「捨てる練習」の紙。宿題の解きなおしだけはする。

予習はなし。




NS答練→解法テク講座として割り切り、本番で類似が出たら
1.NS答練でみたぞ→焦り防止
2.解法アプローチを思い出す←これがベスト



じゃあ、過去問はどんな順でやるの? は
過去問冒頭の頻出順でやります。
頻出順はアップさせていただきました。




143回時一緒にがんばったクラスメイトは直前教材と答練だけ繰り返して合格しました。
過去問は解いていません。


しかし、独学者でも合格が多いのも事実。


そこで過去問最優先で考えました。



以上、ご報告させていただきます。
Photo


2015年9月から1年少し



簿記勉の集大成として、合格証書取りますよ!



2016年10月25日 (火)

先生へ質問 2016.10.25~

先生への質問をコメント欄にてあげさせていただきます。

2016年10月24日 (月)

先生へお知らせ 2016.10.24~

先生へのお知らせをコメント欄にてご報告させていただきます。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト