« 強く、なりたいときにのパターン | トップページ | 温泉いきたい »

2016年11月24日 (木)

会社のおじさんから質問があったので、答えた



たまに現場のおじさんから経理関係の質問が来ることがあって、
消耗品か消耗品費かみたいな話の延長で備品か備品費計上かみたいな話があったりする。


資産計上か、費用計上かは会社によって違うし、弊社はどっちだという話は置いておきます。

本試験後こんな質問があった。


「他部門に付替えたはずの、備品がなんでうちの合計試算表から消えないの? 本社経理がまたミスしたの? 」みたいな。





本社が絡んでると迂闊な発言はできないなと、よく見たら、
備品費の貸方に数字が残っているのを見て疑問に思ったようでした。





・これは備品費なので『費用』扱いです。
・費用が減少するときは、貸方、つまり右側に数字がきます。



・うちの合計試算表の貸方にこの数字があることは、備品費がうちから減少したということです。



といった内容をさらっと伝えて、簡単に
資産、負債、資本、収益、費用の各+-の関係図をグーグル検索で貼り付けて、
部門で頻出の勘定科目を5つにあてはめた、まとめをおじさんに進呈した。

疑問が解消したようでよかったと思いつつ、私、簿記力確実に去年より上がってるとちょっと悦に入った。



電卓も確実に早くなったし、メモリーもノーマルなのなら使ってるし、着々と進化はしてるんだなあと。

ちょっと、自分で自分を褒めたくなった。

3級で躓いて、退学しようと思ったけれど、続けてよかった。

« 強く、なりたいときにのパターン | トップページ | 温泉いきたい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

バナー

リスト