« 普通の務め人の夜を過ごした | トップページ | 日商簿記2級 未来のための過去問題集引き取りに行ってくる »

2017年4月29日 (土)

すごく自信がない

145回でミスったことがとても、自分への不信感につながって、自分を信用できない。



自分を信じることができない。


信じ切ることができない。




145回でミスったから。
3回目の受験で、こんなミスして逃すような自分がたった一回受験回数増やして、たった数か月時間増やしたところでどうなるの? って自信がなくなると自問自答する。
そういうネガティブな瞬間の時間は少ないけれど、深さが深い。





だから、気持ち的に無敵になれるNS申し込んだけれど、今回NS答練受けても、この自分への不信感だけはぬぐえないような気がしてならない。




自分だけの問題だから。



落ちるなんて思ってなかった試験で落ちるなんて経験する人は数少ないと思うけれど、一番失って痛かったのは、自分を信じること、自信が溶けていったことだった。




なくなるじゃなくて、溶けていく感覚。





溶解度までいっそ溶かしてしまえばいいのかもしれない。












連休なのに、暗い話になっても何なので、簿記関係の日常ネタ。




冬は期間工の季節で期間工の方々はアニメ好きやネットのゲームやスマホのゲームが好きなおじさんが多い。





まだ、私が簿記の学校へ行ってる頃、講義前に書店へ寄って行こうと思ったら目の前を歩く見覚えのあるおじさんが。




期間工のおじさんが。




も、もしや期間工のおじさんも手に職つけようと簿記の学校へ通ってるのか!? なんて考えていたら、途中のアニメ好きが通う店へと消えていった。
そうだよね。おじさん、アニメ好きだもんねと思った。
あとね、実はちゃんと動機というか理由があってライバル校のイベント行ったことがあるのね。
そのときの帰り道、ふと視線を前にしたら、お世話になった簿記学校の先生が前方から歩いてくるのが見えて、うわっどうしようと思った。





手にはライバル校の自己主張の激しい袋が。



ああ、手に持ってるのが大根でもネギの袋でもいい、なんでよりによってライバル校の袋を持ってるときなんだ。。。自己主張激しいなこの袋。もっと普通のシンプルなものに。。。いや、もう、シンプルに自己主張が激しい。
やっぱり挨拶するのが礼儀だろうか、いや、ここはスルーが礼儀だろうか。。。いや、この袋の存在をどうするか。。。後ろに隠して歩くか。。。考えていたら、顔をそむけて歩いていたのでお互い大人なのでよかった。
ド田舎だから狭いんだ。



外出先でこういうときってどうするのが正しいのかわからない。
何しても明日が来るように、何しても146回は来るんだなあ。





有名ブロガーさんが簿記の先生はメンタルカウンセラー化してたと書いていたけれど、なるほどなあと最近思った。


« 普通の務め人の夜を過ごした | トップページ | 日商簿記2級 未来のための過去問題集引き取りに行ってくる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト