« 眼科にいってきた | トップページ | 簿記のゲーム 光栄で作ってほしい 簿記・三国志みたいな »

2017年6月17日 (土)

銀勘の謎

私、2級商業ほんと苦手だったけれど、予備校通っていて一番理解できなかったのは銀勘だった。


他にも財務諸表の表示とか、いろいろあったけれど、なんでこの教え方って銀勘だけは思う。

DVDでも生でも講義聞いたのだけれど。



なんでこれを思い出したかというと、各社の146回動画解答速報見てどこかの動画で「なんかこの方法予備校と似てる。各社統一なのかな。教え方」と思った。



非常勤で教え方が簡潔で私の欲しい答えに直球!! っていう先生がいて、非常勤だし私は受け持ってもらえなかったのだけれど、語呂とか考えてくれたり「この先生に受け持ってもらえる人がうらやましいな」と思う先生がいた。
たまに「あの先生ならどう教えたのかな」と思うときがあって、まさに銀勘なんか思った。



銀勘ね、当初、予備校の問題集が一字一句合わないと○にならない感じで
「これ永遠に○もらえないんじゃないかな。日本語のニュアンス合えば○でいいじゃない」と細かい日本語で躓いた。



〇がつかないのはイライラするから、銀勘嫌いになった。
私が講師ならこう教えるな。
①企業残高基準法でも、銀行残高調整法でもどちらのスタートでも
基準側→+-きっちり
基準じゃない側→+-を逆に 計算すればOK



②B/S価格聞かれたらどっちを使ってもいいけれど、基にした数字側に+-きっちりと計算すればB/S価格になる
③商品売買以外の未渡しは『未払金』注意




④日本語入れるところは予備校によって単語違うし、そんなの空欄にして記入だと別解だらけになって日商も大変だから数字選択くらいしかない


問題集解くときも日本語のニュアンス把握でOK







これだけ押さえればいいんじゃないのと思う。
本試験で問われるのはこれくらいだと思うのに。





どこかの速報も、予備校の基礎時と同じで図で説明していたような気がするけれどあの図が混乱の元な気がする。

« 眼科にいってきた | トップページ | 簿記のゲーム 光栄で作ってほしい 簿記・三国志みたいな »

日商2級 征伐」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

バナー

リスト