« 先生へお知らせ 2017.11.05~ | トップページ | 先生へお知らせ 2017.11.09~ »

2017年11月 7日 (火)

明日は水曜ですね。ノー残業なら3,200円持って大原のカウンターに行こう。

公開模試受けるためにだよ。

11月12日(日)
13:30~17:00 (うち2時間試験)
明日3,200円持って大原のカウンターのお姉さんに「日商簿記2級の公開模試受けたいです」と伝えれば大丈夫です。




予備校の私がリスペクトしていた先生が、「hinataさんにはぜひ一週間前にあてるを解いてほしい」とおすすめしてくださったことがあります。
あてるは、私の一押し教材です。



でも、正直、一週間前に初見対策であてる解くなんて、答練80超えレベルにしか私が講師ならおすすめできません。
新しい問題解いてる場合じゃないでしょうと。
え、じゃあ、なんで公開模試勧めるのって?
本番対策。



緊張感等味わって「ああすれば」を一週間後の本試験でまた巻き返せるタイムマシン効果。
それだけです。
そんなん要らんわという方にはお勧めしませんが、果たしてそんな方何人いるでしょうか。
もう、本番の空気味わう、タイムマシン効果だけでいいから公開模試はおすすめです。





真面目に。
世間はノー残業デーの水曜日、3,200円持って大原のカウンター、ぜひ行きましょう。
【建設本試験で】
本番の空気に飲まれちゃった私が言うのだから、間違いない。
【大原の公開模試なにやるの?】

受験票(大原カード)持って会場に行きます。
受験生が多いので講師が案内してくれます。
案内された教室に入りましょう。
本試験だと思ってトイレ行くなり、テキスト読むなり、お茶飲むなり過ごしてください。
大原生が講師とじゃれ合っていても、気にしないでください。
本試験の空気を味わう権利を放棄した生徒なんか目もくれず、集中しましょう。
担当講師が入室します。
本番と同じ読み上げをしてくれるところもありますが、場所によります。
「こんな感じなのね」と味わいましょう。
すみません、時間が2時間だったか1時間30分だったかわすれました。 


行くとき受付のお姉さんに聞くといいかもしれません。
ただ、お姉さんに質問すると講師を召喚されてしまう可能性大なので覚悟して質問してみましょう。
試験後、少し休憩があって、講師が解説してくれます。
全部解説してくれる講師はほぼ0です。
要注意や正答率の低いものが説明されます。
解説終了後、講師が受け付けてくれれば質問も可です。



ちなみに、私が受験した日商2級のラストの時は、若い講師の先生が全部の問題の下書き用紙を公開してくれました。


見たい人どうぞと。


熱心でいい先生ですよね。
なかなかできる事じゃないなと。




これで3,200円。



本試験の空気に飲まれた自分からすればうらやましい試験です。
建設の公開模試やってほしい。

【大原生は】
普段立川なら新宿行くとか、違う校舎で受けてみましょう。

« 先生へお知らせ 2017.11.05~ | トップページ | 先生へお知らせ 2017.11.09~ »

日商2級 征伐」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト