« 答練欲しくなるもがまんする | トップページ | 147回の講評は1月上旬予定らしい »

2017年12月21日 (木)

浮かんでは消える

ブログのネタって、たぶんいろいろあるとは思うんだけれど、浮かんでは消える。



結構、しつこいというか根に持つというか、そういう性格なので秋にあった衝撃的な簿記惰性発言はダメージが深くていまだに何日かに一回、もしくは日に数回考える。


何がその発言を引き出したのか。


引き出さないために私は何をすべきだったのか。


どうすればその発言を耳にしないで済んだのか、回避できたのか。



そう、それは、誰の発言であろうと正直聞きたくない言葉だった。




言葉に表すことができないほど、ショックでダメージを受けてもう最近までの私は中に誰かいるか何かで勝手に生きていて、勝手に生活していた感じで心ここにあらずで廃人寸前、あとちょっとで廃人というところだった。



真面目に。


やはり資格試験というのは、何度も書いているけれど受かって初めて意味があるのでサクッと受かって惰性じゃないことを自分でも確信したい。





惰性だ発言した人には結果を見せつけることは残念ながらできないけれど。




やっぱり、ひどい言葉だと思う。



ただ、そのひどい言葉を引き出した私にも何か原因はあるのだと思う。




今まで簿記勉をやってきて、当初は退職希望者扱いされて邪魔されるのに怯え、会社にも隠し、オープンにしてからは簿記勉=hinataになり、周囲の季節行事に簿記の季節が入り、温かくも、もしかしたら生温かくも見守ってもらってきた。



友人にも会社の人たちにも。



家族には結構反対されたけれど。



そんな中での惰性発言は本当にきた。




言葉って強力な武器であり、拷問器具にもなるなと思った。


打たれ弱いのかもしれない。


徐々に生活に復帰できて、神社に感謝。



« 答練欲しくなるもがまんする | トップページ | 147回の講評は1月上旬予定らしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト