« 問題が目覚まし代わりというか問題が待ってるので起きる | トップページ | 自分の信じる神に誓える努力だったか »

2018年5月 9日 (水)

簿記、面白いを忘れていた

昼休み、会計系関係のないリンクから飛んだSNSで衝撃的なものを目にした。

・簿記やったことないよ
・大学行ったこともないよ
・だけど若いときに専念で3年で税理士になったよ



・税理士興味なかったし、こだわりもなかったよ
・面白いからやったら、気がついたら税理士になってたよ
日商2級時代から会計系SNS漁るような生活をしていたけれど、これは初めて見た。
そして、散歩しながら



ああ、今の私には
新しい問題楽しみ、うれしい、楽しい



これが抜けていたなと。
なぜ、抜けてしまったのか。
たぶん、これは難関資格だと日商2級同様



落ちて当然の世界フィルターみたいなものを自分でかけてしまったのかもしれない。
難関だ→だから受かったらすごい、がんばろう


ではなく、
難関だ→だから、落ちても当然


の方に気持ちが傾いていたところが0ではなかったのは事実だ。
試験当日、受かる気満々で行ったのも事実。

試験そのものに難関フィルターをかけてしまったのも事実。
これまで朝起きて、夜帰宅して新しい問題等を先生からいただくと、もうそれだけでうれしくて、うれしくて、ジャンプする勢いでうれしくて、書いてるとちょっと真面目に変態だなと自分でも思うけれど、本当にうれしくて、新しい問題だから考えるけれど、その考える時間さえ楽しくてうれしくて、自分で自分なりの解答だして、間違っていてもまた考え直すのもどきどきして面白くてどんな娯楽よりも素敵な時間だったのを思い出した。





解きながら、いつか自分も誰かに問題とか作って出してみたいな、先生みたいになりたいな。

なるために、早く日商1級受かりたいなと毎回思っていたのを思い出した。

最近の私は、新しいと思える問題に本試験に出会うと
パタ解きでないパターンだぞ、なんだよ

と不満といらっとが先行してしまっていた。


うさぎさんって、泳ぐらしいのだけれど、泳ぐのが得意とかではなく、泳ぐしかないから本能で泳ぐらしい。




思い込みさえ忘れるくらい、フィルターを壊すのを意識して向き合えばまた、簿記中毒に戻れるような気がする。




【ちなみに】


衝撃のSNSを遡ると、そこには普通に受験の悩みも綴ってあったのでちょっと安心したよ。


ただ、簿記面白くて仕方ない、簿記は最高の娯楽状態の時代を思い出すいい機会になったよ。



« 問題が目覚まし代わりというか問題が待ってるので起きる | トップページ | 自分の信じる神に誓える努力だったか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト