« 先生へお知らせ 2018.05.06~ | トップページ | 簿記、面白いを忘れていた »

2018年5月 7日 (月)

問題が目覚まし代わりというか問題が待ってるので起きる

という生活に戻るくらいじゃないとだめだと思った。

日商2級に苦戦した理由はいろいろ自分の中にあるけれど、日商2級は難しいという自己暗示にかかってしまったのも結構あると思う。


それを反省して、第五問は出勤前に自動的に解くという状態を目指したのが第23回。




23回の反省点は沢山あるけれど、直前に保険に保険をで、例えば原価は
各種総合原価や連算品とか部門別とかマイナー論点も対策していた。
ここをもう捨てて、損料と意思決定だけ徹底する捨て身の、奇襲作戦に行くべきところだったのかもしれないとたまに思う。
なんで、マイナー論点やってしまったの? と聞かれたら
「基金からの逆奇襲が怖かったから」しかないと思う。
「ぐはははは。部門別フルコース+総合原価のひねったの+連算品だ。どうだ? 近年パターンでは解けまい」なんて、来た時でも取りこぼさないようにってせっせと直前はマイナー解いた。直前以外は見る程度にしていたけれど。



常に見ていないと咄嗟ででない。



財務の反省点。



それは、過去問の苦手だけ毎日繰り返して繰り返して、もう解けるけどレベルまで持って行って、3日後でも一週間後でも解けるレベルまでしつこく繰り返すべきだったということ。
できたー。できたー。しばし放置。直前で見直し。本試験、まごまご。


これはいけない。




そして、二科目の反省点。



予想より模試が取れて安心しきっちゃう(無意識に安心しきってた)のは、だめ。
これを踏まえて今回は予備校の模試はなしで行こう。



やっぱり何があっても、解きまくった日商3級時代並みに気持ちも入れ替えないと。
堕落してた。別に建設だから失敗ではなく、簿記系資格に対して意識が足りなかったのかもしれない。
じゃあ、原価、今回は損料と意思決定だけ狂ったように解くのかと聞かれると、その博打を打たなくてもいい力をつけられればと未だに思ってる。


博打を打つのは直前でもできる。
【なかじまやすたかさんが】
たしか「机の上は問題解けるようにしておく」とかそんな内容のこと言っていたような気がするのだけれど、大事。



机汚いと、探したり、除けたりで時間も体力も消費して、やる気も消費しちゃうから。


問題集もなくしやすかったり、めくりにくければ、解きやすくするためにできることをすると結果的にとても解きやすく、簿記しやすくなると思う。
【パタ解き】


毎回書いているけれど、パタ解きの内容でゴエモンサイズテキスト



過去問部分は問題編、解答編の分離する感じ(未来のための過去問題集みたいな)



過去問部分はできればTACの過去問サイズ


がいいなと毎回思う。



テキスト部分は今のサイズでもなんとかだけれど、過去問編の今の構成がいやでしかたない。なので、未だに基金印刷のを使っている。
日商も過去問はTACのサイズ感がよかったし、TACで建設過去問毎回出してくれればいいのにと思うけれど、マイナーな試験だからな……。




【連休明け】


久々の会社ちょっとだるかった。
今日から出勤の皆さん、お疲れ様です。

« 先生へお知らせ 2018.05.06~ | トップページ | 簿記、面白いを忘れていた »

簿記 勉強」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト