« 先生へお知らせ 2018.06.24~ | トップページ | 先生へお知らせ 2018.07.05~ »

2018年7月 1日 (日)

先生へお知らせ 2018.07.01~

連結、ゴエモンの124-(1)がスッキリしないので、

明日これだけ真面目に考えようと思いました。



今まで考えなかったのに。
124と125同じことじゃない?
なぜ125は同じ売買取引なのに、内部利益だけ対象で124は取引そのもの? とずっとひっかかっていました。

なんかおかしいと。


今、読み返したら124は売上おわり、125は利益を付加したからこんなものだと思えばいいのかなと思いました。

テキスト読む→該当→または解けるものはまた繰り返しだと普通にいけるのに考えてしまうと確かに??がたまにでました。


とりあえず連結のやるべきパターンは手が動くと思います。



« 先生へお知らせ 2018.06.24~ | トップページ | 先生へお知らせ 2018.07.05~ »

先生へお知らせ」カテゴリの記事

コメント

連結に限ったことではないのですが、
外部に公表できないことを修正、
グループで全体でどうかを公表したい、
これだけ目を向ければいいのかなと思います。

違います。
仕入れたもの(124)が、期末に在庫(125)としてある、って事です。

124が仕入れのこと、125が在庫のことです。

先生ありがとうございます。
ねずみさんW044-45の考えならわかるのですが、
同じ考えで処理すると、
124→仕入相殺消去
125→仕入相殺消去+在庫に不当に不可された利益を消去
でよろしいでしょうか。

(不当にというのも変ですが)


ねずみさんの考えだとわかるのですが、
125でひっかかったのが
124+在庫に含まれた利益でしょ、というところです。


すみません、月曜以降で問題ありませんので
宜しくお願いいたします。

124と125を別々の問題ととらえるのではなく、124と125を一連の問題(一つの問題)と考えてください。

各CASEのタイトルを見てください。124が内部取引の消去、125が期末の未実現です。

「1,000で仕入れた、その商品が期末に残ってる、原価率は70%」

この問題は売上仕入の相殺と、未実現の消去をします。
これを2つの問題(124・125)に分けてるだけです。

先生、早速ありがとうございます!!
ねずみさんと一緒で、別々じゃなくて
一連のものを124.125にわけて掲載しただけだったのですね。


おかげさまでスッキリしました。
ありがとうございます。

引っ越して初めて届いたまともな郵便物が、TACの無料過去問でした。
週末届いていました。


ポストは一日で5枚くらいチラシが投函されるので、
いらないものばかり届きます。


ゴエモン個別問題(薄い問題集)繰り返し、
テキストも繰り返したので「今ならねずみさんリベンジできるかも」と
根拠のない自信でチャレンジしましたが、ねずみさんに敗北しました。


ちょっと、もう一回ねずみさん見直してから寝ます。
今回企業結合か、連結出そうな気がすごくするのでここら辺は常に見たいです。

(関係ない話ですが、ボーナスでた記念でずっと欲しかった岐阜県産? なのか
わかりませんが、楽天の岐阜の業者から爪切り買いました。あと、国産のちょっといい
タオルが欲しかったので注文しました。爪切りよく切れて感動しました。)

『勉強しなかった論点が出題されるリスク』と『勉強しまくった論点が出題されないリスク』は同等ですからね。

直感的に出題される気がするから、と根拠の無い理由で1つの論点にこだわるのは全体を見失います。

財表でも原価でも第5問が大事です。同じことの繰り返しはつまらないことですが、何度も何度も第5問を確認する。
時には早く解いてみる、時にはゆっくり考えてみる。

ほぼ確実にパターン化されて出題される第5問を疎かにするのは合格から遠ざかる行為です。
第5、第5、第5

先生こんばんは。
総合問題の大切さに気付くまでかなり日商は時間がかかりました。
すごく嫌いな総合問題だけがパターン化されていて、
安全だと思ってそして解けて、総合問題に感謝するまでは嫌いでした。


実は「第五問大丈夫だし」と連結ばかり考えていました。
さすが先生、鋭いです。


習慣化って大切だなと思います。

ありがとうございます。

ゴエモン問題集(例題レベル薄い本)の連結なら即、タイムテーブルなしで瞬殺全丸いけるようになりました。

これならタイムテーブルなしでもいけます。

ねずみさんは、合間に見るようにしてまた今週末リベンジ何回かします。

ゴエモンの理論も繰り返しで覚えられるようになってきました。
原価の理論も合間に見ようと思います。

ゴエモン薄い問題集レベルの連結なら、寝る前にベッドの中からでも人に説明できます
なんで初めての頃混乱していたのかなとも

合算した財務諸表作るよ
内部取り引きとか消すよだけ着目すれば、
開始仕訳後の貸借対照表の貸方は親会社のだけの資本金や利益剰余金や非支配や負ののれんがあればくるだけ、なぜなら開始仕訳でなかったことにしたから子会社の資本金や利益剰余金等は、連結貸借対照表に載らないとわかるのです

普通の人は、すぐ気付くのでしょうが、やっと人に説明できます
たぶん

支配獲得日には利益剰余金は全額消しますが、支配後は投資の成果分は残します。

先生こんにちは。この間ねずみさんで躓いたところですよね。
また、確認して夜丁寧にコメントさせて頂ければと思います。
ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 先生へお知らせ 2018.06.24~ | トップページ | 先生へお知らせ 2018.07.05~ »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト