« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月14日 (土)

先生へお知らせ 2018.07.14~

先生、こんばんは。
パブロフさらっと見てみました。
前回149回のTAC請求はしたのですが、147か148どちらかかもしくは両方は請求していなかったような気がします。
曖昧ですみません。
連結精算表の数字は合っていました。


【解いた際の流れ】
全体を見る→事前知識として「埋まらない場合は」とあったので「難しいんだろうな。推定かな」と思う
→個別財務諸表の×××に目が行く→これを埋めればいいのかな→純資産の推移へ目が行く→これも埋めるのかな
→解答用紙を探す→ないんだな→一番下のB/S,P/L関連のものを出せばいいのか→全体を見る
→80%に〇、取得価格ライン、文章へ/、当期はいつか意識するためライン、
のれん20年の20年に〇、当期の個別財務諸表の当期へ波線(いつものものか意識するため)
→純資産の推移関係なくても解けるんじゃないかな(解けないものでないでしょう)→開始仕訳タイムテーブル作るぞ
→開始仕訳はもう100%大丈夫なはず→書いた→これで、今期の処理すればいいんでしょ→タイムテーブルを書くも
途中(この時6分経過しようとしていた)あ、×1年末取得、×2年末で1年、今期×3年末で2年だったのか!!
真ん中のタイムテーブルが???になるのかと気づき、タイムテーブルを消そうをする→
でも、S社利益24,000出てるからこれ使えるんじゃない?→無視して、のれん償却4,000*2だけ注意してタイムテーブル書いて
解答を書きました。

タイムテーブルは普通に書きました。
資本金100,000、資本剰余金20,000、利益剰余金60,000でそのまま書きました。



【解答をさらっと見て】


24,000円の利益を含んで剰余金60,000なので、逆算すれば前期末利益剰余金出せるんだなと思いました。



2018年7月 5日 (木)

先生へお知らせ 2018.07.05~

先生、こんばんは。

支配獲得時のS社利益剰余金100%消しの理由→S社だけのものだから

支配獲得後わける理由→S社だけではなく、親会社のものも含むのでS社の%分のみ消す。→これで親会社のものだけ表にでる!!



ここら辺はねずみさん028が詳しいかもしれません。



開始仕訳どこからどこまで→支配獲得時の開始仕訳は簿記講座の基礎パックみたいなもの。→獲得後の期首の開始仕訳は、既に基礎はできている多浪や基礎はやってきた独学者のための直前パックのようなもの→基礎パック+直前パックで大丈夫みたいなイメージ。
これは、ゴエモンの方が見やすい図があります。
123の図のイメージです。


【余談ですが】

連結財務諸表を簿記愛さんの結婚でやろうと思った理由は、
「結婚後の純資産は、わけるイメージ」でもっていけると思ったからです。

ヤフーニュースなんかで話題のK氏は、「1億の持参金100%俺たちのもの」とか思ってそうな気もしますが……。

お金持ちはあまり納税後の税金に執着しないでしょうが、私はお金が余ってるわけではないので「国民の税金を…きー」となって週刊誌応援しちゃうような人です。


毎月給与からの控除がなあ……と。




2018年7月 1日 (日)

先生へお知らせ 2018.07.01~

連結、ゴエモンの124-(1)がスッキリしないので、

明日これだけ真面目に考えようと思いました。



今まで考えなかったのに。
124と125同じことじゃない?
なぜ125は同じ売買取引なのに、内部利益だけ対象で124は取引そのもの? とずっとひっかかっていました。

なんかおかしいと。


今、読み返したら124は売上おわり、125は利益を付加したからこんなものだと思えばいいのかなと思いました。

テキスト読む→該当→または解けるものはまた繰り返しだと普通にいけるのに考えてしまうと確かに??がたまにでました。


とりあえず連結のやるべきパターンは手が動くと思います。



« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト