« 先生へお知らせ 2018.08.01〜 | トップページ | 吐けない 弱音 »

2018年8月 5日 (日)

うさちゃんクリーニングがある街に住みたい

住んでる街にうさちゃんクリーニングがない。

実家時代は、車か自転車でうさちゃんクリーニングまで通っていた。

うさちゃんクリーニングとは、東北、関東を中心にあるクリーニング屋さんで価格と品質とうさぎさんのかわいさで通い詰めているクリーニング屋さんだ。




今住んでいる街に、うさちゃんクリーニングがなく、隣町まで電車で行くか歩いて行かないとない。



では、近所にあるクリーニング屋さんはというとクリーニング不毛地帯でこっち口に3軒、向口に1軒ほどある。



こっち口の2軒はとても腕が良くないと評判で、一回お願いしたことがあるのだがウール100の日本製デパートブランドの冬物スカートが、初めてのクリーニングから帰ってきたらガビガビになってきた。




二度とだすものかと思ったけれど、電車に乗るのも微妙、自転車はケガで乗れず、結局中の下の出来のクリーニング屋さんに出すことにした。




結果、帰り道、また怪我をしてしまった。



もう、二度と地元のクリーニング店は行くまいと思った。
血は出るわ、体が痛いわ、やになる。ちょっと造りが変わった店で転んでしまったのだ。



老人なら骨折していたかもしれない。


地元の高島屋で購入したお気に入りの日傘も穴が開いてしまった。財布も転んだ時にコンクリートに強打し、かわいい財布が剥げてしまった。



今日は親に会う日だったから安全性に欠ける服装だった。




私の母は、私が安物を着ていると値段も聞かずに「似合わない」と一刀両断し、クロックスやコンバースを履こうものならむかついて口も利かなくなる。




デパートの服を着てヒール靴を履くと口を利く。




女らしい服装できちんとした服じゃないと口を利いてくれない。




なので、安全性より見た目重視になった。


デパートヒール靴も転んだ衝撃でボロボロに……。





冬になったら、財布が欲しい。




日傘は穴が開いた部分マッキーで塗っておこうかな。なんとかなるかな。




来年はサンバリアほしいな。北の生まれにとっては、こちらの陽射しは凶器。




なのに、ここ2.3年きちんと日焼け留め塗ってないかもしれない。




【でもね】


うちの母、デパート服をセールで買っても「無駄使いするな」だし、安物だと似合わないというし、なんだよと抗議したら「あなたに安物は似合わない。だから、収入をあげなさい」だって。




わけわからない。

« 先生へお知らせ 2018.08.01〜 | トップページ | 吐けない 弱音 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト