書籍・雑誌

2016年12月23日 (金)

もう全国の簿記の学校のテキストは簿記の教科書だけでいいと思う

簿記の教科書に桑原先生のコラムと解法がついたら最強だと思う。


2級のテキスト見たら、マーカーだらけでもうマーカー見に開いてるような感覚になってきた。



そのあと足りない部分を簿記の教科書から拾う作業してたら、もう、予備校のテキスト捨てて簿記の教科書だけでいいんじゃないと思った。




2016年11月23日 (水)

私が日商2級で買った教材たち

1.パブロフくん工業、商業(娯楽兼辞書)

2.簿記の教科書工業、商業(辞書)

3.さくっと工業、商業(娯楽兼辞書)



4.LIVE合格テキスト工業、商業(建設対策とコラム目当て。これよかったので、新範囲でぜひ出版してほしい)


5.ステップアップ問題集工業、商業(解いてて楽しい問題集はこれだけだった気がする。考える系だけれど、好きな方にはぜひおすすめしたい問題集)



6.仕訳問題集(TACのかわいいのと迷ったけど、こっちにした)


7.学校の講座の教材



8.ラスパ(あてると迷った。でも、あてるのあたった率を見て、NSにした)


9模擬試験問題集(NS。網羅型問題集は建設でもお世話になって、本当によかった)



10.TAC143回用過去問(初学の過去問はTACが一番だと思う。対策ページも充実しているし)


11.大原143回用過去問(薄すぎて問題きちんとない上に、印刷ミス多すぎて知らずに解いて粘った思い出)



12.NS未来と過去の~過去問(これ、初学には説明やメモが簡素すぎるけれど、面白いのでおすすめ)


13.アマゾン古本で買ったパタ解きと大原過去問(工業対策)
こんな感じ。
だから、工業はやりきった感もある。



夜中に気になってわからないのも気持ち悪いし、欲しい教材はアマゾン古本とか使っても買うようにしています。
本当は、学校のだけでいいのでしょうが。

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

バナー

リスト

好きなサイト