目標

2017年2月23日 (木)

「無理」という壁を越えなければ強くならない。~20年間不敗の雀鬼 桜井章一の言葉~

度々私があげるこの言葉との出会いは、高校生のときだった。

今から何年前だよってくらい昔の話。

大学出たのでだって昔だからね。今朝なんか、大学留年する夢見ちゃったし。大学は普通に卒業できたけれど、たぶんそれは当時ある意味当時は要領がよかったからだと思う。



毎年どうしても取れなくて留年や退学者を出す伝説の科目があって、私も初回は落としたけれど、再試は普通に取った。
初回は落とすの前提で他の科目だけがんばった。


追試料金は最初から自分の予算に計上してた。
これが取れなくて大学辞めた人も何人かいたし、それでも「俺は通常通りの問題は出さねー」という今の日商みたいな教授だった。



しかも、必修なんだな。






教授連中も内部から来たのが王道というか出世コースの生徒もお金に困ってない家庭の子がほとんどの学校だから、ほんとガツガツした人が殆どいなかった大学だった。




話が逸れたけれど、桜井章一の言葉。



『無理だと思う』という、自分で作ってしまった幻想の壁を自分から壊していかなければ、先には進めない、進まない、結果はついてこないと私は解釈している。




今までの日商2級の敗因は、答練とか直前教材とか
無理を前提にした教材をまわすことに躍起になり、基礎を疎かにした結果だと思う。




2級は難関とか無理っていうのを前提にした教材の回し方で、より難問を難問をだった。



難問の解法暗記しても、本試では使えなかった。



たぶん基礎がなかったから。



なんで、簿記を続けたいのか。


妻でもない、母でもない、何者でもない、自分だけの今しか、自分の経済力と体力だと簿記できないだろうなって思うから。



今しかできないなって。



本当は奥さんなり、母親なり、しなきゃいけない年なのだけれど。




基本的に恐らく、限界に挑戦するのが好きなんだと思う。



体育の時間で好きなのはマラソンだったし。

タイムがいいとかじゃなくて、遂行する達成感が快感というか。


やり切った、自分!! みたいな。


限界に勝つ自分が大好きなんですね。









先生に基礎を指摘いただくたびに
「基礎やってるもん」と思ってた。
基礎=直前教材(過去問から色の濃いやつを抽出してさらに難易度上げた教材。難易度上げてなくて本番そのものレベルならすごくいい教材だと思う。予備校では回せ回せと言われた。でも、このレベルは本試では出ない)だと2016年は思って思い込んでいた。




今では、誰に指摘されても、当時はほんと基礎抜けてたと思う。

逆に当時の工業基礎は完璧だったと思う。
今の工業は…なので当日までがんばる。





【結びを桜井章一の言葉を貼って終わる】
「強い人」というのは、無理を越えたところで何かができ、それを楽しめる人です。ランニングに、ランナーズハイという現象があります。走るつらさを超えたところで、人はハイになれる。これと同じです。「普通の人」というのは、常識では無理と思うところであっさり負けてしまう人なんです。自分の限界を設定するからいけない。
出典
桜井章一『雀鬼流。桜井章一の極意と心得』(1996)
普通の人が勝負事に負けないようになるためには、ふだん自分で決めたことは必ずやるという習慣をつけていけばいい。そうすれば、いざやりたいというときに、やりたいことが出来る可能性の確率が高くなり、勝負運にも恵まれます。
出典
桜井章一『雀鬼流。桜井章一の極意と心得』(1996)



成功率は常に低い。だからこそ、われわれは成功したことより、成功しなかったことから学ぶ必要があるのです。
出典
桜井章一『壁をブチ破る最強の言葉』(2006)



こんなに書いてるけれど、漫画じゃなく桜井章一の本で普通の本で買ったことがあるのは打ち方の本1冊くらいかも。



しかも、そこまでのレベルじゃないので(未だに点数計算さえ怪しいので)友達にあげた。





ずっと総合問題B/S出さないでって思ってた。



でも、3級時習った
「精算表だと処理は難しい、B/S,P/Lなら処理が簡単な傾向がある」を信じて、財務諸表来たら「よし、きた」の勢いで解こうと思います。








2016年6月13日 (月)

努力は必ず報われると、私、hinataは、合格証書をもって証明します

と言い切れる簿記勉を11月までがんばります。

ごめん、143回に向けての簿記勉は甘かった。

夏は楽しいことがいっぱい。

だけど、今しかできないこともある。



今の私は部署で一番の下っ端。後輩が入ってこないから万年下っ端。
いつまでもお客さんの前では新人扱い。

年齢的には後輩たくさんいてもおかしくないのに。

残念ながら、独身田舎実家暮らし。
年齢的には子供いてもおかしくないし、都内に一人暮らししてもおかしくないのに。


上司でもない、妻でもない、母でもない、私がまだ自由な身分であるうちに、簿記勉を極めたい。そう、思った。


なりたくても、この先上司にも妻にも母にもなれないかもしれないけど。


もし、後輩できたら思い切り甘やかしちゃいそうだからきっと私の後輩は、結果的には不幸になってしまうだろうな。でも、いえる事は私は、自分が後輩という立場をずっと経験した上で経過した嫌な思いは絶対に後輩にはさせたくない。相手が誰であっても、そこは守ってあげたい。それだけは思う。
子供、もし、可能なら自分に顔の似てる女の子がいい。
そして、一緒に簿記勉したい。


自分が誰かの奥さんになるのが一番想像つかない。

私はたぶん男性に何もしてあげられないから。
料理はまあまあだと思うけど、予算内ができない。
洗濯好き。アイロンがけまあまあ。
そうじ苦手。

マッサージくらいかな。できるの。
あと何もできないし、たぶん私と結婚しても男性は幸せになれないかも。
外見だけで優しそうとか家事得意そうとか良い奥さんになりそうとか、そういうのは大方間違ってるものだと思う。
ってことは女性から見る、いい旦那さんになりそうというのも間違ってるのかな。
私だけが幸せな結婚というのもなんか違うと思う。
家族からは妻になれ、母になれ、とたまに嵐のように言われるけど、こんなの独身実家暮らしは誰でも言われる儀式だと思う。

その儀式がきつくて、たまに泣いた今年。




そんなわけで今年、来年は少なくとも、簿記勉したいと思うのです。

2016年5月13日 (金)

手帳から抜粋 答練の目標

4月の時点で5月のページに書いていた。

毎回85点。目標は満点!!




今の心境。



正直30点取れるかも、自信ない。


まだ、1回も受けてないから。



ただ、これだけは言える。


合格するために、今まできた。

だから、合格するために全てを6月12日に尽くす。


手待ち時間的な時間も多々あった。

でも、それらも合格のための正常減損的なものとしたい。



2016年3月28日 (月)

目標の再確認

3級受験時は満点合格したい!! と思っていたけれど、2級の目標を再確認。



例えば車の免許あるじゃない。
それが例えば都内なら渋谷区の教習所だろうが、奥多摩の教習所だろうが、
どの教習所出身だろうが、免許持ちには変わりなく、免許を取得するのが最終目的で。


取ってからも「え、渋谷区で取ったの!? すごい」とはならず。
何が言いたいかというと、



2級は受かるのが目的と。


例えば山があるとして、


ここにヘリで下りた人がいる(はじめて3日で合格するような人)、
ここに普通に歩けばたどり着けるのに、うさぎ飛びしつつ苦労して膝を痛めてたどり着いた人がいる(要領悪くて、でも、持てる時間を全て費やすような人。自分みたいなタイプ)、
歩いて順調に辿りついた人(コツコツ勉強して合格する人)、
3人とも、途中経過は違えど山を登った(合格した)ことには変わりない。



これが、例えば2級の向こうに1級を考えたり、他の資格があればどうしても満点目指せとかなるのだろうけど、自分は
1.9月の建設受けたいから、再受験は無理
2.1の理由から70点以上で合格目指す
3.でも、70点目指したらよくて60点台になりそうだから、目標として20点落としても大丈夫な90点~15点落としても大丈夫な85点あたりを設定して答練期は維持できればと思います。


なんだか、目標高いかも。
再整理すると


再受験を薦められないよう、143回で合格したい。


これだけ。

薦められても現実的に無理だと思うし。
時間的に。


なんか全体として再受験プッシュされがちな中、改定もあり、強い再受験勧誘が予想されるため、私はこれから逃れたい。

せっかく、当初から再受験の話をしない貴重な先生に持ってもらえたため、再受験のさの字もでないようがんばりたい。

【社会人受験生の皆さん】

どうやって演習回してるの?
初心者か再受験かわからないクラスメイトは先生の説明中もがりがり問題解いてるけど。

電卓の音からして、タイミングからして3級と違う2級教室は、当初脅威を感じた。

2016年3月18日 (金)

悩みから目標が生まれた!

ずーっとDVD通学辛くて、私の一番の目標は建設2級なので

もう工業簿記満点だけで、商業簿記捨てていいんじゃない?
辛いだけだし、質問疑問ばかり生まれて消化できなくて重なっていくDVD通学なんて無理あったし、とかとにかくDVD通学が苦痛で苦痛で仕方なかった。



ふと、今日思った。
こんなに辛いDVD通学を、141回簿記3級32点で不合格→142回96点合格まで苦戦した私がものにすれば、きっと世の中のDVD通学に泣いている簿記受験生の励みになるのでは!! 
と。



そもそもDVD通学って、教室通学できない理由があるからあるもので選択せざるを得ない状態で選ぶ人が殆どだと思う。



限られた状態の中でなんとか合格したいと、選べた手段がDVD通学というわけで。
そんな受験生が泣きを見るだけで、受験を諦めるのではなく、
「こんな人が自分と同じ状態だったけど、克服して合格したんだー。よし、私もがんばろう!」と思えるような成果を出したいと思った。




検索しても、なかなかDVD通学苦痛→辞めたパターンばかりで、苦痛からものにした体験談を見つけることがなかなかできなかったので、これを目標にがんばることにしました。



(DVD通学でも全く苦痛に思わず合格しちゃう人の方が絶対的に多かったです)



これから、DVD通学を検討してみようと思う方、
DVDの良さも悪さもいろいろ知りたい方、
実際受けてどうなのか生の様子が知りたい方、
今の自分と同じような受験生の励みになるよう、DVD通学を克服して143回日商2級合格取ります!!

2016年3月 9日 (水)

今月の目標は勘定科目の省略一覧を作って、使いこなすこと

びっくりしたんだけれど、検索しても、なかなか2級の科目の省略一覧がヒットしない。

『製造間接費』長くて自分は書けない。

本番では書くけど、
3級学習時
売上=S
買掛金=KX
売掛金=UX
減価償却累計額=ΣDEP
とパブロフくんとかいろいろ見て一番楽なのを拾っていった。
3級学習時の仕訳ノートを見たら、暗号みたいになっている。


省略できたからこそ、沢山切れたというのもあると思うし、省略で時間短縮したからどんどんできた感覚がついてやる気につながったし、省略を薦めてくれた無敵の簿記とパブロフくんには感謝。


通っていた簿記学校では省略推進の先生もいれば、一切省略の存在さえ口にしない先生もいたけど、自分は省略大好き。


省略がないと仕訳じゃんじゃん切る気がしないので、先ずは省略一覧を手書きで作る!

【最近困っていること】

病院変えたら、花粉症の薬、同じジェネリックで同じ薬だけど製薬会社が違うの。

で、違う製薬会社の飲んだら眠くて、仕事にならないくらい眠くて。ほんと困って違う薬に変えてもらったけれど、検索したら副作用が頻尿とか血尿とか肝臓とか書いてあって。
これ以上頻尿になったらほんと困る……。

眠くて仕事にならないのも困るし、花粉症の頭痛鼻水で仕事にならないのも困るし……
3時間待ちでも当初の病院に戻るべきか悩む(。-`ω´-)




2016年3月 2日 (水)

2級商業簿記学習時の目標

今回も確認テスト満点目指します。


ただ、DVDなので範囲が教えられないので満遍なく潰して挑まないとです。


あとは、過去問入手できるまでは、問題集の学習済範囲で難度の高いものもこなせるようにするのが目標に加わりました。

これは、本試験を見越してで、3級時は後回しにしたので結構苦戦したから。


また目標ができたら、追記したいと思います。

2016年1月10日 (日)

朝型学習人間

明日平成28年1月11日(月曜 祝日)より、

私、hinataは朝型学習人間になることを宣言します。


【宣言に至った経緯】

他所のブログで朝型の方が勉強にいいとの記載があって、自分的にとても納得のいく内容だったから。
学生時代遠距離通学を何年もしていたので、朝は大丈夫、なはず。
受験時代は2時台就寝、4時台起床とかもあったし、
高校卒業して何年経ってるんだって話だけど、大丈夫。


人の目と期待に弱い自分の性格を考え、宣言に至りました。


【現在の起床時間】

髪のセット(アイロンで平巻き)があるときは5:10起床で会社行ってる。
髪のセットなし、化粧なしだと6:10起床でもなんとか大丈夫な状態。
なんだかんだでヘアメイクに1時間って……
巻くのは時間かかるし、ポイントメイクは15分程度だけれど、下地放置時間は欲しい。
下地放置すると仕上がりもモチもいいし。
髪は巻いた直後ではなく、冷えてからワックスももみこむほうがモチがいいので、それも時間がかかる。

年始に髪セットなし、メイクなし、メガネ、マスク通勤の日にリスペクトしている普段会えないおっちゃんに会えてちょっとメイクと髪くらい毎日やろうよと自省したばかりの決意。
身だしなみは相手への敬意だから。

ヘアメイクの時間だけ考えると朝型生活ではあった。


【具体的に】

カテゴリーに「おはようhinata」を追加。
5時台に毎日更新。
その後通勤まで学習。


簿記ブロガーの皆さんをめざましカトパンと同じセリフで
お見送り予定。(誰得企画)


ただ、はじめに断っておくと今使用しているPCが古くよく調子を壊すので
起動できないこともあるのでその時は更新はできないと思う。
携帯から更新も検討中。
おはようhinataはお休み予定。(01.16が最後の毎朝更新)
気が向いたときに書くかも。
元々朝型なので。




答練まであと少し、
本試験の申し込みは完了。

いつまでも3級で止まっているわけにいかないので、
不正以外は手段を問わずやります。





平成28年1月10日(日曜日 連休中日)hinata

2016年1月 4日 (月)

皆さんどこまで周囲に簿記勉を公表しているの?

第一段階→簿記取りたいなーみたいに周囲に簿記への興味を示す

第二段階→バッグの中の簿記勉グッズがばれた

第三段階→会社の休み時間、簿記勉

第四段階→電車の中など公共の場で簿記勉

第五段階→ベローチェなど不特定多数の視線の中で簿記勉

第六段階→2、6、11月はじめには上司や先輩へ「私、簿記があるんで」を枕詞に宣言

第七段階→「○級取ったら本社の経理部行かせてください!!」と中央への野心を意欲を心に隠さない

第八段階→「○級取ったから辞めてやるよ!」と上司へ合格証書を叩きつける



第九段階→「○級取ったから本社の経理部いれて下さい!!」と部長に迫る




……いろいろ考えてしまった。



ちなみに私は、会社へは簿記勉の話は一切していない。
それは過去の記事にある諸事情によるもので。


今日は仕事始め。
お酒が入り、ちょっと思った。


簿記仲間、欲しい。
ちょっとした簿記の雑談したい……。
ブログに書いているような本当に些細だけれど、
でも、人には言えないような……。


廣升先生のブログでは「仲間は不要」みたいなことが書いてあったような気がするけれど。
なんだろう、答えはなくていいから聞いてもらえるだけで楽になることってない?
初めて簿記学校に入ったとき、確か動機のようなものを聞かれるアンケートがあって
「仕事上必要」と「キャリアアップ」とどちらに丸をつけようか、ちょっとシャーペンの先が行き場を探していた。



当時の先生には「職場の異動が半端ないので」とかそんなことを告白したような気がする。
今お世話になっている先生には「前回落ちたから」しか伝えていない。
高校生とかじゃなく、いい年した社会人が簿記3級に苦戦している様子を今の先生はどう見ているんだろう。



たまに気になる。



ただ、今の先生は「今度こそ合格しよう」と返してくれた。
たった10文字にも満たない言葉だけれど、嬉しかった。
思い出すだけで下瞼がうるっときて、マスカラ落ちそう。


涙もろいんです。
前の先生も過去問を買うのが遅かったことを話したら「遅いとかないから」と言ってくれたし、本当に優しい先生ばかりの学校に入って恵まれてるなと反芻。



親子でも、男女でも、人間関係って信じられると弱いところが私はある。
そういうところって、ない?



例えば彼女や彼氏に「浮気してるんでしょ」とか「~するなんて好きじゃないんでしょ」なんて断定系の決め付け止めを刺されるとげんなりしない?
その言葉が出てくる自体、言われている人は過去の言動に問題があったかもしれないし、もしくは彼女や彼氏が人一倍疑い深い性格だということもあるかもしれない。



でも、仮に気持ちがないときに「~を信じてる」みたいなこと、笑顔で言われたら、
無から有が生まれてしまう。
……単純だよね。
単純だけれど、人の期待や信頼を裏切ることはできない。



純粋に合格証書が欲しい。
埋まらない答練を前に2時間近く座るのはもう、経験したくない。

でも、素直に信じてくれる先生に今度は合格の報告をしたい。
そう思う。

【目標整理】
・142回満点合格

【仕事上の目標あれこれ】
・2017年1月まで方針決めて、行動に移す
(この方針はいくつか考えているので2級取ったら、ここで公表します)
・私が仕事上で辛いときに見守ってくれたおっちゃんが引退するまでに、
仕事上で役に立てるようになりたい
・私が辛いときに見守ってくれた先輩方の役に立てるようになりたい
もちろん会計関係で!


【目標まで潰すべき現状】
・問題集解けない状態からすらすら解ける状態になったのに、過去問ガタガタ
→検索したら基礎がなっていないとの指摘も。
基礎がなっていないのか、それとも過去問形式に慣れていないだけなのか。


ビール飲んだから、スカートがきつい。

アルコール入ってるし、帰ってきちゃった。


今、メフィストが魂と交換で142回合格を持ちかけてきたら、契約したいくらい。
どんだけ安い魂だなんて笑われてしまうかもしれないね。
だから、もし、本当にもちかけられたら142回だけじゃなく、いろんなものを吹っかけてやるつもり。

2015年12月26日 (土)

仮面浪人みたいな状態で簿記に挑むということ

前に書いたとおり、私の会社では資格取得をあまり歓迎されない。

ただし、土建関係は除く。なので、土建関係を目指せば愛社精神のあるいい社員だけど、
土建以外は、愛社精神の薄いいつ転職するかわからない非国民
と見做される。



実際、税理士試験に挑戦している人は、同じ部署の後輩に
受からせちゃったら他の会社行かれちゃいますよ
と影で言われていて、実際私も耳にしたときは戦慄した。



同じ会社の同じ部署の先輩が難関試験に挑戦しているんだもの、
そこは応援しようよと。


こんな感じの会社なので、3級であろうと簿記に挑戦しているとばれようものなら踏み絵ならぬ、踏み電卓させられかねないので
ひっそり挑戦している。
かわいいかわいいマイ電卓を踏み電卓させられたら、本気で涙目になると思う。



ひっそりこっそり挑戦、ってなんか日本語的に変だよね?

有言実行が性格的にもしっくりくるので、簿記関係はこのブログでいろいろ書きたいと思う。


今回の目標は


142回は満点取りに行く
(141回は32点不合格。141回時は確認テストで0点を取ったこともある)


簿記ブロガーが群雄割拠するブログ村でこんなこと宣言するのは、かなりチャレンジャーだけど、簿記学校の先生にもクラスメイトにも言ってないけど、この意気込みで頑張る。


受験でも語学の資格でもだけど、満点取りに行く覚悟じゃないと及第点取れないし。

簡単すぎて何これくらいで取れる感じだし。


正直、簿記って7割以上でという頭しかなくて。
何故か皆さん70点台で合格してるっていう頭があって。
他の方のブログを読んだら3級も2級も満点合格なんてすごい方がいて、
満点って存在するんだ
ってリアル都市伝説を目撃したような感動を覚えた。


30日からは、読者の皆さんの視線を意識して頑張りたい。
そして本番で体調万全で受験できるよう体作りも意識したい。

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

バナー

リスト