【簿記本試験感想記】

2017年3月12日 (日)

第21回建設業経理士1級原価計算

難しかった。

正直どれもできた感覚が一つも取れなかった。


おまけに埋まらなかった部分もあった。


第五問の等価係数のところで検算合わなくてこれで時間がかなりかかった。
あと取得原価推定パワーショベルのだめだった。

推定ができないということは基礎がないのだろうと痛感した。


受験後の感覚としては143回の日商受験後の感覚に近い。


受験後、ああ、144回や145回のように悔しくて身悶えして涙が流れるってある意味幸せなことなんだと思った。今回のようにもう、無理、レベルになると悔しいとも思えないし、涙さえ流れない。


足りないところだらけなんだなとただただ、思うだけ。




半分も取れたんだろうか。


一番早くて明日のNS速報だけれど、明日は残業祭りだし、速報楽しみな結果でもないのでただただ残念。





速報や意図講評が気になるってある意味幸せなんだなとこれまた思った。




しばらく受験後会場内を彷徨って、どうするかいろいろ考えた。



財務諸表は意地でも9月一発で取る、と誓った。




とりあえず、デパートへ行くことにした。



ずっとデパートに行けなくて、遅い時間まで開いている商業施設で化粧品買う生活で、ファンデがなんか花粉症もあって合わなくて、しかも、基礎化粧もお試しのない通販で忙しいから買ってて、クリームと洗顔フォームも通販でいいのか悪いのかわからなくて使ってて、なんかおでこの皮がむけてきて、「これは、花粉症なのか、洗顔かクリームが悪いのか」わからず、ずっと調子悪くて、

やっと、いつも使ってるファンデに戻ることにした。



簿記始めてからずっとデパートのカウンターあんまり行けなかった。


で、ファンデ買って、本屋さん行った。



NS新範囲本や、岡本先生とかが書いてるワークブック700円のとか、建設財務表読んだ。



先生、困りました。


『連結』の二文字が輝いていました。


財務諸表に。


一瞬、え、と思いました。


が、9月財務諸表一発で取りたいと思います。

6573a6c5


今年は6月日商、9月財務諸表、原価で試験は終わりです。


2018年3月は残りの建設です。




とりあえず、今日は、財務諸表のパタ解きだけ買いました。


パタ解きは2017.3.9月用なので本当に9月しか使えない教材となります。



今回思ったのは、日商みたいに建設もまんべんなく、そして前回の回、今度の場合は21回の財務諸表は完璧に仕上げて論点も21回にヒントがあるのかなと思いました。


先生、毎晩見ていただいたのに本当に申し訳ございません。


先生の私に使っていただいた時間の機会損失を思うと、申し訳ございません。
毎晩親身に見ていただきありがとうございます。


6月で日商2級は打ち止め、
9月で財務諸表一発、原価も取る。


これだけに絞って今年は頑張りたいと思いますので、今後もよろしくお願いします。




お疲れだと思うので、しばらくゆったりしていただければと思います。



明日からは財務諸表何があるんだろう+財務諸表申し込み、
原価どこが足りなかったかの見直し+日商例題解き復活します。



2016年6月15日 (水)

体調面での記録

本試験2.3週間前に悪質な風邪を会社でもらってしまった。

その風邪は今もフロアに残留している。
喉風邪で、喉痛い→すごく痛い→寒気が止まらない→ぐったり→普段おじさんたちと同じランチを食べることができるほど食べるのに、食欲無い、食べることが苦痛→ぺラック(市販薬とビタミンCとバナナジュース作戦)→一時期復活するも、悪化→咳が止まらない→このままだと、簿記学校入室禁止の恐れが!! →会社近くの病院へ→薬フルセット→ジェネリックなのでホクナリンテープが、本物より紙の質が悪くて居心地が悪いけど効いた!! 咳は徐々におさまる→ぐったり椅子にもたれながら、模試の時間を待ち、模試を受ける→ずっとそんな感じ→

本試験当日
→暑い→あまりの暑さに頭痛が→薬フルセットに鎮痛剤があったのに効かないほど痛い→けど、おなかすいた→コンビニでシーチキンおにぎりと水を買い流し込み、薬を飲む→頻尿なのでトイレに行くたびに「今日で受かる、今日で受かる」と個室でぶつぶつ独り言を言いながら、暑い、頭痛いと思いながら本試験受験


→受験後、ぐったり→想像以上にぐったり→体力めちゃめちゃ消費してる→プロ棋士って対局中体重減るってこういう感じかなと思う→簿記学校の解答会へ→ぱっと簡単な総評、先生の言葉がわからない→ふらふらしつつ、1級講座の説明会へ→一日終わる



【教訓】
風邪をもらわないため、今度は試験一ヶ月前からマスクする。


さて、143回簿記学校で聞かれても良いように解き直しもう一度丁寧にしようと思います。

2016年6月12日 (日)

日商3級を2回目で受かった私が第143回 日商2級受けてきた

結果は、恐らく11月のリベンジ戦に向けてというところです。

敗因は第二問。
第二問は丸が一個しかつかなかった。
あと、時間が足りなかった。理由は第二問での長考。
見直しの時間もなかった。
【解いた順】
4→5(途中まで)→1→2(途中まで)→3(途中まで)→5(完成)→3(途中まで)→2(途中まで)
つまり、2.3は全部埋まらなかった。
確実に取れたと思われる点数のみで50点……。
厳しい。そして合格率皆すごくいいんじゃ。50パーセント近いんじゃと思うと、なんかしょんぼり。
第二問以外は皆さん「もらった!!」と思うような内容だったのではと思いました。

【第一問】
4問目間違い。後は全部大丈夫だと思う。
【第二問】
配点がこなかったら0.予想通りなら丸1。
【第三問】
ここは苦手分野だったけど、直前追い込みきいたのとP/Lでなんとか。
ただ、記録していないのでどこまで○か。あと時間なくて後半埋まらなかった。
【第四問】
仕損の補修の扱い経費にしてしまった。
どう処理すべきか解説知りたい。
そこ絡んでないところは○。
予想16。
【第5問】
5つ目以外全部○。予想18。
【今後の目標】

9月→建設業経理士2級合格
11月→日商2級合格
12月→日商1級の勉強スタートして、平成30年に建設業経理士の1級原価計算取りたい。


143回日商2級、今回解きやすい問題だっただけに合格じゃないのがわかると、悔しいです。正直。


目標は大きく持ちます。
皆さんおつかれさまでした。
今日は怖いDVD2本借りたので、見ます。

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

バナー

リスト